桜高鉄道倶楽部れんらく帳

カテゴリ: 響け!ユーフォニアム

 5月15日は高坂麗奈ちゃんのお誕生日です。麗奈たんイェイ〜!
(咲-Saki-界の風習を別の作品にも持っていくスタイル)

 と言うわけで、2017年の麗奈ちゃんのお誕生日に今更ですが2016年の貸切レポートを公開。自分にとって初主催の貸切イベントなんで、それなりに感慨深いんですよ。

関連記事:
高坂麗奈 お誕生日記念「特別な『響け!ユーフォニアム 』ラッピング電車」貸切運転 開催します!
高坂麗奈ちゃんのお誕生日と大津線特製乗車券と

過去の貸切レポートとか:
京阪大津線「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車貸切イベントに参加してきました
「京阪大津線ユーフォ貸切運転・撮影会オフ会2016春」レポート

 麗奈ちゃんのお誕生日当日ということもあり40人強とユーフォ貸切史上最多の方にご参加頂けました。感謝です。

 今回の集合は坂本駅に。まないたさんが集合の目印を準備してくれました。
reina_tan2016_01
 入線する「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車を激写。 
reina_tan2016_02
 入線した後は、坂本駅にて1時間ほど停車。おのおの好き勝手に撮影を楽しみました。
幹事は忙しくて、あまり撮影が出来ていないという事実w

 今回は京阪電車さんのサプライズで、何と2015年版デザインの高坂麗奈お誕生日ヘッドマークをこの日限定でご準備頂きました。幹事である自分も知らなくて、本当にサプライズでしたよ。
reina_tan2016_03
 ヘッドマーク上の「麗奈誕」が「天理臨」とかの団体列車ぽくて我ながら好き。 
reina_tan2016_05
  バースデーヘッドマーク3種類がそろい踏み。レアだ。
 reina_tan2016_06
 麗奈ちゃんのお誕生日ヘッドマークだけ抜いてみました。
 このヘッドマークは特に思い入れ深かったんですが結局、手に入れることはできず……。
reina_tan2016_04
  自分も地味に、麗奈ちゃんのバースデーヘッドマークを準備してみました。
自分がアニメヘッドマークに希望する要素を精一杯盛り込んでみました。
 
 1時間 の撮影時間はあっという間に過ぎ、いよいよ「特別な『響け!ユーフォニアム 』ラッピング電車」は坂本駅を出発。
 車内では、 高坂麗奈ちゃんのお誕生日会を開催しました。京阪さんに車内にテーブルを出して頂き、そこに麗奈ちゃんグッズ&ケーキを飾り付け。
reina_tan2016_07
 reina_tan2016_08
 ケーキのアップはこちら。ラッピング電車の2015年版ヘッドマークをイメージした2種類準備しました。
reina_tan2016_09
 なおセカイは乗車時間の半分くらいはケーキを切って取り分けるマシーンと化していました。

 今回は、「特別な『響け!ユーフォニアム 』ラッピング電車」ということで、坂本→石山寺と石山坂本線を片道乗車した後は浜大津まで戻り京津線に入ります。ここ最近は貸切で何度も入っていますので、大分レア感は薄くなってきましたが、今回の貸切の「特別な」部分です(名前は「特別な『トワイライトエクスプレス』」イメージして付けたんですが)。 

 四宮駅到着後、現地で解散となりました。
reina_tan2016_10
 今回、1年経ったタイミングで改めて貸切レポート書きましたが、今となっては「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車が運行されていた日常が懐かしい。

 「桜高新入生歓迎会!!7じかんめ」に桜高鉄道倶楽部もサークル参加します。昨晩ようやく新刊入稿しました。割増料金ないものの今回もギリギリ……。
 
イベント名:桜高新入生歓迎会!!7じかんめ
日時:2017年5月4日(木)
スペース:1組06番「桜高鉄道倶楽部」

 今回の新刊は京阪電車と「響け!ユーフォニアム」のコラボの動向を網羅した「かけだすトラム2 2017年春号」になります。
tram2_01
 表紙はせっちゃんに喜多村来南先輩を描いて貰いました。セカイの趣味で喜多村先輩が表紙を飾る「響け!ユーフォニアム」同人界隈でもレアな本となってしまいました(笑)

