桜高鉄道倶楽部れんらく帳

カテゴリ: 聲の形

 11月2日〜5日にかけて開催された「第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」にて、アニメーション作品の劇中に流れる音に注目した「アニメーションの音を聴く」プログラムで、映画「聲の形」"inner silence"の作曲を担当した牛尾憲輔氏の演奏による劇伴ライブが行われました。
chitose03
日時:2017年11月3日18:30回上映前/上映後
会場:ソラシネマちとせ 1番スクリーン
登壇者:牛尾憲輔
司会:ポニーキャニオン 中村
※敬称略

 映画上映&ライブの前後に、牛尾さんからお話しがありましたので、その様子を軽く紹介。

 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですがトークの様子を纏めてみました。一部聴き逃しやメモ間違い微妙なニュアンスの違い等あるかもしれませんが雰囲気だけでも味わって貰えたら幸いです。

関連記事:幼少時の将也のイメージ「ハンバーグ」は牛尾さんが元ネタ!?映画「聲の形」スタッフトーク付上映会レポート(登壇者:山田尚子、牛尾憲輔)
関連記事:牛尾憲輔さんが語る「聲の形 inner silence」観賞への3つの心がけ
関連記事:牛尾憲輔さんが語る「聲の形 inner silence」ができるまで
---
chitose02
●上映終了前

中村:こんばんは。今回のお話しの聞き手を務めるポニーキャニオンの中村です。

牛尾:牛尾です、よろしくお願い致します。

中村:今回はハードコアな企画ですがお呼び頂けた感想ありますでしょうか?

牛尾:ハードコアで難解なので、終わった後に席に座っていてくだされば良いなと思っています。

中村:"inner silence"のコンセプトを簡単に説明していただけますでしょうか?

牛尾:「聲の形」ではコンセプトワークから参加して長い時間をかけてつくっていきました。その際にあるべき音楽としてバッハの「Invention」を使うことが決まりました。そのまま使うか、アレンジして使うか、2時間バッハの「Invention」だけを扱って、伸ばしたり引き伸ばしたりと、茫洋とした風に音楽をつくりました。2時間ノイズがのってるだけなので、商業に載せるのは難しいということになりましたが、Blu-ray発売にあたってコンセプトを直におした"inner silence"を表に出すべきだろうということになりました。

今回は、「聲の形」のあるべき姿をライブにしてお届けします。

中村:"inner silence"を楽しむにはどうすればよいでしょうか?

牛尾:"inner silence"ではコンセプトを大事にしていますので、音もセリフもない、初めてではストーリーを追うのも難しいと思います。

 見方としては3つあります。

 1つ目は、絵を楽しむことです。
刺激に溢れたアニメで、(音やBGMがないので、こんなにも)絵に集中できることはないです。
繊細なタッチを味わって下さい。

 2つ目は寝ちゃうことです。
今回は、5.1chで、音をつくったエンジニアと一緒にステージをつくっています。
夢を見るように茫洋と身を委ねるのも良いと思います。

 3つ目は、これからの2時間を思考する2時間にすることです。一体何をしたのか?映画を観るとは?時間美術とは?音楽とアートとは?思考芸術として観て下さい。

中村:ものすごく貴重な機会を与えてくれた映画祭のスタッフに感謝です。
楽しんで頂けたらと思います。

---
本編の演奏は、牛尾さんがB21〜B24/C21〜C24座席に機材を設置して2時間ぶっ通しで演奏されました。
chitose04

---
●上映終了後

中村:皆さん、ありがとうございます。
また牛尾さんの準備が整ったらお話ししてもらおうと思います。
皆さん、どのように感じられたでしょうか?
宣伝になっちゃいますが、「聲の形」のBlu-rayには副音声として"inner silence"が収録されています。
では、牛尾さんの登場です。

牛尾:沢山の方に(終了後も)残ってもらえて嬉しいです。

中村:演奏を終えてどうでしたか?

