2020年12月

 2014年から恒例となってきた自分の備忘録としての1年間に観た映画まとめ。今年はコロナ禍のため、全く映画を観に行けない月もありと波乱の1年でした。自分も映画鑑賞趣味に対して多少思うところもあり自重気味で、久しぶりに3桁割り込みました。

2019年に観た映画まとめ
http://htt123.blog.jp/archives/1076568861.html
2018年に観た映画まとめ
http://htt123.blog.jp/archives/1073561892.html
2017年に観た映画まとめ
http://htt123.blog.jp/archives/1069445789.html
2016年に観た映画まとめ
http://htt123.blog.jp/archives/1063461751.html
2016年上半期に観た映画まとめ
http://htt123.blog.jp/archives/1058950174.html
2015年に観た映画をまとめてみた
http://htt123.blog.jp/archives/1048841580.html
たまこラブストーリー観賞回数まとめ(2014年)
http://htt123.blog.jp/archives/1016711394.html

 というわけで、今年観た映画のまとめはこちら。
movie2020

 今年観た映画を回数が多い順に並べてみるとこんな感じ。

1位:リズと青い鳥 19回
2位:映画「聲の形」 9回
3位:たまこラブストーリー 4回
3位:劇場版SHIROBAKO 4回

 今年封切られた映画で1番行ったのは「劇場版SHIROBAKO」の4回で、あとは全てリバイバル上映という有様。緊急事態宣言後に、「リズと青い鳥」「映画「聲の形」」の上映があったため、そればかり観に行ってました。

 よく行った映画館はこんな感じ。

1位:新宿ピカデリー 18回
2位:神保町シアター 15回
3位:TOHOシネマズ池袋 11回
4位:グランドシネマサンシャイン 8回
5位:ユジク阿佐ヶ谷 6回
5位:川崎チネチッタ 6回

 昨年は新宿中心だったんですが、TOHOシネマズ池袋が出来たおかげで池袋がかなり盛り返してきました。やはり徒歩圏内にあるのは強い。神保町シアターは「ドラえもん映画祭2020」のおかげですね。
ユジク阿佐ヶ谷はミニシアターなのに席に傾斜があって好きな映画館だったんですが、残念ながら休館に。

 月ごとの観賞回数はこんな感じ。先述の通り「ドラえもん映画祭2020」の影響で2月が、緊急事態宣言後のリバイバル上映の影響で6月が多いです。

1月:5回
2月:23回
3月:2回
4月:2回
5月:0回
6月:21回
7月:8回
8月:6回
9月:5回
10月:6回
11月:2回
12月:5回

 自分的に好きな2020年公開の映画はこんな感じ。ランキングは昨年同様にその時の気分でムラが出そうなんで箇条書きでいくつか挙げておきます。

劇場版SHIROBAKO
ドラえもん のび太の新恐竜
劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
感謝離 ずっと一緒に

 今年は過去作多めですが種類は50本とそこそこ観てまして、特に「ドラえもん映画祭2020」で、公開時以来、または初めての劇場鑑賞という作品が多々ありました。自分は新旧問わず「のび太の魔界大冒険」「のび太と鉄人兵団」が好きだということを再認識したり。

 あと実は、ビデオやDVD、テレビ放送でも観たことのなかった名作といわれる作品を劇場で沢山観られたのが嬉しいですね。実はこの辺の作品は本当の意味で初鑑賞でした。
幻魔大戦
シン・ゴジラ
風の谷のナウシカ
もののけ姫
AKIRA 4Kリマスター版
PERFECT BLUE
千年女優
東京ゴッドファーザーズ
パプリカ

 来年も、今年くらいの本数に落ち着きたいところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【開催延期のお知らせ】
本イベントですが、緊急事態宣言を受け春に延期となりました。
延期日程は2月以降に発表予定です。
詳細はシネマノヴェチェントさんのWebサイトにてご確認下さい。2021/1/8追記

 2017年の公開開始から、年を跨いで2018年からの下北沢トリウッドでの上映、その後もリバイバル上映が行われ根強い人気を誇る映画「きみの声をとどけたい」、セカイも公開時は劇場に何度も足を運び、阿佐ヶ谷ロフトAであったトークショーや、トリウッドでの上映、劇場公開1周年記念の応援上映等々、楽しい思い出がいっぱいある大好きな映画の一つです。

 今回、1月30日(土)は伊藤尚往監督と音楽を担当された松田彬人さんをお招きして音楽制作の中心に、1月31日(日)は脚本の石川学さんとキャラクターデザインの青木俊直さんに制作舞台裏などを語って頂く予定です。

 トークショー後にはサイン会、撮影会も予定しております。
「きみ声」ファンの方、お見逃し無く!
kimikoe20171207

■概要
日時:2021年1月30日(土)/31日(日)14:00〜
会場:シネマノヴェチェント(横浜市)
料金:前売8,000円/当日9,000円
 新年会費5,000円
チケット発売日:12月4日(金)からシネマノヴェチェントWebサイトにて販売
※申込をするとシネマノヴェチェントから振込先の案内メールが届きます。
振込期限は案内メール送信から5日以内となります。
もし申込から1、2日経ってもメールが届かないようでしたら、迷惑メールフォルダ等を確認の上、シネマノヴェチェントまでお問い合わせ下さい。

30日ゲスト:伊藤尚往さん(監督)、松田彬人さん(音楽)、セカイ(司会)
31日ゲスト:石川学さん(脚本家)、青木俊直さん(漫画家/キャラクターデザイン)、セカイ(司会)

タイムテーブル:
14:00〜「きみの声をとどけたい」上映
15:35〜休憩
15:50〜ゲストによるトークショー
17:30〜サイン会
18:15〜新年会(予定)
20:00頃散会予定
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