 本書では、基本的に2016年7月以降の情報を中心にまとめています。昨年の夏コミで出した「かけだすトラム 2016年 夏号」と合わせてお読み頂くと、2015年夏から2017年の4月までの情報を網羅できます。これはセットで買うしかないね(ダイレクトマーケティング)

 いつも通り、ヘッドマークの一覧やその変遷、ギャラリートレインの内装、大津線のラッピング電車の内装、京阪と響け!ユーフォニアムのコラボの歴史を辿った年表などを収録しています。

ラッピング電車の内装のイメージ。

tram2_10s
ヘッドマークの一覧
tram2_12s
これを見るとヘッドマークの変遷がまるわかり。
tram2_13s
京阪とユーフォのコラボの歴史を記した年表。
tram2_17s

既刊ですが、けいおん!×鉄道会社というコンセプトで制作した「Tetsudou♪wa♪Endless!!〜最終章〜」も持って行きます。
endless_mihon01
桜高新入生歓迎会!!7じかんめ1組06番「桜高鉄道倶楽部」でお待ちしております。

 「桜高新入生歓迎会!!7じかんめ」に桜高鉄道倶楽部もサークル参加します。3年連続3回目の参加です!

イベント名:桜高新入生歓迎会!!7じかんめ
日時:2017年5月4日(木)
スペース:1組06番「桜高鉄道倶楽部」

 グッズ紹介2回目にしていきなり「けいおん!」以外のグッズ紹介になって恐縮ですが「響け!ユーフォニアム」よりセカイ最愛の喜多村来南先輩のヘッドマーク風のキーホルダーをつくってみました。
raina_key01
 せっちゃんが描いた喜多村先輩と一緒に並べてみたり。
raina_key02
4/24追記 せっちゃんがカラー画像をpixivにあげてくれました。
 元ネタは2月の貸切イベント時に持ち込んだ自作ヘッドマークです。
raina_key04
「ら」の字は劇中に出てこないのでオリジナルでそれっぽくつくってみました。
raina_key03
  昨年の夏コミで出した麗奈ちゃんと黄前ちゃんのヘッドマーク風キーホルダーも持っていきます。
 hm_key01s
hm_key02s
桜高新入生歓迎会!!7じかんめでお待ちしております。

 今週末は冬コミですね。ようやくコピー誌が出来上がりました。

イベント名:コミックマーケット91
日時:2016年12月30日(金)
スペース:東p29b「桜高鉄道倶楽部」

【イベント情報】C91(1)〜咲-Saki-眼鏡っ娘のメガネクロス第2弾〜
【イベント情報】C91(2)〜咲-Saki-2017年カレンダー〜
【イベント情報】C91(3)〜片岡駅駅名標キーホルダー〜

 昨年からずっと定点観測している京阪電車と「響け!ユーフォニアム」のコラボ特集本「かけだすトラム 2016年冬号【資料集】」です。今回は2016年7月以降を中心にまとめています。夏コミで頒布した「かけだすトラム 2016年夏号」と合わせると、ちょうど良い感じでユーフォと京阪の歴史が網羅できます。
hyoshi2016w
例によって、ヘッドマークの一覧や変遷も載っています。
hm_i2016w
hm_h2016w
あとラッピング電車の2016年版の内装も掲載。
naisou_2016w
いつも通り、年表も巻末に載っています。
nenpyo_2016w
勿論、前作「かけだすトラム2016年夏号」やヘッドマークキーホルダーも持って行きます。
hm_key01s
hm_key02s
 これさえあれば、「響け!ユーフォニアム2」放映終了の哀しみも乗り切れる!?
その他、「桜高新入生歓迎会!!6じかんめ」で頒布したグッズも幾つか再販したのでお持ちします。
k-on_2016w
『かけだすトラム』とは姉妹誌の『Tetsudou♪wa♪Endless!!〜最終章〜』も。
endless_mihon01

