桜高鉄道倶楽部れんらく帳

カテゴリ: 雑記

 2014年から恒例となってきた、自分の備忘録としての1年間に観た映画まとめ。今年は「リズと青い鳥」と「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」のおかげでえらいことになった一年でした。

2017年に観た映画まとめ
http://htt123.blog.jp/archives/1069445789.html
2016年に観た映画まとめ
http://htt123.blog.jp/archives/1063461751.html
2016年上半期に観た映画まとめ
http://htt123.blog.jp/archives/1058950174.html
2015年に観た映画をまとめてみた
http://htt123.blog.jp/archives/1048841580.html
たまこラブストーリー観賞回数まとめ(2014年)
http://htt123.blog.jp/archives/1016711394.html
というわけで、今年観た映画のまとめはこちら。
2018matome
 今年観た映画を回数が多い順に並べてみるとこんな感じ。

1位:リズと青い鳥 98回
2位:咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 24回
3位:きみの声をとどけたい 8回
4位:映画「聲の形」 7回
5位:ガールズ&パンツァー 最終章 第1話 6回
6位:映画けいおん! 5回
6位:劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~ 5回
8位:君の膵臓をたべたい(アニメ版) 4回

 1位は「リズと青い鳥」が想像以上にロングランで公開から12月を除いてほぼ毎月観に行ってました。みぞれがあまりにも愛おしすぎて一時期は毎日ペースで観に行ってましたね。半券キャンペーンに当選したのも良い思い出。
ishihara_sign20180824_1
 2位の「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」、こちらは公開期間が短めだったのと、公開中に他に色々と観たい作品が重なってしまい……。イベント企画したり実写版哩さんこと高田里穂さんにお会いできたりとこちらも思い出深い作品。

 3位はまさかの昨年公開の「きみの声をとどけたい」。大好きな作品なんですが今年になって下北沢トリウッドさんで上映があり、しかも生原画のプレゼントやゲスト出演イベントがあったりと、楽しませて頂きました。

 4位は安定の映画「聲の形」、今年もある程度のリバイバル上映あって嬉しい限り。

 5位は「ガールズ&パンツァー 最終章 第1話」。カトラスちゃんが可愛い。ほんと2話が待ち遠しいですね。

 6位は「映画けいおん!」と「劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」。「映画けいおん!」はイオンシネマで怒涛の再上映あったんですが、リズが忙しくて1回しか観に行けなかった。「届けたいメロディ」も家ではあの音を味わえないので、また再上映あると行きたいですね。
 
 8位は「君の膵臓をたべたい(アニメ版)」。浜辺美波さん出演の実写版もステキでしたが、アニメ版も大変良い出来でした。実写・アニメで少しキャラクター違うんですが、どちらの山内桜良ちゃんも大変魅力的な可愛らしさでして……。

 よく行った映画館はこんな感じ。

1位:新宿ピカデリー 47回
2位:新宿バルト9 22回
3位:TOHOシネマズ上野 13回
3位:川崎チネチッタ 13回
5位:立川シネマシティ 12回

 今年もピカデリーが圧倒的でしたが、実はリズ公開終了後はあまり行けずにSMTの次回鑑賞クーポンの有効期限が切れてしまうという珍事が発生したり。

 2位は完全に阿知賀編上映効果ですね。

 3位は、TOHOシネマズの会員になったのと、リズの上映があったのでマメに利用してました。御徒町駅からすぐという立地も便利。チネチッタは行くのが少し面倒ですが、LIVE ZOUNDは素晴らしい。

 5位は、立川シネマシティさんに。一ヶ月間ユーフォシリーズを上映してくれたので、リズ上映時には毎日通ったりしました。

 月ごとにまとめるとこんな感じ。12月は忙しかったのもありますが、あまり観たい映画もなくこんな結果に。

1月:25回
2月:28回
3月:10回
4月:16回
5月:34回
6月:28回
7月:15回
8月:10回
9月:18回
10月:15回
11月:11回
12月:1回

 自分的に好きな2018年公開の映画はこんな感じ。1位2本挙げるのは反則な気もしますが絞りきれない。他作品もそれなりに好きですが、ランキングはその時の気分でムラが出そうなんでここまで。

1位:リズと青い鳥
1位:咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A
3位:君の膵臓をたべたい(アニメ版)
4位:若おかみは小学生!

