桜高鉄道倶楽部れんらく帳

カテゴリ: 響け!ユーフォニアム

 公開を心待ちにしていた山田尚子監督の最新作「リズと青い鳥」ですが、前作「聲の形」と同様に完成披露先行上映会が丸の内ピカデリー2で行われました。
lizb_20180404_02
日時:2018年4月4日18:30上映開始前
会場:丸の内ピカデリー2
登壇者:種﨑敦美、東山奈央、本田望結、山田尚子監督、松澤千晶(司会) 
※以下敬称略
lizb_20180404_01
lizb_20180404_03
 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですが舞台挨拶の様子を纏めてみました。微妙なニュアンスの違いや意味の捉え間違い、抜け等あるかと思いますが、雰囲気だけでも味わってもらえたら幸いです。
関連記事:映画「聲の形」完成披露上映会 舞台挨拶レポート
http://htt123.blog.jp/archives/1060512068.html

---
司会:さて、ついに完成した「リズと青い鳥」ですが、まずは一言ずつ挨拶と本日を迎えての感想をお願いします。

種﨑:本日はお越しいただきありがとうございます。鎧塚みぞれ役の種﨑敦美です。
いよいよ「リズと青い鳥」を観ていただけると思うと、嬉しいドキドキと緊張でいっぱいです。2日前くらいから緊張してました。早く観て貰いたいです。この時間内で作品の魅力を伝えられたらと思います。

東山:傘木希美役の東山奈央です。ついにこの日が来たなという気持ちです。「リズと青い鳥」は美しくてどういう言葉でも言い表せなくて、(適切な)言葉を探してしまいますが、観てもらえたら魅力が伝わると思います。だからアニメってあるんだなと思いました。

本田:本日はお越しいただきありがとうございます。この(キャストの)皆さんに混ぜてもらえて本当に嬉しくて、皆さんと一緒に居られて幸せです。
声優ではない私の声を認めてもらえるか不安ですが、どんな感想を持たれるか気になります。

山田:ようこそいらっしゃいました。監督の山田尚子です。
今から観てもらう、世界初の公開ということで緊張して気持ち悪くなってます。
お手柔らかに楽しんで頂けたらと思います。

司会:劇中ではのぞみとみぞれの掛け合いがありますが、種﨑さん、東山さんから観ての感想はどうでしょうか?

東山:何からお話ししていけば良いか……。
静かな映画で、非常に静かな中に充実したものが詰まっていて、静謐な時間にひたっていられます。

種﨑:本当にその通りで。
言葉で伝えるのが難しいですが、キャラクターの指先、つま先から髪の毛の先までせないで、私達声優が演じる前に、すでにアニメがお芝居をしてくれていて、私達もとてもお芝居がやりやすかったです。

山田:京アニスタッフ喜びます(笑)。

種﨑:アニメなのに実写のようにと錯覚してしまう……、映画を観てるつもりが二人の女の子を観ているような。

司会:今のお二人の話を聞いて、監督はどうでしょうか?

山田:本当にその通りで(笑)
自分ものぞみとみぞれを通して観る「リズと青い鳥」をじっと観察するつもりでいたので嬉しいです。

司会:本田さんはリズと青い鳥の二役を演じられましたがどうでしたか?

本田:一人二役で嬉しさと不安がありました。声を録る前にそれぞれ違う人が話しているように聞こえるか沢山勉強したんですが、「違いが分からないくらいでいいよ」と監督に言われ、自分が最初に思っていたイメージと違って不安でしたが、映画を観て、監督のおっしゃったことは間違ってなかったことが分かりました。

山田:シーン毎に録ってたんですが「良かったよ」ばっかりで監督としての威厳がないなと帰りの電車で反省してました(笑)
リズの最後の最後のセリフが大好きです。

東山:インタビューの際に何度か観たのですが、最後はうるうる来てメイクさんに叱られるなと思いました。
私達(のぞみとみぞれ)のアニメの部分と本田さんの絵本の部分の共存が良いなと思いました。
京アニさんありがとうございます。

種﨑:私も何度か観たのですが、言葉に出しているのとは違う思いがみぞれにはあって、リズと青い鳥が代わりに言ってくれたような気がして、本田さんありがとうと思いました。

司会:皆さんの青春の思い出話はありますか?