牛尾:大変疲れました。
聴く方も疲れたと思いますが、やる方も疲れました。

中村:演奏しての率直な感想をお願いします。

牛尾:キャラの動作をピアノの音があった時、新たな見方を提示できたのではと思います。
一つ一つの音符が、狙った場合もあれば、たまたまキャラの動作に重なった時もあり、新たな側面があり、自分も観ながら発見がありました。

牛尾:バッハの「Invention」を加工して生のピアノ演奏をしています。(タイミングを)コントロールしながら2時間分のライブとなりました。

中村:事前の準備はどうでしたか?

牛尾:もともとの"inner silence"の2時間にあわせて映画館のシステムの中に曲を入れさせてもらって音と映像がリンクするようにして貰っています。スタッフに感謝です。

中村:特に苦労したのは何でしょうか?

牛尾:(映画館は)普通のコンサート会場のスピーカーではないので、事前に音楽のエンジニアと破綻しないように調整しました。

中村:テクニカルな部分がクリアになってようやくできた訳ですね。

牛尾:ボヤ―とやっているように見えますが、厳密なタイムラインがあります。最初のコンセプトが破綻することなく出し切ることができました。

中村:新たな発見ありましたか?

牛尾:最初より発展していって発見ありました。
また次に繋がるといいなと思いました。
公開から1年経っても、取り上げてもらって嬉しいです。

中村:最後に一言お願いします。

牛尾:「新千歳空港国際アニメーション映画祭」で取り上げて貰ってありがとうございます。
もしまだ(通常の「聲の形」を)ご覧になっていない方がいらっしゃったら、観て頂けたらと思います。
大変な映画を観る形ですが、おつきあい頂きありがとうございました。

(翌11月4日、牛尾さんの色紙がソラシネマちとせの展示に追加されているのを確認しました。)
chitose05

 「 私たちは、いま!!」の中で、セカイが最も楽しみにしていた山田尚子監督のサイン会に、今回も無事に当選しましたので参加してきました。
yamadanaoko_sign20171029_02
■第3回京アニ&Doファン感謝イベント 私たちは、いま!!―2年ぶりのお祭りです― 届け!京アニ&Doのいろいろ編「山田尚子」サイン会
日時:2017年10月29日15:00〜
会場:京都市勧業館(みやこめっせ) B1F サイン会会場
出演:山田尚子(監督)

 ほぼ自分のメモ用にですがサイン会の様子を纏めてみましたので、雰囲気だけでも味わってもらえたら。
yamadanaoko_sign20171029_01
関連記事:山田尚子監督のサイン会に参加してきました
関連記事:「響け!ユーフォニアム」直筆サイン抽選プレゼント企画に当選しました

---
司会:では山田監督からあいさつをお願い致します。

山田:皆さんこんにちは。(ステージ)高いですね。って前回も同じこと言ってましたね(と言いながらステージ下に降りる)
山田尚子と申します。監督と演出をしております。

司会:今回のイラストの紹介をお願いします。

山田:(色紙のイラストを掲げながら)「聲の形」の小学生の時の硝子です。
最近、席が近い西屋(太志)さんとイラストの色付けについて、コピックでどこまでできるか切磋琢磨していまして……、私が頑張ってるだけかもしれませんが……。
yamadanaoko_sign20171029_03
司会:今回は何で小学生の硝子にしたのでしょうか?

山田:個人的な好みとして、おかっぱ姿の少女が好きだからです。
前下がりのおかっぱが好き。思う存分描きました。

他の方に聞いたんですけど宣伝とか告知していいんですっけ?
て特に宣伝するようなこともないんですけど、来年4月21日から「リズと青い鳥」という新作があるので、良かったら観に来て下さい。あ、監督やっています。
よろしくお願い致します。

前回は、大分時間を余らせてしまいまして、お一人様40秒から1分くらいあるとのことですのでお話しできたらと思います。

---
セカイの番での山田監督とのトークメモ

セカイ:こんにちは、よろしくお願い致します。(サインの宛名用の名前メモを差し出しながら)

山田:(名前を見て)あ、ひょっとして前回も来られました?
特徴的な名前なので覚えてます。

セカイ:ありがとうございます。前回のたまこの時も来ました。
実は2月の新宿ピカデリーでの早見(沙織)さんと一緒に登壇された舞台挨拶の時に66回観ていたのって自分なんですよ。

山田:あー、なるほど。繋がりました。
いま何回くらい観られてるんですか?