咲-Saki-ネタないけどいつもの。
 mile_oide2s

 映画「聲の形」の9月17日(土)から公開を記念して、新宿ピカデリーで「劇場版 響け!ユーフォニアム」上映 が行われ、終了後にはスタッフによる舞台挨拶が行われました。

映画『聲の形』公開記念京都アニメーション特集上映 開催決定!

日時:2016年9月7日20:45〜
会場:新宿ピカデリー シアター1
登壇者:石原立也監督、山田尚子(シリーズ演出)
司会:松竹 向井
※以下敬称略
eupho_ba20160907
 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですが舞台挨拶の様子を纏めてみました。一部聴き逃しやメモ間違い微妙なニュアンスの違い等あるかもしれませんが雰囲気だけでも味わって貰えたら幸いです。

公式TwitterでもUPされていますが、山田尚子監督の当日の衣装はこんな感じでした。 

---

山田:「響け!ユーフォニアム」ファンの皆様、はじめまして。シリーズ演出担当の山田です。よろしくお願い致します。

石原:監督の石原です、よろしくお願い致します。

山田:(司会に現在の時刻が22:30だと知らされて)こんばんは、ですよね。夜分遅くすみません。

司会:石原監督と山田さんの2人でイベント出演されるのは初めてですよね。

山田:京アニイベントで監督4人出演してってのはありますが、2人だけってのは初めてです。

司会:お二人はどういったきっかけでお仕事をはじめられたのでしょうか。

石原:最初は山田さんが原画で、僕が監督でして、その辺りからフェードインしていきました。
(山田さんの経歴が分かっちゃうので)作品名言っちゃっていいのかな?

山田:隠してないんでいいですよ。2004年入社で今年13年目です。
Air SUMMER編が原画デビューです。

石原:その後、CLANNADでは演出を担当して貰いました。

山田:私「けいおん!」で監督やってたんですよ!

司会:皆さん知ってます(笑)

山田:その時は石原さんにアドバイザーとして参加してもらって、満を持して「響け!ユーフォニアム」でタッグを組み……。

石原:「けいおん!」の時と似たような……、似てないか。

司会:お互いの第一印象はどうでしたでしょうか?

石原:芸大あがりの風変わりなサブカルっぽい女の子だなと。

山田:石原さんは凄い先輩で芸歴も長いのに、腰が低い方でした。
Air SUMMER編でめちゃくちゃ下手くそな原画にリテイクを出す際、私の横に正座して説明して頂いて、腰の低い方だなと。

石原:監督はスタッフにそっぽ向かれるとアウトなんで。

山田:私も石原さんと一緒に仕事してると正座が板についた。
(お互いステージ上で正座して様子を再現する)

司会:舞台挨拶でステージの上で正座する人は初めてですよ。

石原:こないだは(黄前久美子役の)黒沢ともよさんにも正座して演技指導をしました。
立った状態ですと、どうしても上から目線になっちゃうんで、お互いの目線を合わせようとすると座っちゃうんですよね。

司会:お互い今だから聴きたいこととかありますか?

山田:今は石原監督と席が隣なんですよ。二人とも荷物が多くてダンボールも多くて室長から注意されてる。こんな話でいいんですか?

石原:むしろ(自分達に)聴きたいことはないですか?

司会:「響け!ユーフォニアム」製作時に苦労したことやエピソードとかありますか?