東山:私は中学高校と合唱部に6年間いましたが人数少なくて、凄く練習頑張ったり大会出たりは無かったです。女子校だったので「リズと青い鳥」を観ていると女の子のやり取りが、何でもないことで面白がったり傷ついたりして同じだなと思いました。

種﨑:青春語りだすと止まらなくなりますが、私もみぞれと同じような経験があって、凄く好きな子が居て、その子と一緒に居たいために高校を選び、その子が居るかもしれない方向を見たりと、「リズと青い鳥」でのみぞれの行動には覚えがあります。女子はそうですよね。

司会:本田さんは、こんな青春おくってみたいとかありますか?

本田:青春って何ですか?

種﨑:青春は二度と戻れない瞬間、一瞬なの。

本田:青春って恋愛だと思っていました。
私は今、フィギュアスケートと共に生きてる気がします。スケート靴と一緒に喜んだり悲しんだり、全てが思い出になるよう頑張りたいと思います。

山田:あなたが今、青春です。
青春ばかり追いかけている作品をつくっていますが、青春って何でしょうね。
多分、青春の最中は気付かない、(本田さん)良い話しをありがとうございます。

この作品づくり自体が青さが凄くて、主題歌を歌ってくれたHomecomingsさんも凄く青春くさくて、友達の家みたいなスタジオでデモテープを聴かせてもらって、まさに青春の真っ只中といった感じでした。

大人になってしまうと素通りしてしまう部分を見落とさないよう、1日がすごい長かった時代に根を下ろし、のぞみとみぞれの時代を見過ごしてしまわないように気をつけました。

司会:最後に一言ずつお願いします。

本田:本当にステキな作品で、明日から頑張ろうという気持ちになれます。みんなと居られる時間は幸せなものだと改めて感じました。あと音楽にも凄く興味を持ちました。

東山:本日はお越しいただき本当にありがとうございました。
こんなに熱を持って話したいのに、適切な言葉が見つからなくて若干もどかしく感じられます。一言で言い表せないのですが、観終わった後に、この気持ちを分かって貰えたら。
(のぞみとみぞれの)二人はTVシリーズでもすれ違いがありましたが、「好き」のすれ違いが美しく描かれています。皆さんが観た後に、また映画について語れる機会があればいいですね。

種﨑:本日はありがとうございました。
アフレコ前に、監督から「全てのものが傍観者、壁も木も全て二人を見守っている」と説明がありましたが、観終わった後に本当にそう感じました。
最初は背もたれに寄りかかって観ていましたが、観終わる時には前のめりになって二人の少女を見つめていました。
皆さんの視線もこの作品の一部になるのでは。沢山の方にこの感覚を味わってもらいたいです。

山田:まずは今日、第一弾として皆さんにお届けできて安心しました。
色々な方が、心の動きとして経験あることを描いたんじゃないかと思いますので、怖がらないで観てもらえたら。
音楽や音にもこだわって、映画館で最高のパフォーマンスで観られるようにしていますので、ぜひお誘い合わせの上でお越しいただけたら嬉しいです。

 アニメガタリズ#09.「アニケン、ズットテング」に咲-Saki-を思わせるシーンがあったので備忘録的に紹介。

アニケン、ズットテング | TVアニメ「アニメガタリズ」公式サイト

 部活の悩みをアニメによって解決したい、他の部活の部員への回答シーンで、上井草有栖の以下のセリフが出てきます。
shake
---
麻雀が強くなりたいならシャケですわね。
麻雀って楽しいですわよ。
---

 更には次の高円寺美子がアドバイスするシーンでは以下のセリフが。相談してる娘、どうみても黄前ちゃんです。
hibiku
---
コンクールで優勝したい
じゃあ響くフレンチホルンですね
橋の上から「うまくなりたい」と叫べば完璧です。
---

 どうってことはないシーンですが、他の作品で咲-Saki-が取り上げられることは余りないので嬉しい嬉しい。

 劇場版「響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」の公開まで一ヶ月を切りました。本当は情報解禁された時点で公開される3本の映画についてまとめたかったんですが、ようやく……。当たるにせよ、思いっきりハズしちゃうにしろ、公開前だからこそ色々と予測できて楽しいですよね。
todoke01
 さて、既報の通り「響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」「みぞれと希美の物語」「2年生になった久美子たち」が2017年から2018年にかけて公開されると発表がありました。

『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』9月30日公開決定!&完全新作映画2作品公開決定!