セカイ:80回になります。
来週、北海道である牛尾(憲輔)さんのinner silence 劇伴ライブ上映にも行ってきます。

山田:わー、あれってどう演奏するんでしょうねえ?

セカイ:どうするんでしょうねえ、今からとても楽しみです。
以前、山田監督がメディア芸術祭のトークショーの時に衝撃を受けたという「哀しみのベラドンナ」を今年の夏にスクリーンで観ることができました。

山田:どこで上映しはったんですか?

セカイ:東京国立近代美術館フィルムセンターさんが上映してくれました。

山田:アレ、すごくカッコイイですよね。

セカイ:表現方法が独特で衝撃でした。
「リズと青い鳥」すっごく楽しみにしています。

山田:ありがとうございます。

 第20回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を『映画「聲の形」』が受賞しました。
これを記念してTOHOシネマズ新宿にて『映画「聲の形」』トーク付上映が行われました。
me20_02
日時:2017年9月18日15:50〜18:30
会場:TOHOシネマズ新宿[スクリーン11]
出演:山田尚子
モデレーター:高橋良輔
※敬称略
概要: 人と人とのコミュニケーションにおける伝えることの難しさやそれゆえの尊さなどを描き、本格的な手話表現と現代の若者の内面や、彼ら・彼女らが自分を受け入れていく姿を表現することについて作者から話を伺うトーク付き上映会。

上映/トーク「『映画「聲の形」』トーク付上映」/ Film screening and talk of “A Silent Voice”

 前回、山田尚子監督が「たまこラブストーリー」で新人賞を受賞された時と同様、モデレーターはボトムズでおなじみの高橋良輔氏。

 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですがトークショーの様子を纏めてみましたので、雰囲気だけでも味わってもらえたらと。
me20_01
関連記事:山田 尚子監督と高橋 良輔監督が「たまこラブストーリー」について語っているのを聴いてきました

---
高橋:前回、というか前前年の「たま"ご"ラブストーリー」じゃない(笑)「たまこラブストーリー」でお話ししましたが、あれから1年間隔置きまして、またよろしくお願い致します。

またモデレーターって何だろと思い改めて意味を調べてみましたが、やっぱり司会や調整役と出ていました。

『映画「聲の形」』は大阪のシネコンで拝見しました。

山田:映画館で観てもらったんですか。ありがとうございます。

高橋:自分が関係したもの以外は普段、なかなか見ないのですが、「聲の形」はメディア芸術祭の(選考)会が始まる前に、審査とは関係無しに見せて頂きました。

内容がいじめなだけに、楽しくという感想は当たらないんですが、感心しながら見せて貰いました。制作にあたっては苦労されましたでしょうか。

山田:「聲の形」制作時の記憶がごっそりと抜けてしまっていまして、当時は苦労したんだろうなあと思います(笑)

私が携わった作品はTVシリーズから映画になるものが多いので、映画から入るもの、(制作の)1回目が(全ての)答えになるというのが初めてで凄くテンパっていました。(制作時の事は記憶が抜けていますが)いい思い出だったんだろうなと思います。

高橋:コミックスをアニメ化しようとする、そもそものきっかけは何でしょうか?

