桜高鉄道倶楽部れんらく帳

カテゴリ: たまこラブストーリー

 9月17日(土)からの映画「聲の形」公開を記念して、MOVIX京都で「たまこまーけっと」セレクション上映 が行われました。
 「たまこまーけっと」は1、2、9、11、12話の5話が上映され、終了後にはスタッフによる舞台挨拶が行われました。

映画『聲の形』公開記念京都アニメーション特集上映 開催決定!

日時:2016年9月2日19:00〜
会場:MOVIX京都 シアター11
登壇者:山田尚子監督、西屋太志(作画監督)、小川太一(演出)
司会:瀬波里梨
※以下敬称略

 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですが舞台挨拶の様子を纏めてみました。一部聴き逃しやメモ間違い微妙なニュアンスの違い等あるかもしれませんが雰囲気だけでも味わって貰えたら幸いです。

 当日、山田尚子監督は、豆大福をイメージしたTシャツ(白地に黒いハートが散りばめられている)に赤いスカート、髪は珍しくポニーテールにしていました。可愛い……。

---
瀬波:「たまこまーけっと」でのトークショーは久しぶりですが、どんな気持ちでしょうか?

山田:(「たまこラブストーリー」ではなく)「たまこまーけっと」を劇場の大画面で観られるのが最高です。

怖いけど聞いてみていいですか? 本日、「たまこまーけっと」観るのが初めての方いらっしゃいますでしょうか?

(会場より1名挙手)

山田:「Free!」のファンの方でしょうか? 西屋さんを見に来られたのでしょうか?(笑)
今日の会場(MOVIX京都 シアター11)がちょうどスタジオアルタと同じくらいらしいので、いいとも!みたいに(1名を目指して)聞いてみようかなと思いました。小川さんどうぞ。

小川:自虐だけど、僕を観に来られた方

(会場より1名挙手)

小川:ありがとうございます。

山田:西屋さんもどうぞ。

西屋:後にします。

山田:西屋さんも聞かなくていいんですか。

西屋:先ほど既に1名挙手して下さった方がいるので。

瀬波:これから「たまこまーけっと」を振り返るにあたり、会場は暖まったでしょうか?
では、初心に帰って、企画時の話から進めていきましょうか。
発端までいくとかなり遡りますよね?

山田:「けいおん!」1期のあと、堀口悠紀子さんと一緒に偉い人に呼び出されて、目の前のコーヒーの味も分からないくらい緊張した記憶があります。

瀬波:「けいおん!」1期の後だと2009年から2010年の頃でしょうか。

小川:「けいおん!」つくってた時じゃなかったですっけ?

山田:そんなに前でしたっけ? (そもそも)小川さんは「けいおん!」やってましたっけ?

小川:やってましたよ。

山田:あー、そうでした。(小川さんは)後輩だからどうだったかなと。
「映画けいおん!」の「U&I」演奏時の唯の原画とかが小川さんでしたよね。
西屋さんには、手伝ってもらえると聞いた時に、難しいカットをお願いした気がします(笑)。律っちゃんのドラムとか、先生を教室に引き込むカットとか。
そんな事をしている最中に(「たまこまーけっと」の)企画が始まったと思います。

石原立也さんに京都を舞台にした家族モノをやってみたらと提案されました。

タイトルが「たまこまーけっと」に決まるまでにも色々あって、当初は「オモチナ」や「夜香王子にぶぶ漬けを」とか(笑)

瀬波:王子が前面に出ていますね。南の島の要素はどのように考えていたのでしょうか?

山田:たまこと王子で「ローマの休日」みたいなことをできたらと、石原さんと堀口さんと考えてました。
人と人とが「おはよう」を言えるような作品を目指しました。

瀬波:最初から商店街が舞台でしたよね。
(西屋さんと小川さんのお二人が)最初に「たまこまーけっと」をつくると知ったのはいつでしょうか?

小川:「中二病でも恋がしたい!」の絵コンテを描いてた時かな。「氷菓」だったか……。

山田:小川さんは3・10話の絵コンテ・演出されてますよね。キャラ話回。

小川:絵コンテ描いたのは4本目でした。

瀬波:「たまこまーけっと」演出の際、当時を思い出しての拘りや苦労は?

