カテゴリ: 舞台探訪

 気付けば2017年9月18日の「3時間で松江市内のシノハユ舞台をまわってきました」以来、久しぶりの咲-Saki-舞台探訪記事。新道寺や小城をはじめ、それなりに探訪はしているんですがblogにまでまとめきれてなく……。

 青森で開催された「シャーマンキング展」に8月22日に行ったついでに、翌日は下北半島の恐山と「咲-Saki-」19巻文教堂特典の舞台に行ってきました。
shimokita_hayari

 当時のだーはらさんの発見報告を見て以来、下北半島だし公共交通機関で到達困難だろうなと半ば諦めていたんですが、何とバスで行けるとのこと。今回、2日間ご一緒しただーはらさんが恐山行きも含めた完璧なプランを立ててくれました。余談ですが、むつバスターミナルや下北駅でシャーマンキングの舞台探訪もしております。

《2020年8月23日の行程》
・青森駅06時53分発
 ↓青い森鉄道・八戸行
・野辺地駅07:40着
     08:05発
 ↓JR大湊線・大湊行
・下北駅09時01分着

・下北駅09時10分発
 ↓下北交通・恐山線
・恐山09時53分着
【恐山参拝】
・恐山13時00分発
 ↓下北交通・恐山線
・むつバスターミナル13時30分着
          14時40分発
 ↓下北交通・佐井線下り
・二枚橋15時19分着
【咲-Saki-舞台探訪】
・二枚橋発17時03分
 ↓下北交通・佐井線上り
・下北駅17時55分着

・下北駅発18時17分
 ↓JR・青い森鉄道 快速しもきた・八戸行
・八戸駅19:59着
    20:12発
 ↓JR新幹線はやぶさ48号・東京行
・東京23時04分着

 というわけで、はやりんの舞台に行くには下北交通佐井線の二枚橋停留所で下車後、大間線のアーチ橋を右手に見ながら少しだけ引き返します。
shimokita01
 すると、右手側に二枚橋地区防災広場(かつては小学校だったそうです)に向かう道がありますので、その途中が舞台となります。
shimokita02
 歩いていたらひと目で気付くレベルです。
近くには休日はお休みの個人経営の薬屋さんが1件あるのみなので訪れる際はお気をつけ下さい。

 撮影途中に1935年生まれの地元のおじいさんが通りかかって、大間線のアーチ橋について色々と教えて頂きましたが、おじいさんが子供の時に出来た戦時中の建築でコンクリートの寿命的にもいつ崩れてもおかしくなく、よく撮影している人が居るとのこと。

 アーチ橋を下から見上げたところ。年季が入った感あり。
shimokita04
 はやりんの舞台を反対側から、奥に見える自販機のあるお店がお休みだった薬屋さんです。
shimokita05
 アーチ橋をくぐった先には二枚橋地区防災広場があります。
shimokita03
 なお、自分の撮影はあっさり15分程度で終わったのですが、構図合わせの鬼と化しただーはらさんは少し長めの1時間半という滞在時間でも満足いく写真は撮れなかった模様。

 さて下北交通の二枚橋停留所ですが、下り側の道路にしか案内表示板の設置が無いようで(下り・上りどちらの時刻表も掲載してました)、帰り(上り)のバスが来た際には下り側の道路で思いっきり手を振って気付いて貰え停車してくれました。自信が無い方は隣の停留所まで歩いて移動した方が良いかもしれません。

 気になるバス料金は以下の通り。我々は恐山に寄ってからなので、むつバスターミナルから乗車しましたが、下北駅から直接行くことも出来ます。

 むつバスターミナル→二枚橋:660円
 二枚橋→下北駅:780円

 また今回は青森県内の電車移動には青春18きっぷを使いましたが、土休日限定ですが「あおもりホリデーパス」でもほぼ同等の2,520円で青森→野辺地→下北→野辺地→八戸の移動が可能です。

 下北交通は、バスターミナルに赴きがあったり、かつての大畑駅を停留所として利用し5分間停車してくれたりと、なかなか楽しめる路線でした。廃線探訪や自動車駅にときめく方にはクるものがあると思います。青森に来た際はぜひ。

下北交通むつバスターミナル
shimokita06
shimokita07
旧大畑駅
shimokita08
shimokita09
shimokita10
shimokita12
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「シノハユ」連載開始以降、はじめて山陰に行く用事がありましたので松江にも寄ってきました。今回は他にもまわるところがあり松江滞在は9月13日(水)夕方〜9月14日(木)午前中のみ、限られた時間の中で如何に印象的なシーンを効率よくまわるか考えてみました。