 本論では特に前者の2本「響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」「みぞれと希美の物語」について考えてみたいと思います。

 「届けたいメロディ」では、『「久美子とあすか」を軸に再構築。』されるということになっていますが、ではTVシリーズではどのペアが中心に描かれたか振り返ってみましょう。
 
 TVシリーズ1期では、特に久美子と麗奈の2人の関係がストーリーの中心の一つであったと言って過言はないでしょう。

 ではTVシリーズ2期ではどうでしょうか。2期では前半は主にみぞれと希美の2人の物語でした。そして後半は、久美子とあすか、久美子と麻美子の関係に焦点が当たっています。

 「届けたいメロディ」のWebサイトを見てみると、CAST&STAFF欄にみぞれと希美の名前が抜けていることからも、みぞれと希美の部分はごっそりとカットするのが濃厚でしょう。代わりに、この2人の関係を独立させて一本の映画「みぞれと希美の物語」として描くのでしょう。

 「みぞれと希美の物語」でメガホンを取る山田尚子監督は以前、みぞれについて『響け!ユーフォニアム2 コンプリートブック』で「原作を読んだ時から、みぞれのキャラクター描写には惚れ込んでしまいました(以下略)」と語ってますので、とても楽しみです。
todoke02
 前作劇場版である「劇場版 響け!ユーフォニアム〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜」では、TVシリーズにあった希美の登場シーンがカットされており、これを受けての「届けたいメロディ」と考えると、みぞれと希美が描かれないことも納得がいくというものです。前作では、TVシリーズに先駆けてみぞれのシーンが大幅追加されているのでこの説は少し厳しいところもありますが……。

 「届けたいメロディ」は、TVシリーズ2期をまとめたものでありつつも、ただの総集編というよりは「北宇治高校吹奏楽部へようこそ」を受けつつ、久美子とあすかをストーリーの中心に据えて描かれるという予測です。だからTVシリーズを満遍なく描くのではなく、みぞれと希美のシーンをはじめ大胆にカットされている部分も多々あると思います。小笠原晴香部長のシーンは色々とカットされそう……(悲鳴)。

 前作「北宇治高校吹奏楽部へようこそ」を受けてとなると、もう1点気になる点がありまして、それは久美子のお姉ちゃんである黄前麻美子の存在です。実はTVシリーズにあった登場シーンが悉くカットされ、前作では全く登場していないんですよね。今回はCAST&STAFF欄にもしっかり名前がありますので、描かれることは確実です。ひょっとしたらTVシリーズ1期からも回想シーンなどでお姉ちゃんが描かれるかもしれません。

 と、あまり予測でもないことを書き連ねてきましたが、9月30日の公開がとても楽しみです。

 5月15日は高坂麗奈ちゃんのお誕生日です。麗奈たんイェイ〜!
(咲-Saki-界の風習を別の作品にも持っていくスタイル)

 と言うわけで、2017年の麗奈ちゃんのお誕生日に今更ですが2016年の貸切レポートを公開。自分にとって初主催の貸切イベントなんで、それなりに感慨深いんですよ。

関連記事:
高坂麗奈 お誕生日記念「特別な『響け!ユーフォニアム 』ラッピング電車」貸切運転 開催します!
高坂麗奈ちゃんのお誕生日と大津線特製乗車券と

過去の貸切レポートとか:
京阪大津線「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車貸切イベントに参加してきました
「京阪大津線ユーフォ貸切運転・撮影会オフ会2016春」レポート

 麗奈ちゃんのお誕生日当日ということもあり40人強とユーフォ貸切史上最多の方にご参加頂けました。感謝です。

 今回の集合は坂本駅に。まないたさんが集合の目印を準備してくれました。
reina_tan2016_01
 入線する「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車を激写。 
reina_tan2016_02
 入線した後は、坂本駅にて1時間ほど停車。おのおの好き勝手に撮影を楽しみました。
幹事は忙しくて、あまり撮影が出来ていないという事実w