山田:京アニのプロデューサーさんが「聲の形」をアニメ化するという企画を持ってきまして、自分が監督させて貰えたらなと思っていました。

五感をフルに使って感じてもらう、五感をゆさぶる映像表現に相応しい作品だなと思いました。

高橋:(大学の)学生達は絵をつくるのは好きでやるが、それに音や音声をつけることを好んでやる人が居なかった。映像は、音と音声と効果音の3つを1つにして合わせると映像になります。これが僕らの世代の映像作品だと学生に薦めます。

山田:この作品は特性上、聴覚障害者や話を聴かないようにしている少年が主人公なので、(音として聞こえないが)目に見える音、振動として伝わる音を映画にのせたかった。

(映画館のような音の環境が)ちゃんとしているところで観て貰うと、音を感じて貰えるよう、映像に音をなじませてのせています。

高橋:(作品をつくる上で)「記号性」が有力な武器になると思っています。自分自身は実写で育ち、手塚治虫先生がアトムをはじめた翌年にこの世界に入った。自分達が(アニメを)つくるのと、(アニメを)観て育つのは大分違います。

最近のアニメを見ると、この絵のクオリティで(自分が監督として)つくらせることを考えると胸が痛くなりドキドキする。絵のクオリティが高い作品は(アニメをつくる立場としては)観に行きたくなくなります(笑)

(記号性の話として)、焦った気持ちを顔や背中に汗を少し描くだけで有効だが、人がつくった記号は使わないようにしていた。それこそ富野(由悠季)がつくった記号などは……。

なので「聲の形」のバッテンは思い切ったことをしたなと思いました。

山田:バッテンはもともと原作の表現であって、原作者さんからも使って下さいとの要望がありました。アニメの映像として成り立つとは思っていたが、バッテン以外の記号の違いを出せたなと思いました。

高橋:1番感じて欲しい部分と、そのための「てこ」になる部分があって、自分ではバッテンは使えこなせないと思ったが、うまく使っているなと思いました。成功しているなと思いました。

山田:(バッテンは)観ている人が冷めてしまう処理なので、調整が難しかった。映像としての説得力を考えました。(バッテンのない部分だけが)将也の司会では無いし、説得力を大事にしました。

高橋:1番のテーマのコミュニケーションですが、自分は鈍感な方でいじめ問題が深刻じゃない時代に育ちました。20歳くらい年下のお母さんと話すと(自分の感覚では)怒られます。

(自分が教えている)大学生にも聴覚障害の方はいるが、その方とどう接するか、大学生にもなると人間として成長しているから、僕が見ている限りではうまくいっていた。

聴覚障害よりはいじめの方をみていたんですが、若い人たちの心にああいうものがひっかかってくるのかなとも思いました。何か(作品をつくる上で元になった)経験はありますか?

山田:小中学校時は、視野が狭いので、無視をする・それに対して悩む等の実例は見てきました。
この作品でいうと「いじめ」は記号であるかなと思いました。

何を思ってこういった行動を取るのか、相手を見る目線がどうなったか、キャラクターの行動への肯定も否定もなく、フラットに見ていこうと思いました。心が動いたから、こういう行動になったんだなと紐解いていきながら、キャラクターの気持ちに寄り添い、耳を傾ける作業でした。

高橋:自分に1番近いキャラとかありますか?

山田:自分自身をあまり信用していないんですが、自分を作品のどこかに投影しようと思うと作品が描けなくなります。

高橋:自分は入り込むタイプなので、自分の経験以外は頼りにできないです。
「聲の形」には成熟した男性、成人男子が1人も居ないですね。

山田:お話しを聞いて思ったのですが、きっと主人公の将也にそのように(成熟した男性)なって欲しいと思って居なかったのではと思います。

そこに成熟した男性がいると物語が完結してしまい、答えになる人が居ない方が良いのかと思いました。

高橋:今は子供たちがみんな無理をしている気がします。
僕らの時代には、あまり社会が辛くなかった。

真剣に社会に向き合ったキャラを見ると辛くなります。進むべき道を自分で探させるよりも、ある程度強制された道を提示した上で、それに反発したり逸れていったりする方が楽な気がします。

山田:たまこをつくっていた時は、主人公の女の子の周りには大人がいたけど、聲の形には見本を見せたり、しかったりする大人がいない。ただ周りにある世界はキレイでありたい、個人個人の気づきを大事にする作品だったと思います。

高橋:京アニは日本アニメのここ20年くらいをリードしてきた部分がありますが、その中でも山田監督の作品は1作1作前へ、今までの足慣らしをしているだけじゃなく(前進していると)感じた。