 まず山陰への移動はサンライズ出雲を利用。9月12日(火)22:00東京発のものを予定していたのですが、前日の伯備線内での倒木の影響で上り列車が運休になるというヒヤッとさせられる事態に。予定していた下り電車は無事に動いたのですが……。
sunrise01
sunrise02
 今回、自分ははやりん席では無かったので隣の部屋に人が居ないタイミングで撮影。
sunrise03

 サンライズはちょこちょこと乗っているのですが、ここ数年は全てのびのびシート利用で、怜ちゃん同伴したことなかったので、今回がまさに初体験。
sunrise04
sunrise05
 翌日13日(水)の朝9時過ぎに米子で下車し境港へ。水木しげるロードを心ゆくまで楽しんだ後、夕方には松江に移動し宍道湖の夕焼けをギリギリ撮影。
shino_matsue01
 宍道湖湖畔にあるニューアーバンホテルにチェックイン。このホテル、ロビーに『シノハユ』全巻並びに『はやりっぷ』が置いてあります。なんなんだこのホテル……。コミックスを持ってくるのを忘れちゃっても大丈夫。
shino_matsue03
 晩御飯食べに外出したついでに第31話「団体戦」扉絵に描かれている「カラコロ工房」さんがライトアップされているされているので撮影。
shino_matsue02
 14日(木)朝、ニューアーバンホテル本館9Fで朝ごはんを食べながら第4巻P134のカラー背景を撮影。コンデジだともう少し金網入らないで撮影できるかも。
shino_matsue04
 ご飯食べた後は、ホテルをチェックアウトし本格的に探訪開始。
まずは昨晩も行ったカラコロ工房周りの背景を回収。

 第31話「団体戦」扉絵
shino_matsue05
 少し松江駅方面へ移動して大橋で第18話(第4巻P132)見開きを撮影。
shino_matsue06
 大橋を渡りきったところで文教堂の咲-Saki-新刊同時購入特典の背景を回収。ここって「シノハユ」とは関係なく撮影名所になっているみたいですね。
shino_matsue07
 ここまで順調すぎて想像以上に早く終わりそうなので、少し引き返して第10話(第3巻P33)のはやりんの学校モデルである城北地区文化学習センターまで足を延ばしてみました。
shino_matsue08
 まだ時間がありそうなので、探訪とは関係なく松江城を撮影してみたり。
shino_matsue09
 探訪再開し第9話(第3巻目次)扉絵を回収。
shino_matsue10
 ホテルの近くなのにうっかり行きそびれていた第16話(第4巻P48-49)見開きを回収。
shino_matsue11
 宍道湖大橋を渡りながらシノハユ第3巻表紙を回収。
shino_matsue12
 宍道湖大橋を渡りきった後、もう少し歩いて川を超えたところで左手に曲がり第34話扉絵(第7巻)を撮影。
shino_matsue13
 あとは松江駅へ移動しシノハユ第3巻P47の駅へ通じる地下道の背景を回収。
shino_matsue14

 今回は時間が無いこともあり「シノハユ the dawn of age 舞台探訪マップ」と「はやりっぷ」を参考に、1.松江市街地で、2.徒歩でまわれる範囲で、3.カラーイラストの背景を中心にというコンセプトでgoogle mapとコミックスとにらめっこしながらルートを決めました。「シノハユ」は、松江市内だけに限っても範囲が広く数も膨大なので上記の自分みたいにある程度割り切って探訪しないと大変ですね。

参考:
シノハユ the dawn of age 舞台探訪マップ-島根エリア - Google
https://www.google.com/maps/d/u/0/viewer?mid=1uJRZKdq8nPymmBD_S7wJRG9UrzI&hl=en_US&ll=35.284272106974356%2C132.74390989999995&z=10
【コミケ告知】C90お品書き : ああ、あの牌? - livedoor Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加

 新道寺のオピニオン・リーダーのセカイです。
ヤングガンガンでの咲-Saki-の連載再開を祝して今年1月以来の新道寺に行ってきました。
哩さんが本誌に登場している最中に新道寺を訪問する喜び。

 さてさて、新道寺に降り立った際に感じた違和感。
kinoko01
 何と、今までは田んぼが広がっていた場所にきのこファームが出来ています。
kinoko02
 このきのこファームですが、阿知賀編5巻収録の第17局[大将]扉絵を撮影するにはギリギリかからない絶妙な場所に配置されています。コミックスと合わせず直感で撮影しましたが、こんな感じ。
kinoko03
 カメラを少し左に向けるとしっかり映り込みます。
kinoko04
 咲-Saki-の舞台の中では変化が少ない新道寺にも近代化の波が押し寄せているのだなと改めて。
mile_oide2s
このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月16日は永水女子の部長にして大将の石戸 霞さんのお誕生日です。かすたんイェイ〜!

