カテゴリ: 咲-Saki-

 気付けば2017年9月18日の「3時間で松江市内のシノハユ舞台をまわってきました」以来、久しぶりの咲-Saki-舞台探訪記事。新道寺や小城をはじめ、それなりに探訪はしているんですがblogにまでまとめきれてなく……。

 青森で開催された「シャーマンキング展」に8月22日に行ったついでに、翌日は下北半島の恐山と「咲-Saki-」19巻文教堂特典の舞台に行ってきました。
shimokita_hayari

 当時のだーはらさんの発見報告を見て以来、下北半島だし公共交通機関で到達困難だろうなと半ば諦めていたんですが、何とバスで行けるとのこと。今回、2日間ご一緒しただーはらさんが恐山行きも含めた完璧なプランを立ててくれました。余談ですが、むつバスターミナルや下北駅でシャーマンキングの舞台探訪もしております。

《2020年8月23日の行程》
・青森駅06時53分発
 ↓青い森鉄道・八戸行
・野辺地駅07:40着
     08:05発
 ↓JR大湊線・大湊行
・下北駅09時01分着

・下北駅09時10分発
 ↓下北交通・恐山線
・恐山09時53分着
【恐山参拝】
・恐山13時00分発
 ↓下北交通・恐山線
・むつバスターミナル13時30分着
          14時40分発
 ↓下北交通・佐井線下り
・二枚橋15時19分着
【咲-Saki-舞台探訪】
・二枚橋発17時03分
 ↓下北交通・佐井線上り
・下北駅17時55分着

・下北駅発18時17分
 ↓JR・青い森鉄道 快速しもきた・八戸行
・八戸駅19:59着
    20:12発
 ↓JR新幹線はやぶさ48号・東京行
・東京23時04分着

 というわけで、はやりんの舞台に行くには下北交通佐井線の二枚橋停留所で下車後、大間線のアーチ橋を右手に見ながら少しだけ引き返します。
shimokita01
 すると、右手側に二枚橋地区防災広場(かつては小学校だったそうです)に向かう道がありますので、その途中が舞台となります。
shimokita02
 歩いていたらひと目で気付くレベルです。
近くには休日はお休みの個人経営の薬屋さんが1件あるのみなので訪れる際はお気をつけ下さい。

 撮影途中に1935年生まれの地元のおじいさんが通りかかって、大間線のアーチ橋について色々と教えて頂きましたが、おじいさんが子供の時に出来た戦時中の建築でコンクリートの寿命的にもいつ崩れてもおかしくなく、よく撮影している人が居るとのこと。

 アーチ橋を下から見上げたところ。年季が入った感あり。
shimokita04
 はやりんの舞台を反対側から、奥に見える自販機のあるお店がお休みだった薬屋さんです。
shimokita05
 アーチ橋をくぐった先には二枚橋地区防災広場があります。
shimokita03
 なお、自分の撮影はあっさり15分程度で終わったのですが、構図合わせの鬼と化しただーはらさんは少し長めの1時間半という滞在時間でも満足いく写真は撮れなかった模様。

 さて下北交通の二枚橋停留所ですが、下り側の道路にしか案内表示板の設置が無いようで(下り・上りどちらの時刻表も掲載してました)、帰り(上り)のバスが来た際には下り側の道路で思いっきり手を振って気付いて貰え停車してくれました。自信が無い方は隣の停留所まで歩いて移動した方が良いかもしれません。

 気になるバス料金は以下の通り。我々は恐山に寄ってからなので、むつバスターミナルから乗車しましたが、下北駅から直接行くことも出来ます。

 むつバスターミナル→二枚橋:660円
 二枚橋→下北駅:780円

 また今回は青森県内の電車移動には青春18きっぷを使いましたが、土休日限定ですが「あおもりホリデーパス」でもほぼ同等の2,520円で青森→野辺地→下北→野辺地→八戸の移動が可能です。

 下北交通は、バスターミナルに赴きがあったり、かつての大畑駅を停留所として利用し5分間停車してくれたりと、なかなか楽しめる路線でした。廃線探訪や自動車駅にときめく方にはクるものがあると思います。青森に来た際はぜひ。