今度はどんな作品をつくるのか、言える範囲でも。

山田:(来年)4月からシリーズからの作品、吹奏楽部の女の子の話(註:「響け!ユーフォニアム みぞれと希美の物語」)をつくります。

高橋:アニメは架空のモノを描いたら、多少間違ってても許されますが、現実にあるものをアニメで描くと間違えられない。尊敬しています。

山田:前回もお話ししましたが、京アニは真面目な集団なので信頼しています。でもアニメの嘘も大事だと思っていますよ、デフォルメとか。

高橋:実写だと真面目が押し付けがましくなりますが、アニメだとすんなり捉えてもらえる。すごい武器だと思います。
時間ですが、何か言い残したことがあれば。

山田:『映画「聲の形」』公開の1年と1日経ちました。ありがとうございます。本作品を映画館で観てもらえて嬉しいです。次作は4月になります。次も音を大事にする作品になります。またよろしくお願い致します。

 映画「聲の形」リバイバル上映の履歴を残しておきたいなと思い立ち上げました。
2017年5月17日のBlu-ray発売以降の上映について、自分が把握している限り記録していきます。

■パッケージ発売記念リバイバル上映
日時:2017年5月21日20:30回
会場:丸の内ピカデリー2
備考:パッケージ発売記念のリバイバル上映、キャストによる舞台挨拶有り
参考:映画『聲の形』パッケージ発売記念リバイバル上映&舞台挨拶レポート
http://htt123.blog.jp/archives/1066111016.html

■inner silence 極上音響上映
日時:2017年6月24日15:30
会場:立川シネマシティ
備考:inner silenceでの上映、牛尾憲輔さんの舞台挨拶有り
参考:牛尾憲輔さんが語る「聲の形 inner silence」観賞への3つの心がけ
参考:牛尾憲輔さんが語る「聲の形 inner silence」ができるまで

■第20回 小津安二郎記念 蓼科高原映画祭
日時:2017年9月18日14:00〜
会場:新星劇場
備考:第20回 小津安二郎記念 蓼科高原映画祭での長編アニメーション作品の一つとして上映。

■第20回文化庁メディア芸術祭『映画「聲の形」』トーク付上映
日時:2017年9月18日15:50〜
会場:TOHOシネマズ 新宿 スクリーン11
備考:山田 尚子監督と高橋 良輔氏のトーク付
参考:第20回文化庁メディア芸術祭 『映画「聲の形」』山田尚子監督×高橋良輔監督 トーク付上映レポート
http://htt123.blog.jp/archives/1067830472.html

■第20回文化庁メディア芸術祭『映画「聲の形」』弁士付上映会
日時:2017年9月23日11:15〜
会場:社会福祉法人トット基金 トット文化館
備考:『映画「聲の形」』を手話で伝えながら鑑賞する上映会。

■京都映画センター主催「聲の形」上映会
日時:2017年9月23日10:30〜/14:00〜
会場:宇治市文化センター
備考:14:00からの2回目は字幕上映

■清流シネマDayアニメ映画「君の名は。」「聲の形」上映会~あの感動をもう一度~
日時:2017年9月24日14:00〜
会場:ぎふ清流文化プラザ 長良川ホール
備考:11:00からは「君の名は。」を上映

■宇多津映画祭2017
日時:2017年11月1日18:30〜/2017年11月3日16:00〜
会場:イオンシネマ宇多津 6番スクリーン
備考:2017年10月28日〜2017年11月5日開催の「宇多津映画祭2017」で公開される9作品のうちの1作として上映。


■新千歳空港国際アニメーション映画祭 映画『聲の形』-inner silence-~牛尾憲輔氏 劇伴ライブ上映~
日時:2017年11月3日18:30〜
会場:ソラシネマちとせ  シアター1
備考:牛尾憲輔氏による劇伴ライブ上映


 極上音響で名高い立川シネマシティにて、映画「聲の形」Blu-rayに収録された新規音声トラック“inner silence”の極音上映会開催が開催され、音楽を担当された牛尾憲輔さんの舞台挨拶がありました。