 昨年に引き続き今年も1本の映画を何回も……ではなく、種類を沢山観ようと心がけてまして計58本観ております。うち実写映画も14本あります。洋画は変わらず0でした……。実写は咲-Saki-の影響で浜辺美波さん、岡本夏美さん、高田里穂さんが出演されているものはよく観に行ってますね。その中でも特に「ピンカートンに会いにいく」は面白かったですね。

 昨年は一度も観られなかった「たまこラブストーリー」と「砂の器」が今年はスクリーンで観られました。初めて「ドラえもん のび太の恐竜」をスクリーンで観たり、公開時以来「機動戦艦ナデシコ-The prince of darkness-」を観たりと懐かしい気持ちに。

 2019年は回数控えめ予定ですが、「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」「翔んで埼玉」辺りが楽しみです。

 2014年から恒例となってきた、自分の備忘録としての1年間に観た映画まとめ。昨年は200回オーバーとちょっと多すぎるなと自分でも思いまして多少セーブしました。(それでも124回と自分が思っていたよりも多い結果になってしまいましたが……)

2016年に観た映画まとめ
2016年上半期に観た映画まとめ
2015年に観た映画をまとめてみた
たまこラブストーリー観賞回数まとめ(2014年)

というわけで、今年観た映画のまとめはこちら。
2017matome

 今年観た映画を回数が多い順に並べてみるとこんな感じ。

1位:映画「聲の形」 25回
2位:劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~ 21回
3位:咲-Saki- 8回
4位:映画けいおん! 4回
4位:ガールズ&パンツァー劇場版 4回
4位:君の膵臓をたべたい 4回
7位:夜明け告げるルーのうた 3回
7位:きみの声をとどけたい 3回
7位:劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~ 3回

 まさかの昨年に続いての映画「聲の形」が25回でTOPでした。ほんと大好きな映画でして、牛尾さんの生演奏付きの上映のために北海道まで行ったり、舞台挨拶で山田尚子監督とお話しできたのも良い思い出。

 2位はユーフォ、もうちょっと行くかなと思ったんですが、フィルムバーストがかからなかったんでこのくらいの回数に。前作の映画とは打って変わって、とても挑戦的と感じる構成に魅せられました。あと劇場で聴く演奏シーンがほんと良くて……。

 3位は咲-Saki-。本当はもうちょっと行きたかったんですが思ったよりも公開期間が短くて、このくらいしか行けず……。blogでも書いていますが、今まで咲-Saki-という漫画を好きで追いかけていたのはこの映画に巡り遭うためと感じるくらいに大好きです。岡本夏美さん演じるかじゅ先輩がイケメンでカッコよすぎて、他にも岡本夏美さんが出演されてる映画を観に行ったり、握手会に参加したりと自分の新たな扉を開かせてくれました。

 4位以下は4回・3回で団子状態に。「君の膵臓をたべたい」は、咲-Saki-主演の浜辺美波さんが出演されると+豊郷が出るということで観に行きましたが、浜辺美波さんの破壊的な可愛らしさと瑞々しい演技がとても良かったです。
 
 映画けいおん!、ガルパン、ユーフォ辺りはもうライフワークです。来年も何回が観に行きます。
「きみの声をとどけたい」も地味ながらも丁寧なつくりで好きな映画です。阿佐ヶ谷ロフトAでのトークイベントでサイン入りポスターが当選したのも良い思い出。
kimikoe20171207
 「夜明け告げるルーのうた」は、アニメってほんと良いなと感じさせてくれるステキな映画でした。こちらも機会あればまた観に行きたい作品です。

 よく行った映画館はこんな感じ。

1位:新宿ピカデリー 46回
2位:川崎チネチッタ 7回
2位:イオンシネマ幕張新都心 7回
4位:シネ・リーブル池袋 6回
4位:TOHOシネマズ新宿 6回
6位:目黒シネマ 5回
7位:シネマサンシャイン池袋 4回
7位:MOVIX亀有 4回

 今年もピカデリーが圧倒的でした。近くてそこそこ良い環境で便利な上に、SMTの次回観賞クーポンがお得すぎて死角がないです。2位、3位はほぼLIVE ZOUNDとULTIRA目当てですね。どちらももう少しウチから近ければ……。