小川:慣れていないこともあって、カット数が多くなってしまいがちで、それを如何に抑えるか苦労しました。最初に手がけた絵コンテがえらいカット数があって……。

山田:大型新人が出たぞ(笑)

瀬波:西屋さんは今回上映した5話の内、2話の作監をされていましたよね。

西屋:たまこは、山田さんの商店街モノということですごくやりたかった。

山田:2話は三好(一郎)さんの演出で「フレンチポップ」を合言葉にやっていこうと思い、話数毎の会合の際に「フレンチポップを合言葉に進めたいと思います」って言ったら三好さんから「聞いてないー」と(笑)

小川:最近は新しい言葉が社内を飛び交ってて「ソリッド」とか「エモい」とか。
原画さんにフィーリングが伝わらず、よりニュアンスに近い言葉を(師匠にあたる)石立太一さんがつくる。「そこに『ソワカ』はあるか?」とか。

石立さんとの談義で「『ソワカ』が足りないんだよね」とか使います。
「聲の形」の制作現場で山田さんに「ソワカ」を使ってみました。

山田:「ソワカ」は調べてみたら「幸あれ」って意味で「消し飛べ!」とか怖い意味じゃなくて良かった。

瀬波:今回のセレクションで1、2、9、11、12話の5話を選んだのは?

山田:最初は「ラブストーリー」ぽいのを選んでいましたが、5話上映できるということで「まーけっと」を選びました。「まーけっと」はたまことデラちゃんの出会いと別れです。

瀬波:4話だったら「ラブストーリー」の1、2、5、9話を選んでましたよね。

山田:ビールを飲みご飯を食べながら「まーけっと」を観ると凄くいいですよ。

瀬波:西屋さんは全話観られてます?

山田:観てますよ。観ていないとここに来られないですよ(笑)。

瀬波:では「たまこまーけっと」から「たまこラブストーリー」に至った経緯を3人に伺いたいと思います。って台本に書いてますが……。

山田:西屋さん居なかったですよね。

西屋:その時は「Free!」をしていました。

山田:「たまこラブストーリー」制作時は小川さんが「俺がもち蔵だ」「生きるもち蔵だ」とか言ってました(笑)

瀬波:西屋さんは「たまこラブストーリー」観られました?

西屋:良かったですよ。こないだパッケージを買いました。

山田:(「聲の形」制作中なので)席が西屋さんの隣なんですが、こないだ「買ったよ」と報告がありました。

瀬波:「たまこラブストーリー」の後のお話しは考えていますか?

山田:妄想はずっとしてますよ。みどりが何処の大学に行くかとか、かなり具体的に。
かんなは美大の建築家にいくとか、凄い考えてますよ。

たまこは(もち蔵に会いに)東京にたまに遊びに行くんですが、もち蔵は東京に出ておしゃれになるんだけど、たまこは変わらずで、そこが恥ずかしいんだけど、もち蔵はそんなたまこが好き。

瀬波:妄想の余地があって話が広がりますね。

小川:ムギちゃんの話は?

山田:たまこがたまやで店番をしていたら、ひょこっとあの太い眉毛が見えて、ムギちゃんがたまやを覗いてるんですよ。いつもケーキとか洋菓子なんで和菓子にも挑戦したくて、買って食べたら美味しくて、次の日には(HTTの)5人を連れてくる。

瀬波:貴重な話ですね。
本日の登壇者3人は「聲の形」メインスタッフでもあるのですが、制作を終えてどうですか?

西屋:感無量です、やりきった感があります。

小川:学ぶことが多かったです。手話は少しの違いで意味が変わる。

瀬波:おすすめポイントは?

小川:マリア(将也の姪)がかわいいです。

西屋:将也を捉えるのに時間がかかりました。(キービジュアルの)この絵にたどり着くにも時間がかかりました。

山田:キービジュアルで硝子が正面を向いているのは、天使じゃない、人間ですということです。ダイナミックなところもあります。
「聲の形」は京アニとしては、TVシリーズ無しでいきなり映画から話がスタートし緊張しました。原作がしっかりとあり、難しいところがいっぱいあった。京アニとDoで取り組む仕事がかっこ良かった。

瀬波:前売り券はここの劇場でも発売中ですので、良かったらぜひ。
最後に一言ずつお願いします。

小川:たまこで呼ばれて沢山のお客さんに来ていただいて嬉しいです、ありがとうございます。

西屋:何年も経つのに末永く愛してもらえて嬉しいです。ありがとうございます。
「聲の形」は京アニとしてひとつ上に上がることができた作品ですので、よろしくおねがいします。