 前回に引き続き、“inner silence”上映後の舞台挨拶をレポート。今回は専門的な用語やアートに関する牛尾さんの考えの話もあり、いつにも増して難しめな内容でした。正直、捉え方が間違っている箇所などもあるかもしれませんので、違いがあればご指摘頂けると幸いです。

日時:2017年6月24日15:30回上映前/上映後
会場:立川シネマシティ
登壇者:牛尾憲輔
司会:ポニーキャニオン 中村
※敬称略
inner_silence03
前回記事:牛尾憲輔さんが語る「聲の形 inner silence」観賞への3つの心がけ
http://htt123.blog.jp/archives/1066601088.html
関連記事:幼少時の将也のイメージ「ハンバーグ」は牛尾さんが元ネタ!?映画「聲の形」スタッフトーク付上映会レポート(登壇者:山田尚子、牛尾憲輔)
---

中村:“inner silence”ご覧いただきありがとうございます。

牛尾:お客さん残ってた(笑)

中村:では、“inner silence”上映も終わったところで、作品についてじっくり語ってもらいたいと思います。繰り返しになるかもしれませんが、最終的な“inner silence”の成り立ちについて教えて頂けますか。

牛尾:「聲の形」をつくるにあたって、山田(尚子監督)さんと、コンセプトワークとして作品に合う絵画や彫刻などの抽象的な話がコアにあって、コンテや音楽になりました。作品の根底にあるものとして、コンセプトワークの初期では体内の音というイメージがあった。これは将也が耳を塞いでいても聞こえる、耳が聞こえない硝子でも聴くことのできる音で、世界がどうしても許してしまう音です。

耳を凝らすと入ってくる小さな音やノイズなどの世界を取り囲む音を作品の音楽の中に取り込みたいと思い、衣擦れやピアノのイスの音等々、作品に取り込みました。

「聲の形」は将也の成長譚で、彼の物語として生きるための練習、それは人とコミュニケーションを取るためにトレーニングで、(映画の)2時間9分の中で将也を取り巻く世界の美しさを知ります。

人生の練習として、さらにこの後に世界の美しさを知るような練習曲、指の運びの練習をするだけでなく曲の美しさを知るというコンセプトから、バッハの「Invention」が導き出されました。

体内の音として、ピアノの弦やハンマーの音も取り込んでいます。

この「Invention」を(映画の)2時間に引き伸ばすとどうなるんだろうと拡大したものが“inner silence”です。
エンタテイメントの形に押し込んだのが本編で使用されている楽曲です。

最初につくった“inner silence”の原型からBlu-ray収録用に今回の“inner silence”が出来上がりました。

中村:最初にこのコンセプトを思いついた時の感想はどうでしたか?

牛尾:素晴らしい発想だなと。
「聲の形」は7巻分の原作を2時間にしているので、(駆け足になりがちな)体感時間をゆっくりとしたものにしてくれ、その意味でも凄いと思いました。
すぐにつくって中村さんに送りました。

中村:大興奮でしたよね。

牛尾:鶴岡さんに怒られるかと思ったら、凄くノリノリだった。

中村:みんなノリノリでやっちゃいなよという感じでしたよね。
“inner silence”を形にしようということになった際、制作時にはどんなことを考えましたか?

牛尾:“inner silence”は本編が終わった後に制作をはじめました。「Invention」をアナリーゼ(解析)すると3分割できたのでそれぞれ本編に対応させた。“inner silence”の「ゴー」って音もピアノの音と元につくっています。

将也の練習は最後の文化祭での耳から手を離すシーンで終わりになりますので、「Invention」も文化祭で終わるので、その後はlit(var)を消化して盛り込みました。
ひとりよがりでなくて、コンセプトワークのルーツを大事にしようと心がけました。

中村:“inner silence”はよく聞くと時間軸によって肌触りが違ったりうねりがあったりしますが、何レイヤーくらい使っています?