 今年初めて行ったTOHOシネマズ新宿は設備も良いので、1日と14日のお安い日はこれからも積極的に利用していきたい所存。

 目黒シネマさんは、過去の作品の上映がとても気合入っていて大好きです。また来年も期待しています。

 月ごとにまとめるとこんな感じ。昨年に比べるとそこまで狂っていない……。

1月:11回
2月:7回
3月:15回
4月:5回
5月:5回
6月:6回
7月:6回
8月:14回
9月:11回
10月:20回
11月:18回
12月:6回

 自分的に好きな2017年公開の映画はこんな感じ。6位以下は複数あって、その時の気分でランキングが多少動きそう……。

1位:咲-Saki-
2位:劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~
3位:夜明け告げるルーのうた
4位:君の膵臓をたべたい
5位:きみの声をとどけたい

 今年は1本の映画を何回も……ではなく、種類を沢山観ようと地味に心がけてまして計52本観ております。うち実写映画も12本あります。洋画は変わらず0でした……。

 毎年1回は観ていた「たまこラブストーリー」と「砂の器」が今年はスクリーンで観られず残念。

 来年は「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」と「リズと青い鳥」がとても楽しみです。
2018年も楽しい映画ライフを。

 2014年から恒例となってきた、自分の備忘録としての1年間に観た映画まとめ。今年はあまりにも多かったんで6月の時点で一度まとめましたが、改めて1年を通して見てみたいと思います。

2016年上半期に観た映画まとめ
2015年に観た映画をまとめてみた
http://htt123.blog.jp/archives/1048841580.html
たまこラブストーリー観賞回数まとめ(2014年)

というわけで、今年観た映画のまとめはこちら。
movie_matome2016

 今年観た映画を回数が多い順に並べてみるとこんな感じ。
1位:映画「聲の形」 57回
2位:ガールズ&パンツァー劇場版 42回
3位:劇場版 響け!ユーフォニアム 37回(1回イベントのため途中退場あり)
4位:秒速5センチメートル 10回
5位:映画けいおん! 8回
6位:ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! 4回
6位:言の葉の庭 4回
8位:機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜 3回
8位:たまこラブストーリー 3回

 今年は「映画「聲の形」」が57回と圧倒的でした。ガルパンが昨年・今年と合わせても観賞回数52回なので、公開3ヶ月半にして既に上回っています。
 一時期は都内の映画館を制覇するという変な縛りを自分に課したために、色んな映画館で観てきましたが、結局はピカデリーが近くて安くて、それなりに映像や音もよくて便利だよねという結論に。12月31日から立川シネマシティ、年明けから塚口サンサン劇場でも上映が始まるので楽しみです。まだまだ観に行きたい。
 
 2位は「ガールズ&パンツァー劇場版」で、昨年と合計して52回、ちょうど1週間に1回ペースくらいで観てました。フイルムガチャに翻弄されたり、バレンタインのポストカードに踊らされたりしたのも良い思い出。結局、同志カチューシャのフイルムが来なかったのが無念です。
 映画館の音の設備に改めて注目することになったという意味でも印象深い映画です。(Ultiraは結局行けず仕舞いでした)
 セカイ的には、川崎チネチッタのLIVE ZOUNDが、凶悪な破壊力で好みでした。
 あと、塚口サンサン劇場のマサラ上映はほんと楽しかった。また参加したいですね。

 3位は「劇場版 響け!ユーフォニアム」で37回(1回イベントのため途中退場あり)、最初は総集編の映画は高まらないとか思っていましたが、黄前ちゃんを中心に再構築しスピーディーな展開となり、多少の矛盾は感じるものの、毎回楽しませてもらいました。
 映画館の音響で聴く「ライディーン」と「三日月の舞」がカッコよすぎて、それだけのためでも行く価値ありでした。
 途中から、画面の隅っこにちょこちょこと表示される喜多村先輩を追っかけるという新たな生きがいを見つけたり。
 こちらもガルパン同様、川崎チネチッタのLIVE SOUND上映、塚口サンサン劇場、立川シネマシティ、ULTIRAと各映画館の音を楽しませて貰いました。セカイはULTIRAが1番好みでした。
 