 今回は京阪電車さんのサプライズで、何と2015年版デザインの高坂麗奈お誕生日ヘッドマークをこの日限定でご準備頂きました。幹事である自分も知らなくて、本当にサプライズでしたよ。
reina_tan2016_03
 ヘッドマーク上の「麗奈誕」が「天理臨」とかの団体列車ぽくて我ながら好き。 
reina_tan2016_05
  バースデーヘッドマーク3種類がそろい踏み。レアだ。
 reina_tan2016_06
 麗奈ちゃんのお誕生日ヘッドマークだけ抜いてみました。
 このヘッドマークは特に思い入れ深かったんですが結局、手に入れることはできず……。
reina_tan2016_04
  自分も地味に、麗奈ちゃんのバースデーヘッドマークを準備してみました。
自分がアニメヘッドマークに希望する要素を精一杯盛り込んでみました。
 
 1時間 の撮影時間はあっという間に過ぎ、いよいよ「特別な『響け!ユーフォニアム 』ラッピング電車」は坂本駅を出発。
 車内では、 高坂麗奈ちゃんのお誕生日会を開催しました。京阪さんに車内にテーブルを出して頂き、そこに麗奈ちゃんグッズ&ケーキを飾り付け。
reina_tan2016_07
 reina_tan2016_08
 ケーキのアップはこちら。ラッピング電車の2015年版ヘッドマークをイメージした2種類準備しました。
reina_tan2016_09
 なおセカイは乗車時間の半分くらいはケーキを切って取り分けるマシーンと化していました。

 今回は、「特別な『響け!ユーフォニアム 』ラッピング電車」ということで、坂本→石山寺と石山坂本線を片道乗車した後は浜大津まで戻り京津線に入ります。ここ最近は貸切で何度も入っていますので、大分レア感は薄くなってきましたが、今回の貸切の「特別な」部分です(名前は「特別な『トワイライトエクスプレス』」イメージして付けたんですが)。 

 四宮駅到着後、現地で解散となりました。
reina_tan2016_10
 今回、1年経ったタイミングで改めて貸切レポート書きましたが、今となっては「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車が運行されていた日常が懐かしい。

 「桜高新入生歓迎会!!7じかんめ」に桜高鉄道倶楽部もサークル参加します。昨晩ようやく新刊入稿しました。割増料金ないものの今回もギリギリ……。
 
イベント名:桜高新入生歓迎会!!7じかんめ
日時:2017年5月4日(木)
スペース:1組06番「桜高鉄道倶楽部」

 今回の新刊は京阪電車と「響け!ユーフォニアム」のコラボの動向を網羅した「かけだすトラム2 2017年春号」になります。
tram2_01
 表紙はせっちゃんに喜多村来南先輩を描いて貰いました。セカイの趣味で喜多村先輩が表紙を飾る「響け!ユーフォニアム」同人界隈でもレアな本となってしまいました(笑)

 本書では、基本的に2016年7月以降の情報を中心にまとめています。昨年の夏コミで出した「かけだすトラム 2016年 夏号」と合わせてお読み頂くと、2015年夏から2017年の4月までの情報を網羅できます。これはセットで買うしかないね(ダイレクトマーケティング)

 いつも通り、ヘッドマークの一覧やその変遷、ギャラリートレインの内装、大津線のラッピング電車の内装、京阪と響け!ユーフォニアムのコラボの歴史を辿った年表などを収録しています。

ラッピング電車の内装のイメージ。

tram2_10s
ヘッドマークの一覧
tram2_12s
これを見るとヘッドマークの変遷がまるわかり。
tram2_13s
京阪とユーフォのコラボの歴史を記した年表。
tram2_17s

既刊ですが、けいおん!×鉄道会社というコンセプトで制作した「Tetsudou♪wa♪Endless!!〜最終章〜」も持って行きます。
endless_mihon01
桜高新入生歓迎会!!7じかんめ1組06番「桜高鉄道倶楽部」でお待ちしております。

このページのトップヘ