山田:たまこをまた観てもらえて嬉しいです。たまこは大事な作品です。ありがとうございました。

 前回に続き、シネマート心斎橋の「けいおん!中二病!たまこ! 劇場版いっきみ上映会!」のレポートです。年明けから映画けいおん!とたまこラブストーリーが劇場で観られるなんて幸先の良いスタートです。

「けいおん!中二病!たまこ! 劇場版いっきみ上映会!」
日時:1月15日(金)23:30〜
会場:シネマート心斎橋
料金:2,500円
ikkimi01
 劇場に入るやいなや、ロビーに映画に因んだ展示がありました。劇場の担当者さんの作品に対する思いが伝わってきてすっごく嬉しい。これだけでも関西まで来た甲斐がありますね。
ikkimi02
ikkimi03
ikkimi04
ikkimi05
 ギー太とむったんとエリザベスは、三木楽器アメリカ村店とイシバシ楽器心斎橋店から借りてきたそうです。ほんとすばらっ。
ikkimi06
ikkimi07
ikkimi08
ikkimi09
 他にも、当時の映画のチラシの頒布などがありました。担当者さんの作品への愛を感じる取り組みにただただ感謝です。

 映画上映前に、今回のいっきみ上映会を企画した担当者さんからご挨拶。

「本日は1月15日は何の日か皆さんご存知ですか?」
「そうです秋山澪ちゃんのお誕生日です。本当は15日に変わる瞬間をみんなでお祝いしたかったんですが、流石に木曜日は厳しいからと今日に設定しました」
「本当はケーキを準備して、みんなでお祝いできたら良かったんですが……」

といった調子で挨拶が進む中、セカイから思わずツッコミ。
「あ、自分東京駅のTBSストアで澪ちゃんのお誕生日ケーキ買ってきたんですが……」

 というわけで紆余曲折を経て、映画の休憩時間に澪ちゃんケーキをロビーに展示することになりました。京アニ作品の上映会の展示に少しでも貢献できて嬉しい限りです。
ikkimi10
 澪ちゃんのお誕生日に映画けいおん!を上映するという当初のコンセプト通り、最初は「映画けいおん!」からスタート、続いて約20分程度の休憩を挟み「『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』」、また20分ほど休憩を挟み最後は「たまこラブストーリー」という順番でした。

 劇場のスクリーンで観る、「映画けいおん!」と「たまこラブストーリー」はやはり格別です。ここ最近若干睡眠不足気味でのオールナイト上映会に不安を感じていたのですが、いざ映画が始まれば神経が冴え渡り、上映終了の朝5時過ぎまでまったく眠くなること無く楽しめました。

 因みにセカイはこれで、映画けいおん!は27回目、たまこラブストーリー42回目、中二病でも恋がしたい!は4回目の観賞となりました。今年もまた、何度か劇場で大好きな作品が観られると良いなと思います。

 大変すばらっな企画を実行して下さったシネマート心斎橋さん、ありがとうございました。

追伸 澪ちゃんお誕生日ケーキは後程スタッフが美味しく頂きました。
 ikkimi11

 1週間ほど間隔が空いてしまいましたが「第2回京アニ&Do ファン感謝イベント」レポートの続き。今回はまたまたたまこラブストーリー関係、うさぎ山学園の見取り図と、その他展示を見ての気づきです。

第2回京アニ&Do ファン感謝イベント

山田尚子監督のサイン会に参加してきました

「第2回京アニ&Do ファン感謝イベント」展示レポートVol.1 山田尚子監督編

「第2回京アニ&Do ファン感謝イベント」展示レポートVol.2 「響け!ユーフォニアム」編(1)

「第2回京アニ&Do ファン感謝イベント」展示レポートVol.3 たまこの通学路

「第2回京アニ&Do ファン感謝イベント」京都アニメーション監督対談!レポート

 先ずは展示のたまこ関係の設定を見ての気づきを箇条書きで挙げてみます。

・おじいちゃんの入院した病室は4人部屋
・星とピエロのレコードプレーヤー(ターンテーブル)の型番は「Neconics QuARTZ Direct Drive Turntable System SL-12000MK3D」
・たまこが豆大福を食べている時の効果音が「まぐまぐ」
・豆大福はつぶあん
・バトン部新1年→1年生バトン部の新後輩ちゃん(名前設定なし)
・バトン部大会の服の設定 2014.3.8に山田尚子監督の「尚」ハンコ→映画公開は2014年4月26日〜
・京都駅の背景設定の電光掲示板の表記「めばえ16号 9:18 東京」→劇中の22号とは違う