下北交通むつバスターミナル
shimokita06
shimokita07
旧大畑駅
shimokita08
shimokita09
shimokita10
shimokita12
このエントリーをはてなブックマークに追加

 咲-Saki-という決してグッズ展開が多くない漫画で、更に好きなキャラクターに偏りがあるため公式グッズに恵まれず、いつも歯がゆい思いをしているセカイです、こんにちは。

 そんな中、なかなか攻めた咲-Saki-のアパレル製品を発売してたAMNIBUSさんから4月に「リザベーション キーケース」と「加治木ゆみ&東横桃子 チェンジングマグカップ」という、割と自分だけ狙い撃ちしたグッズの発売が発表されました。

 当たり前のように予約したのですが、その商品がようやく届きました。
先ずは「リザベーション キーケース」から。ビニールのケースに入ってました。
key12_01
「mairu × himeko」がちょっと間抜けに感じてしまう……。
哩さんの「哩」はそのままズバリ英語のマイルの漢字表記なんで「mile」の方がしっくり来るというか……。
key12_02
中はこんな感じ。家の鍵しか入れるものないですが……。
key12_03
表面・裏面ともにデザインされているのは「12翻キー」のみ。
key12_04

続いて「加治木ゆみ&東横桃子 チェンジングマグカップ」。こんな箱に納まってました。
kajumomo_mg03
かじゅ先輩側。あぁイケメン……。好き。
kajumomo_mg01
モモ側。常温ではステルスモード発動です。
kajumomo_mg02
お湯を注ぐとその部分まで絵が表れてきます。
kajumomo_mg04
上まで完全に注いでみました。
kajumomo_mg05
これは想像してた以上に楽しいというか、モモのキャラクターを活かしたアイデアがすばらっですよ。

 AMNIBUSさんはこれからも、咲-Saki-で自分だけを狙い撃ちにしたグッズを出して頂けると幸いです。

意図せず、モモの誕生日に更新してしまった……、モモたんイェイ〜!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月16日は新道寺女子のダブルエースにて部長、白水哩さんのお誕生日でした。
哩たんイェイ〜!
(因みに当ブログも2014年4月16日に開設なので細々と6周年です。)

 今年は例年にない自粛ムードでお誕生会など開ける雰囲気では無かったので、昨年に引き続きソロでお祝い。なんかケーキをお披露目するだけのblogになっている気がしないでもない。

 過去のお誕生日会の様子はこちら。

咲-Saki-新道寺編 完結と白水哩生誕祭と
http://htt123.blog.jp/archives/1071110511.html
白水哩 生誕祭 第3局レポート
「酒日和」番外編〜白水哩 生誕祭 第2局〜レポート
「哩たんイェイ〜」ということで今年も白水哩部長を(ソロで)お祝いしてきた〜2019年版〜

 閑話休題

 というわけで、いつもお世話になってるパティスリープウポンさんに今回は、阿知賀編の復活を祝して、五十嵐あぐり先生ver.のお誕生日ケーキをお願いしました。
mile_tan2020_1
 あぐり先生がtwitterにみどりの日記念でUPしてくれた凛々しい哩さんのイラストが元ネタです。
2016年のイラストですが、現時点で最新のあぐり先生による哩さんのはず。
阿知賀編5巻のメロンブックス特典と並べてみたり。
mile_tan2020_2
 ロウソクに火を灯して、哩さんのお誕生日ソングを歌ってみたり。
mile_tan2020_3
 ああ、満足だ。

 それはさておき、ここ最近アムニバスさんが咲-Saki-関係のグッズを色々と展開して下さってて、何と「リザベーション キーケース」なる、ウチのサークル以外で初のリザベーションキーグッズを出して下さってるのでみんなで買おう!4月28日まで予約受付中だよ。

追伸 アニメで哩さんを演じてくれた鹿野優以さんもお誕生日コメントして下さってます。3/5が羊の新道寺、なおセカイも牡羊座です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

★2/27更新 イベント延期について

3月14日(土)&15日(日)に開催予定だった『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』上映会ですが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、やむを得ず中止とさせていただくことになりました。