石原:初めて話すと思いますが、山田さんが部員の名前を決めています。

山田:昔のGS(グループサウンズ)の名前から頂いています。例えば沢田樹里(ジュリーこと沢田研二)や釜屋つばめ(かまやつひろし)など。パーカッションはその辺り(ザ・スパイダース)です。

石原:部員の名前はぶっちゃけ何でも良かったからね。
ボクは部員ではなくクラスメイトの名前を某電鉄会社の駅名から拝借しています。
これも初めてバラしましたね。

司会:「響け!ユーフォニアム」製作時の思い出話、ロケでの出来事とかありますでしょうか。

石原:ロケも近所だからねえ、そんなに遠くには行ってないし。
僕は行けなかったけど、一昨年の吹奏楽コンクールの関西大会は山田さんが行った。

山田:関西大会からは3校全国へ行けるんですが、出場したプロデューサーの母校が、ダメ金で。男子が泣き崩れたりして。

私は信条として、仕事では泣かない、泣く時もトイレでこっそりとしているんですが、思わず泣いてしまって。

石原:僕はコンテ描きながら泣いたりする。

司会:「ライディーン」は山田さんのこだわりとか。

山田:劇場版の音は音響監督の鶴岡さんのこだわりです。
TVシリーズではペラっとしてた音が青春っぽいと思っていましたが、劇場版ではカッコイイサウンドになっています。5.1chに組み直しています。

石原:最初の調整したものと新たに調整したものとで音の広がりが違うよね。

山田:最初の「パーン」がカッコイイ。

司会:今日が劇場版のパッケージ発売です。
特典が盛り沢山で、コンクールの仕様に近い集合写真とか付いています。
サウンドもDTS Headphone:Xで、5.1chなどのサラウンド音声を通常のステレオヘッドホン、イヤホン上で再現できる技術を搭載しています。

山田:イヤホンで前からも後ろからも音が聴こえるなんて、そんな聖徳太子感(笑)
どうなってるの?

石原:耳が2つしかないのに、上からの音とか下からの音とか分かるでしょ。きっとそんなもんなんですよ。

司会:映画会社が言うのもなんですが、映画館に来なくても劇場の音が聴けますよ。

石原:いやいや、体に響く音は映画館特有ですよ。

司会:本日、放映開始日も告知されましたが「響け!ユーフォニアム」2期の見どころは?

石原:言える範囲で……。
個人的に力を入れたのは宇治の花火大会です。結構本物に似ています。
マニアックな話になりますが、ここ2、3年は宇治では花火大会をやっていなくて、記憶と昔の写真から再現しました。
宇治の花火大会の写真をナグラさんに見てもらってつくりましたが、アナウンスがリアルで音の響き方がそっくりになっていると思いました。

山田:スピーカーの再現率が高いんでしょうか。

石原:宇治は山に囲まれててアナウンスが反響するんで、それが本物ぽいのかなと。地元の人が観たらリアルに思ってくれるんじゃないかなと。

山田:見どころは相変わらず、女の子の集団摩擦が熱いです。なかなかフィーチャーしない心の機微を描きました。吹奏楽部の熱量が独特で、朝も昼も夜もある意味トランス状態で、その隙間を切り取った生っぽさがあります。
あとは肩身の狭そうな男子部員とか。

石原:原作の武田綾乃先生の目線が面白いよね。

山田:久しぶりに原作を読み込みました。

司会:今後、更に熱くなっていくのでしょうか?

石原:1期とは違い、久美子が熱い女の子になっています。

山田:2期での久美子は立体的な動きをします。

石原:1期の久美子は受動的でしたが、2期の久美子は能動的ですね。

司会:最後に一言お願いします。

山田:今日はお集まり頂きありがとうございます。
改めて劇場の大画面で観ると迫力が凄いです。

9/17から映画「聲の形」が公開になります。良かったら観て下さい。
「響け!ユーフォニアム2」も手を抜いていないですよ。

石原:夜遅くまでお付き合い頂きありがとうございます。
「響け!ユーフォニアム2」もつくってまして来月から始まりますのでよろしくお願いします。

このページのトップヘ