桜高鉄道倶楽部れんらく帳

2018年01月

 1月20日から映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」の公開が始まりました。

 公開初日から毎日観賞していますが、いやもうほんと最高ですね……。今まで積み重ねてきた咲-Saki-大好きな自分の思いがこみ上げてきてOPの映像から泣いてしまいます……。自分はこんな映画が観たかったんだ。

 さてさて、そんなすばらっな映画について、メガホンを取った小沼監督をお招きしてとことん語って頂くというイベントを2/11に阿佐ヶ谷ロフトAさんで開催します。

映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」公開記念トークショーを開催します!

2018年2月11日(日・祝) OPEN 12:00 / START 13:00
会場:阿佐ヶ谷ロフトA
前売¥2,500 / 当日¥3,000(共に飲食代別)
前売はe+にて1/6(土)12:00発売!

【出演】小沼雄一(監督)、いのけん(司会)、セカイ(司会)他
 有り難いことに咲-Saki-のイベントにも拘わらず出演者が男性3人しか告知されていない状態でチケット完売という大変嬉しい状況。

 と言うわけで大変お待たせしましたが、皆様お待ちかねのゲストについて、白水哩役の高田里穂さんと安河内美子役の琴海りおさんの出演が決定しました。
event_guest20180211
 日頃から新道寺のオピニオンリーダーを自称していたセカイですが、流石にこの展開には狼狽えております(笑)。

 映画の内容やキャストのお二人への質問を「#咲実写イベント」「#教えて咲実写」のハッシュタグでtweetして頂けたら、時間の許す限りイベント中に取り上げます。

 イベントを楽しむためにも、ぜひぜひ映画館へ何度でも足を運んで気になるところをチェックしてみては如何でしょうか?

 「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」完成披露がバルト9とT・ジョイPRINCE品川の2ヶ所で計7回行われました。最速上映であるバルト9の16:00回には行けませんでしたが、T・ジョイPRINCE品川の19:30上映回には行けました。ここは新道寺のオピニオンリーダーとしてはハズせなかった……。

日時:2018年1月11日19:30回上映前
会場:T・ジョイPRINCE品川シアター8
登壇者:
千里山女子高校 咲良菜緒、小倉優香、水春、島崎莉乃
新道寺女子高校 矢野優花、琴海りお、岩崎春果、高田里穂、岡崎紗絵
※敬称略
(当日の並びは左から、水春、咲良、小倉、島崎、琴海、岩崎、岡崎、矢野、高田でした。)

 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですがトークショーの様子を纏めてみました。一部聴き逃しやメモ間違い微妙なニュアンスの違い等あるかもしれませんが雰囲気だけでも味わって貰えたら幸いです。()内は自分の補足です。

※映画上映前の舞台挨拶なので、基本的にはネタバレはありません。
achiga20180111_01
achiga20180111_02

---
竹内:みなさんこんにちは、プロデューサーの竹内(崇剛)です。
これから登壇者の入場になります、まずは千里山からどうぞ。(千里山入場)
続いて新道寺の皆さんどうぞ。(新道寺入場)

今日は、高田さんが司会となります、よろしくお願いします。

高田:白水哩役の高田里穂です。今日は映画の見どころや魅力について話したいと思います。

矢野:花田煌役の矢野優花です。今日のトークから映画まですばらっな時間にできたらと思います。

岡崎:鶴田姫子役の岡崎紗絵です。
この日を迎えられて嬉しいです。

岩崎:江崎仁美役の岩崎春果です。
とっても楽しい作品になっています。

琴海:安河内美子役の琴海りおです。新道寺で1番身長低いのに、映画では1番大きい設定ですので、その目で見て貰えたらと思います。

島崎:船久保浩子役の島崎莉乃です。
このトークをおえて映画ならではの世界を存分に楽しんで貰えたら。

小倉:清水谷竜華役の小倉優香です。
よろしくお願いします。

咲良:園城寺怜役の咲良菜緒です。
今日最後の舞台挨拶です。
ネタバレしないように気をつけて沢山話したいです。

水春:江口セーラ役の水春です。
映画楽しめるようにどんどん話したいです。

(若干の間)