 4位は、「君の名は。」公開を記念して再上映の機会が多かった「秒速5センチメートル」。実は今年初めて観たのですが、すっごく心に引っ掛かってしまい、このモヤモヤ感を解消するために何度も観に行くことに。フイルム上映で何度か観ることが出来たのが良かったですね。
 
 5位は「映画けいおん!」、アミューあつぎ 映画.comシネマさんが2週間という長い期間上映してくれたおかげで、けいおん!充な1年でした。年末にあった洲本オリオンさんでの上映に参加できなかったのが心残りですね。

 6位以下はサラッと。
 「アンツィオ戦」は、ここに来て立川シネマシティで観られて嬉しかったですね。他にも音の良い映画館でやってましたが、なかなか観に行けず残念。
 「言の葉の庭」は、「君の名は。」効果で再上映多かったです。自分が初めて接した新海誠監督作品です。
 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜」は、一応ガンダム好きとして複数回観に行くのは当然と思っています。ガルパン観てると、ガンタンクやガンキャノンの砲撃シーンの音が物足りない気がします。
 「たまこラブストーリー」は、ほんと大好きな作品なんですが、今年は3回しか観られず。来年もどこかで上映してくれることを祈っています。

 映画「聲の形」に専念してたため、本来ならもう少し観ているであろう「君の名は。」や「この世界の片隅に」がまだ1回しか行けていないのが残念というか。

 昨年に引き続きチネチッタさんが魔法少女まどか☆マギカ[新篇]/[後篇]/[新篇]をLIVE ZOUNDで再上映してくれたのが嬉しかったですね。こちらも定期的に観返したい作品です。

 実写では、「砂の器」が好きすぎて今年も2回ほど観に行きました。また亀嵩行きたい……。

 よく行った映画館はこんな感じ。

新宿ピカデリー 64回
シネマサンシャイン池袋 20回
アミューあつぎ 映画.comシネマ 18回
川崎チネチッタ 13回
新宿バルト9 10回
下北沢トリウッド 9回
立川シネマシティ 8回

 ピカデリーが圧倒的。ピカデリーはウチのリビングです。
あと今年はチネチッタさんがLIVE ZOUNDで頑張ってくれて非常に嬉しいですね。過去の映画も再上映してくれたり、本当にありがたい。

 月ごとにまとめるとこんな感じ。
1月:17回
2月:12回
3月:6回
4月:13回
5月:23回
6月:22回
7月:9回
8月:11回
9月:29回
10月:31回
11月:23回
12月:10回
 9月・10月がほぼ毎日ペースで映画館行ってますね、ちょっとおかしい。

 そんな訳で今年は映画館で206回観賞(うち1回はイベントのため途中退場)という、昨年と比較しても3倍近い回数に。来年はそこまで注目作品ないので、昨年並みにしときたいです。

 久しぶりのblogがまたまた自分の備忘録という有様ですが、2016年上半期に観た映画をまとめてみました。
20160701_eigamatome
 前回は昨年末に2015年分をまとめたのですが、今年は映画観賞のペースが早すぎて1年分を総括すると大変そうなので半年分で。1月から6月で93回と、2日に1回映画鑑賞というハイペース。

参考:2015年に観た映画をまとめてみた
http://htt123.blog.jp/archives/cat_1183139.html 

 2016年上半期で観賞した回数の多い映画ベスト5は下記の通りでした。

1位:ガールズ&パンツァー劇場版 35回
2位:劇場版 響け!ユーフォニアム 24回
3位:映画けいおん! 6回
4位:ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! 4回
5位:秒速5センチメートル 3回

 1位と2位が圧倒的。ガルパンは昨年から合わせて46回ですね。一応、自分は中堅ポジションくらいの認識ですw

 ユーフォはMOVIX京都の舞台挨拶回が、その後の東京でのはやみんのお渡し会のために途中退席したので実質23回で。悔しくて死にそう……。

 まだまだガルパンもユーフォも上映が続いているので、もうちょい観に行くことになりそうです。

 映画けいおん!は今年も再上映の機会に恵まれ嬉しい限りです。7月にピカデリーでの上映もありますね。

 4位のアンツィオ戦は、地味に再上映が嬉しくてちょこちょこと通ったり。
 
 5位の「秒速5センチメートル」は公開から9年経っての初観賞で、今更ながらにすっかり引きずっております。

 昨年は全然観られなかったので、今年は実写映画も松本清張作品やちはやふる含めてちょこちょこと。
作品数でカウントしても22と、一応人並み以上には観ていると思います。