 と言うわけで、お誕生日にあわせて「咲-Saki- 全国編」初回特典の新規描き下ろしコミックに描かれた霞さんの故郷である屋久島へ行ってきました。(去年ですが……)

 同行者は、霞さんが特記戦力?なステルスだーはらさん、ちっちゃいものに目がないてんぷろさん、そして当日の宿の手配から行程まできちっとまとめてくださった大三元四暗刻さんです。実はこのメンバーで2015年にも屋久島に行って(大雨に遭遇して)たり。 

 ちなみに3日間の行程はざっくりとこんな感じ。

7月16日(土):屋久島へ移動、屋久島の舞台探訪、屋久島泊
7月17日(日):地元のお祭りに参加、泳ぐ、屋久島観光(島内をぐるっと一周)、屋久島泊
7月18日(月・祝):近場の灯台をまわる、鹿児島へ移動、永水探訪、帰京

 当日は朝イチの飛行機で鹿児島空港へ。
 yakushima_20160716_01
yakushima_20160716_02
yakushima_20160716_03
 本当なら、鹿児島空港から屋久島への飛行機に乗りたかったのですがシーズンということで早々に売り切れ、一度鹿児島市街まで移動して高速船トッピーにて屋久島の宮之浦へ。

 屋久島到着後は手配してたレンタカーに乗って一湊へ移動し探訪を開始。
「この島には高そうな山がいっぱいですねー」 
yakushima_20160716_04
 時間があったのではっちゃんを見送りに屋久島空港へも足を伸ばしてみました。
yakushima_20160716_05
yakushima_20160716_06
  そして宿に戻って、霞さんのお誕生日を祝う儀式を粛々と執り行いました。怜ちゃんが居るのはご愛敬。
 yakushima_20160716_07
yakushima_20160716_08
yakushima_20160716_09
 今回、ケーキはピクトケーキさんにお願いしました。事前にネットで手配しておけばお宿に配送してくれます。
そんな感じで1日目は終了。 

 2日目は朝から一湊浜祭りを見学。
yakushima_20160717_01
yakushima_20160717_02
 地元の漁船に乗せて頂いて、海から昨日まわった咲-Saki-の舞台を見学。海から望む矢筈嶽神社はとても新鮮。
yakushima_20160717_03
  お祭り見学した後は、実に小学生以来ウン年ぶりに海で泳ぎました。
yakushima_20160717_04
  泳いだ後は、島内をぐるっとレンタカーで一周。

 屋久島灯台。
yakushima_20160717_05
  屋久島灯台まわりの景色がとてもステキでした。
yakushima_20160717_06
yakushima_20160717_07
 途中、ヤクシカに遭遇したり
yakushima_20160717_08
ヤクシマザルも沢山見かけました、かわいい。
yakushima_20160717_09
 大川の滝へも行ってきました。
yakushima_20160717_10
yakushima_20160717_11
yakushima_20160717_12
 放牧されている牛を見かけたりもしました。
yakushima_20160717_13
 そんな 感じで屋久島の2日目は終わり。2015年は大雨で観光的な事が何も出来なかったんで、すごく満喫した感があります。
 