 続いてメインのうさぎ山高校の設定。例によって当日のメモを元に、フリーハンドで清書したというものなので、多少見づらいところがありますがご容赦下さい。

うさぎ山学園全体図(2012.10.1)
usagiyama-hs01
(1)広場:幼稚園を無くして広場に
(2)木:アパート無くして木々に
(3)家:教会を無くして家に
(4)住宅地:大学を無くして住宅地に

 折角なんで以前、うさぎ山高校のモデルである聖母女学院を見学した際に頂いたパンフレット記載のマップと比較してみましょう。
seibo-map01
【聖母女学院パンフレットより引用】
 
 全体図の但し書きと同様、もともと短大と幼稚園があった場所がそれぞれ住宅地、広場に変更となっています。また聖母女学院にもともとあった小学校の校舎が高校に、中学・高等学校の校舎が中学単独の校舎となっています。

 聖母女学院にもともとあった幼稚園、短大はごっそりと省かれ、うさぎ山学園は中学・高校のみとなっています。本家の聖母女学院も残念ながら短大は無くなってしまうみたいですが……。

 たまこラブストーリー劇中で、あんこちゃんがたまこのお下がりのセーラー服を着る描写がありますが、たまこが通っていた中学はうさぎ山中学じゃないんでしょうかね。同一法人の運営する中学・高校で制服ってそんなに変わるものなんでしょうか。見学させて貰った時に、その辺も質問してみればよかったなぁ……。 

 自分の記憶がある内に書き上げたい「第2回京アニ&Do ファン感謝イベント」展示レポート。前回の続き「響け!ユーフォニアム」編(2)も書きたいんですが、今回はたまこ。

第2回京アニ&Do ファン感謝イベント

山田尚子監督のサイン会に参加してきました

「第2回京アニ&Do ファン感謝イベント」展示レポートVol.1 山田尚子監督編

「第2回京アニ&Do ファン感謝イベント」展示レポートVol.2 「響け!ユーフォニアム」編(1)

 「第2回京アニ&Do ファン感謝イベント」展示の中に、たまこの通学路の設定がありました。セカイ的には1番興味深かった展示です。写真撮影不可でしたので、現地にてメモしたものを多少はマシな形に清書してみました。清書したにも拘わらず見辛いのはご容赦を。赤い矢印部分がたまこが実際に通っているルートになります。次回、藤森行く時は、このルートでまわってみたいですね。 
usagiyama_maps
 文字部分は手書きだと余りにも見苦しいので打ち直してみました。上図の丸囲みの数字が下記の説明部分に対応しています。

「たまこの通学路」2012.9.18
☆藤森と出町柳をくっつけています。河の位置など若干苦しい部分もありますが、あまり気にせず、写真で見えているとおりに作業して頂ければと思います。

(1)たまや
(2)うさ湯
(3)うさぎ山駅(藤森駅)、史織はここから電車に乗る。
(4)うさぎ山高校
(5)途中から車線数が変わりますので道の繋がりはわからないように
(6)高速道路は商店街付近では無視して下さい。

 前回のサイン会レポートに続き「第2回京アニ&Do ファン感謝イベント」の展示を見ての気づき。「たまこラブストーリー」や「響け!ユーフォニアム」は別にまとめたいので、先ずは山田尚子監督関係から。大げさなタイトルを付けてますが、ただの自分用のメモだったり。

第2回京アニ&Do ファン感謝イベント

 スタジオゾーンに展示されていた山田尚子監督の私物。写真撮影不可なのでテキスト情報のみ。愛用の品にまつわるコメントをもう少しメモっておけば良かった……orz

・AKG K404(ヘッドフォン)
作業中に愛用。
・カメラ ソニー「RX1」

ボケ感がいいそうです。

・エビフライ型のハンコ
→設定資料等に押してある「尚」ハンコではなく「山田」でした。

・守り神
本秀康さんのフィギュア金星人、名前はレコガシラ、入社時から守り神として机にまつっているそうです。

・アフレコ台本
たまこラブストーリーラスト部分が展示されていました。Blu-ray特典の絵コンテ通り「もち蔵大好き!どうぞ」部分が修正される前のもの。

出口付近にあったメッセージボードのコメント。
 yamadanaoko_message01

このページのトップヘ