 よく行く劇場は下記の通り。

1位:新宿ピカデリー 18回
2位:シネマサンシャイン池袋 17回
3位:アミューあつぎ 映画.comシネマ 12回
4位:新宿バルト9 9回
5位:下北沢トリウッド 6回

 常日頃からシネマサンシャイン池袋ディスってる割にはよく行ってるという……。バルト9ではガルパンしか観ていません。

 あと自分の中でお正月に帰省がてらTOHOシネマズ 大分わさだに行くのとGWに福岡の中洲大洋映画劇場で京アニ作品を観るのがここ数年の恒例行事となっている。

 今年後半は「映画『聲の形』」や『君の名は。』等、期待している作品が多いので楽しみです。 

 冬コミ終了後、一息つく間もなく、京都に立ち寄ってたまたんイェイ〜!をしつつ大分まで帰省してきました。
 あと1時間で今年も終了ですが、今年は例年になく映画を観に行った気がするんで半券を元に一覧をまとめてみました。完全に自分の備忘録です。
因みに昨年は「たまこラブストーリー」だけで似たようなことやってますね。

 多分、漏れは無いと思うのですが、今年は73回ほど劇場で映画を観賞しております。5日に1回のペースで映画館に足を運んでますね。
movie_matome2015
 観た回数の多い映画を上位5つ挙げてみたところ下記の通り。飛び抜けて沢山行ってる映画は無いです。

1.心が叫びたがってるんだ。 13回
2.ガールズ&パンツァー劇場版 11回
3.たまこラブストーリー 7回
3.劇場版 境界の彼方 未来篇 7回
5.機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルティシア 4回

 年初はガルパンが圧倒的に観に行くんだろうなと思ったらここさけの方が多かったという。
いやガルパンはまだ前売り持ってますし、ここさけよりは行くことになると思うんですが……。

 「心が叫びたがってるんだ。」は純粋に良い映画だと思います。1日何回も、ってことは無かったですが気付けば毎週観に行ってました。色んな人におすすめしたい。順ちゃんかわいい。

 ガルパンは映像を観ていて本当に面白いですね。自分はカチューシャが最初に登場するシーンで、再びカチューシャに出会えた感動からついつい泣いてしまいます。多分、普通の人の泣くところはそこじゃないと思いますが……。

 自分的注目は3位に昨年の「たまこラブストーリー」が入っていること。まさか今年、7回も観に行けるとは思わず大変幸せでした。3/29の京都文化博物館での上映と、10/24の富山でのメディア芸術祭での上映に行けなかったのが大変無念なのですが、恐らく今年は日本で1番「たまこラブストーリー」を映画館で観ているのは自分じゃないかなと思います。

 来年には、シネマート心斎橋での「けいおん!中二病!たまこ!劇場版いっきみ上映会!」が決まっていますし、これからも可能な限り追い続けたいと思います。

 たまこと同様、今年も「映画けいおん!」を3回も劇場で観られたのは幸せでした。こちらもずっと愛し続けていきたい作品です。

 あとは、ずっと映画館で観たかった「飢餓海峡」や「エスパー魔美 星空のダンシングドール」を観られたのが嬉しかったです。ひょっとしたら今年観た映画の中で「エスパー魔美 星空のダンシングドール」が唯一のフイルム上映かもしれない……。

 今年は実写映画が「飢餓海峡」しか観に行けなかったのが残念ですね。新文芸坐さんでもなかなか魅力的なラインナップの時があったのですが忙しくて行けませんでした。

 行ってる映画館は新宿ピカデリーが28回と圧倒的に多いですね。次回割引鑑賞クーポンがオトクすぎるんで、もう他の映画館を使いたくない。シネマサンシャイン池袋も16回と多いですが、これは好きというより近所にあってレイトショー価格が設定されているからですね。塚口サンサン劇場さんは、音が大変素晴らしいんでまた来年も映画けいおん!とたまこラブストーリーを上映して欲しい。

 来年の映画では、山田尚子さんが監督される「聲の形」が楽しみ過ぎます。秋上映らしいので、その期間はスケジュールを完全に空けて臨みたいと思います。

 それではみなさま、よいお年を。 

このページのトップヘ