 3日目は、朝からお宿近くの一湊灯台に行ってきました。ここからの海のブルーの色がとても美しい。
yakushima_20160718_01
yakushima_20160718_02
 名残惜しいですが宮之浦まで移動してトッピーに乗船、鹿児島へ戻ります。
yakushima_20160718_03
  鹿児島に来たら定番のお菓子、加治木饅頭を食べねば。
yakushima_20160718_04
yakushima_20160718_05
  いつも通り永水を軽くまわってみたり。まずは丸尾温泉周辺を。
yakushima_20160718_06
yakushima_20160718_07
 そして霧島神宮へ移動。
 yakushima_20160718_08yakushima_20160718_09
 永水探訪3回目にして、ようやくはるるの通学路も行けた。これで永水はコンプ。
yakushima_20160718_10
 途中寄った神話の里公園に九面のオブジェがあったので姫様に従わせてみました。
yakushima_20160718_11
yakushima_20160718_12
yakushima_20160718_13
  2015年探訪時は梅雨の時期に行ってしまったために、大雨に見舞われ色々と悔いが残ったのですが、2016年の成果は大満足です。屋久島は見どころ多くて、屋久杉とか全然見ていないのでまた行きたいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日5月10日は千里山女子高校のエース園城寺怜ちゃんのお誕生日です。「怜たんイェイ〜!」
日頃は新道寺や哩さんに傾倒していますが怜ちゃん大好きですよ。

 毎年、哩さんはそれなりに盛大にお祝いしているものの、怜ちゃんに関しては慌ただしく予算も乏しいGW明けということもあり、あまりお祝い出来ていませんでした。

 今年はその無念を晴らすべく、怜ちゃんが(一応)特記戦力というだーはらさんと全力でお祝いしてきました。

 まず、お誕生日会の会場に選んだのは、劇中で千里山女子が宿泊したことでもお馴染みの「ザ・ペニンシュラ東京」。勿論、今回がはじめての宿泊となります。まさに初体験。
tokitan01_20170510
 ペニンシュラは15:00からチェックイン出来るのですが、用事片付けたりケーキを取りに行ってたらすっかり遅く19:40にチェックイン。因みに気になるお値段は、朝食込みで2人合わせてレプリカ副票1枚分強くらいでした。時間無くて入れなかったけどプールとかもあるよ。

 アニメでも出てきたロビー。
tokitan02_20170510
tokitan03_20170510
 自分たちが泊まったフロアしかチェックしませんでしたが、廊下はアニメと完全一致せず。
tokitan04_20170510
 上記アニメのように壁の両側どちらにも部屋がなく、片側のみでした。
tokitan05_20170510
 内装を適当にペタペタと。
tokitan06_20170510
tokitan07_20170510
tokitan08_20170510
tokitan09_20170510
tokitan10_20170510
 セーラも呼んでみました。
tokitan16_20170510
「ガンバレー、玄ちゃんファイトーっ!!」のシーンっぽく。
tokitan21_20170510
 怜ちゃんと竜華の2人で入れるバスタブ&お風呂周りはこんな感じ。因みに洗面台は2つありました。贅沢なつくり。
tokitan11_20170510
 怜ちゃんと一緒にお風呂入りたいだけの人生だった。
tokitan12_20170510
tokitan13_20170510
 シャンプー愛飲勢に向けてのサービス画像。
tokitan14_20170510
 晩ご飯には、ルームサービス頼みました。カレーが凄く美味しかった。
同行者のだーはらさんは「刻の一滴」という、怜ちゃんをお祝いするに相応しい焼酎を注文。
tokitan15_20170510
 一通り、ノーマルな状態での撮影を楽しんだところで、怜ちゃんのお誕生日を祝うスペシャルな飾り付けを。
トキ・オーナーズ・クラブ(TOC)
tokitan17_20170510
 合わせ鏡のもたらした軌跡の1枚。
tokitan18_20170510
 怜ちゃんとお風呂に入ってみたり。
tokitan19_20170510
tokitan20_20170510
 5月10日0時のお誕生日瞬間に向けて最後の追い込み。全体図はこんな感じ。tokitan22_20170510
tokitan26_20170510
 セカイ's 怜ちゃんコレクション(STC)
tokitan24_20170510
 だーはら's 怜ちゃんコレクション(DTC)
tokitan25_20170510
 お誕生日ケーキはこちら。今回は以前、別件で頼んだことがあるパティスリープウポンさんにお願いしました。
tokitan23_20170510
 すばらっ!クオリティが高くてちょー満足です。
ペニンシュラでの開催ということで、ペニンシュラで寛ぐ怜ちゃんをイメージ。
tokitan28_20170510
 怜ちゃんがリーチした時の青いリーチ棒をイメージしたろうそくに火を灯してみました。
tokitan27_20170510
 都内に家がある自分にとってペニンシュラ宿泊はなかなかにハードル高かったのですが、これだけ楽しめるんだったら、新幹線利用での京都1泊旅行くらいの予算感で収まりましたし有りかなと思います。
mile_tan03_20170416
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