高田:あれ、もう全員言いましたっけ?
(16:30からの回に登壇してた新井愛瞳さんが)一人居なくなったんですね。

ではまず、自分が演じたキャラのこのシーンに注目して欲しいというのを挙げて下さい。

咲良:リーチするときに、リーチ棒をズル無しで立てたのでその成果を見て下さい。ドーンと映ります。(水春さんの指でリーチ棒やってもらって会場で実演しました)

高田:私たち新道寺は、リザベーションするのか、「すばらっ」や「なんもかんも政治が悪い」言うのか名言が沢山あるので……

琴海:私、名言ない……。

高田:(安河内美子は)身長高い。
名言あるので、それがあるのか見て貰えたら。

自分が演じたキャラ以外で好きな役やお気に入りのシーンは?

水春:怜が担架で運ばれるシーンで、怜ちゃんが映ってるとこで話す言葉がかわいい。表情、台詞、顔が可愛くてお気に入りです。

矢野:フナQが隙です。
分析もですし、腹黒なのも(笑)

島崎:ホント?嬉しい。
フナQっておっさんなんですよ。
監督とも、そんな話をしながら役作りしました。
モニタ見ながら解説してるシーンも「競馬してる親父」をイメージしてます。
そんなところも注目してくれたら。

副将戦で高田さんと一緒でしたがリザベーションが最高。

(登壇者多数から):あー、(ネタバレを)言っちゃった。

岩崎:セーラが好きです。
セーラみたいに男の子っぽい役やってみたいです。
カッコイイ、凄く好きです。

水春:セーラやってる時は自分も「オレ、イケメンじゃない?」って思ってました(笑)

小倉:ずっとキュンキュンしてました。

島崎:(二人並んでるところが)セーラと竜華で付き合ってた設定でした。

水春:また(セーラの)ウイッグも被りたい。

小倉:私は怜かな。大好きなんです。
普通に怜もやってみたいです。
竜華とのセットが好きです。

島崎:姫子と哩のコンビは?

高田:姫子は特別に可愛かったです。
(今日の並びで間に矢野優花が居るのは)わざと離されたんだと。

岡崎:一緒に戦った淡ちゃんはパワーが凄かったです。
下級生なのに……。

高田:阿知賀編は、特殊能力が炸裂してて特撮を見ているようでした。
そんなところも楽しみにして貰えたら。

琴海:作品に入るまでは怜がツボでした。病弱でボブですごく可愛い。
作品に入ったら、竜華のスタイルに目を奪われ、ボディが目に入り……、膝枕ってどうい気持ち?

咲良:1番近くでこの(小倉優香の)ボディを見てた。
膝枕シーンの撮影は後半にあったんで(これまでの撮影の)ご褒美でした。
外で天気よくて最高でした。

水春:遠くから(撮影を)見てたけど、女子高生が外で膝枕してるるのってカメラまわってなかったら「あっ」て思いました。

琴海:ぜひあとで(膝枕を)お願いします。

高田:自分の役以外の台詞で「これ言いたい」ってのは?

咲良:やっぱり「すばらっ」

矢野:リザベーションもカッコイイ。

高田:リザベーションは普段使いできない。

水春:言ってみたかった台詞というか、実際はカットされてしまったんですが、後半にフナQと対局を見てるシーンでフナQの推測に「ほんまかいな」って言う台詞があって、何十回も練習して何回もやった(撮影した)のにカットされてた。
ここで言ってるんだろうなと予測しながら見て貰えたら、そこに注目して下さい。

高田:撮影の思い出は?

矢野:新道寺は撮影終わって御飯行ったのが楽しかったです。

高田:初回ですぐにLINEグループつくった。

岩崎:パスタ食べに行ったね。

高田:春果ちゃんは最年少の14歳で私が23歳なんで1番年齢差が大きいチームです。

矢野:春果ちゃん本当に可愛い。
(私たちの知らない)学校の友達の話とかしてくる。(学校の)何々ちゃんに似ているとか。

高田:千里山はどうですか?