牛尾:レイヤー数は少ないですが、1回の演奏で色々な表現をつくっています。

中村:シンセサイザーならもっと簡単に色々な表現ができたかと思いますが、何故ピアノにこだわりましたか?

牛尾:ノイズをコントロールするために、例えば実家のピアノはズレがあるんですが、そういうったことを把握している必要がありました。

劇場がピアノの中にあるようなイメージです。鍵盤が叩かれると、ピアノ内部での動きや音があり最後に押された鍵盤が跳ね返る音までも響くような。

中村:ここで少し販促しても良いでしょうか。
きゃにめにて「聲の形」のパッケージを購入すると“inner silence”のOriginal Sound Trackが付いてきます。

映画『聲の形』Blu-ray 初回限定版

牛尾:本編のサントラのB盤のジャケットと合わせるとめっちゃかっこいい。

牛尾:話したいこと話していいですか。
ネットで「“inner silence”は硝子の視点なのかも」という意見を見まして、Blu-rayでは最初“inner silence”を選択したら自動で字幕がONになる設定にしようかという話もあったんですが、やはり文化祭のシーンでこれは将也の話だということになり、コンセプトワークの時からずっと将也の話だったんだなと思いました。

中村:Blu-rayではメニューの音も牛尾さんが新規で描き下ろしたんですよね。

牛尾:メニューをつけっぱなしにしたらプレイヤーがスリープしてしまってエンドレスで聴けないという。

中村:2016年年末に「聲の形」極音上映会用に監修した際に立川シネマシティの音響を想定して“inner silence”をつくられたとか。

牛尾:最高の環境で上映して頂いて感謝です。2回、3回と上映できたらいいなと思います。
ベンヤミンが『複製技術時代の芸術作品』で、写真などの複製技術時代の芸術作品ではアウラが凋落すると指摘しているが、特定の劇場のために調整した音響で1度だけ映画を上映することは、映画という複製作品にアウラをもたらすんでしょうか、誰か芸術哲学を専攻されている方とかいらっしゃったらコメントとか頂けると。
inner_silence05
24 JUNE 2017 ONE DAY ONLY

中村:最後に牛尾さんから一言。

牛尾:こんなハードコアな企画にお越しいただきありがとうございます。これも「聲の形」のもつ力だなと思いました。また通常版の極音上映とかもやりたいですよね。

中村:(スタッフに確認しながら)あ、あと15分くらいあるんですね。

牛尾:何か質問ある方とかいらっしゃいます。

質問1:過去の山田尚子監督、鶴岡音響監督がタッグを組んだ作品をどういう風に捉えていますか?

牛尾:「たまこラブストーリー」が好きです。特にみどりちゃんが好きです。
彼女があの年で抱えている悩みが自分には理解出来ないことが凄く理解できた。触感をすごく的確にとらえていると思いました。

自分に「聲の形」の話が来た時は死ぬかと思いました。
「聲の形」の話を頂いてからは、怖くて観られないです。ファンだった時代には全部観ていました。

質問2:「聲の形」上映当初、字幕について聴覚障害をテーマにしているのに字幕有りの回が少ないと問題になりましたが、今回の“inner silence”で字幕を付けなかったのは何故ですか?

牛尾:字幕を今回外したことについて、聴覚障害をテーマに扱っているが、それが主題ではないからです。
あくまでも将也の物語で、たまたま彼の側に聴覚障害者がいただけで、字幕をつける必要性を見出だせなかったからです。
inner_silence04
質問3:作品づくりにおいて偶然がハマることもあるかと思います。偶然と必然かについてどう思いますか。

牛尾:偶然生まれてきたものと、自分自身で考えて生まれてきたものがあり、そこに作家性が出るという考えもあります。
偶然生まれてきたものを許す、これを選択したのも僕の作家性です

中村:時間になりましたので最後に一言お願いします。

牛尾:本当に来て頂きありがとうございます。
理解ある方に恵まれ幸せです。
皆さんに支えられつくることができました。スタッフ一同にかわりお礼申し上げます。

このページのトップヘ