楽しみにされていた皆様には大変ご迷惑おかけしますが、諸般の事情をお汲み取り頂き、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

3月14日のチケットをご購入の皆様には返金のご案内メールをシネマノヴェチェント様より順次差し上げますので、お手数ですがご確認の上、ご対応の程よろしくお願い申し上げます。

なお、流行が収まる兆しが見えてきましたら、改めて開催させていただきますので、その際はぜひご参加のほどお願い申し上げます。

 2018年3月の新宿バルト9での上映から2年ぶりに映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』がスクリーンに帰ってきます。

 前作「咲-Saki-」に引き続き原作ファンも納得の豪華キャストが集結、小沼監督をはじめとするスタッフの丁寧なつくりこみとキャストの好演によって、漫画の実写化につきまとうネガティブなイメージを払拭し、新たなファンも獲得した本作をぜひまた劇場のスクリーンで体感しませんか?

 もともとの原作漫画やアニメのファンの方、前作の実写版「咲-Saki-」から興味を持った方、キャストファンの方等々、沢山の方のお越しをお待ちしております。
achiga_poster
■概要
日時:2020年3月14日(土)/15日(日)14:00〜
会場:シネマノヴェチェント(横浜市)
14日 料金:前売4,000円/当日4,500円
15日 料金:近日発表
 懇親会費4,000円(鍋&指定ドリンク3杯付)
チケット発売日:2月11日(火・祝)10:00からシネマノヴェチェントWebサイトにて販売
※申込をするとシネマノヴェチェントから振込先の案内メールが届きます。
振込期限は案内メール送信から5日以内となります。
もし申込から1、2日経ってもメールが届かないようでしたら、迷惑メールフォルダ等を確認の上、シネマノヴェチェントまでお問い合わせ下さい。

14日ゲスト:小沼雄一(監督)、馬場裕一(麻雀指導)、いのけん(司会)
15日ゲスト:小沼雄一(監督)、ゲスト調整中、セカイ(司会)

タイムテーブル:
14:00〜『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』上映
15:55〜休憩
16:10〜ゲストによるトークショー
17:40〜サイン会
18:20頃終演予定
※終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途懇親会費)、懇親会中に撮影会あり
このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月3日は実写版「咲-Saki-」で監督を務められた小沼雄一監督のお誕生日です。
ゆうたんイェイ〜!

 と言うわけで台風19号の影響で当初の10月12日から延期してしまいましたが、11月30日に小沼雄一監督を招いて実写版「咲-Saki-」のトークショーを横浜シネマノヴェチェントさんで開催致しました。
saki_ji20191130_1
映画『咲-Saki-』のリバイバル上映が決定! 小沼監督のトークショーも開催

 ささやかながらセカイが所有する咲-Saki-グッズで館内を装飾してみました。
saki_ji20191130_2
 久しぶりに活用のビーチタオル、こんなイベントを開催することになるなら、咲ちゃんやモモのも買っておけば良かった。
saki_ji20191130_3
 今回のゲストである小沼雄一監督のブロマイドコンプセット。

 告知通り当日は、映画「咲-Saki-」を上映後にトークショーとサイン会、監督との2ショット撮影会に懇親会を行いました。監督には沢山サービス頂きありがとうございました。

 例によって話している自分にとって、トークショーの内容をまとめるのは難しいので他の方にお任せですが「咲-Saki-」だけに限らず監督の映画観やカメラへの拘りにも迫ることができて、手前味噌ですがなかなか良い質問できたのではと勝手に思っています。

 そして今回は監督のお誕生日3日前ということで、トークショーの終了間際にサプライズでお誕生日をお祝いさせて頂きました。
saki_ji20191130_4
 ケーキはいつも通りパティスリープウポンさんにお願いしました。
今回もすばらっなケーキをありがとうございます。

 監督にも喜んで頂けたみたいで嬉しいです。

 今回は上映に尽力頂いた咲-Saki-の製作委員会の方々に横浜シネマノヴェチェントさん、ゲスト出演をご快諾頂いた小沼監督、そして台風による延期にもめげずにお越し頂いたお客さんに感謝です。





このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