島崎:撮影が終わるのが夜遅くで終電もあってご飯は一度も行けなかった。

咲良:特に私が名古屋に住んでいるんで……。

水春:新道寺と千里山は九州と関西で方言チームですね。
自分は、クセの強い関西の芸人さんのトークを見て勉強しました。
年配のガチガチの芸人さん。

高田:対戦での思い出は?

矢野:先鋒戦はモノローグの間を取るのが大変で、雀卓の下で足でツンツンとして「言ったよ」って伝えた。

高田:1人1人のモノローグが多かった。

咲良:照が凄かった。照ちゃん凄い。

矢野:(浜辺)美波ちゃん自身は照とは違った可愛さがあった。

島崎:副将戦の撮影の合間に4人でカレーを食べました。

高田:映画ではバチバチ(とバトル)なので行けて良かった。

水春:なんだこれって言うようなベーコン(が入ったお弁当が)が出てきた。スーパーで売ってるブロックのままドーンって。「あ、これがアニメ実写のお弁当なんだ」って思った。

麻雀の練習の時、まだこの子が同じ高校ってのが分からなくて、仲良くなったと思ったら「敵じゃん」ってのがありました。

高田:そろそろ時間なので。
今回の裏話と重ねて映画を観ると、また面白いと思います。
咲-Saki-の輪をSNSなどで広げて貰えたら。

岩崎:「#咲実写」

高田:ありがとう14歳。

竹内:登壇者のみなさん、ありがとうございました。


追伸:品川に居たのに見損ねた……。

 実写版の阿知賀編のOP・ED曲「笑顔ノ花/春〜spring〜」のCD発売を記念したリリースイベントがありました。前作は、都内ではタワーレコード渋谷店での開催でしたが今回はソフマップ アミューズメント館と、よりアイドルイベントっぽい会場チョイス。

日時:2017年12月29日18:00
会場:ソフマップ アミューズメント館8Fイベントスペース
出演:桜田ひより、伊藤萌々香、恒松祐里、渡邉幸愛
※敬称略
sofmapevent20171229_01
 本イベント、CDのリリースイベントでありながら歌のお披露目はなくトーク+ミュージックビデオFull Ver.上映+お渡し会+撮影会という流れ。お渡し会と撮影会に参加するためにはCDを積む必要があります(DVDでも良いですが)。

 お渡し会&撮影会に参加するための条件は下記の通り(ソフマップのページが消失してたので近代麻雀漫画生活さんより引用)。自分は初回版と通常版のCDを1枚ずつ購入してお渡し会まで参加しました。会場で新たに予約して特典券を追加することも可能でした(カード決済もできます)。CDだけでなくTVドラマのDVDも対象ですので、沢山のCDを買うことに抵抗のある方はコチラをチョイスするのも有りかと思います。
いずれかCD1枚前金予約→整理番号付イベント入場券1枚
いずれかCD2枚前金予約→整理番号付イベント入場券1枚+特典お渡し会参加券1枚
いずれかCD4枚前金予約→整理番号付イベント入場券1枚+特典お渡し会参加券2枚
いずれかCD10枚前金予約→整理番号付イベント入場券1枚+グループショットチェキ撮影券1枚、もしくは、整理番号付イベント入場券1枚+特典お渡し会参加券5枚
いずれかCD12枚購入→整理番号付イベント入場券1枚+特典お渡し会参加券1枚+グループショットチェキ撮影券1枚
いずれかCD20枚購入→整理番号付イベント入場券1枚+グループショットチェキ撮影券2枚
いずれかDVD1枚前金予約→整理番号付イベント入場券1枚+グループショットチェキ撮影券1枚
いずれかDVD1枚+CD2枚前金予約→整理番号付イベント入場券1枚+特典お渡し会参加券1枚+グループショットチェキ撮影券1枚

 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですがトークの様子を纏めてみました。一部聴き逃しやメモ間違い微妙なニュアンスの違い等あるかもしれませんが雰囲気だけでも味わって貰えたら幸いです。
---

桜田:こんばんは。高鴨穏乃役の桜田ひよりです。
短い時間ですがよろしくお願いします。

伊藤:新子憧役の伊藤萌々香です。
年末のこの時期にお集まり頂きありがとうございます。
(エトペンを抱えて)和ちゃんのエトペン連れてきました。

恒松:皆さんこんにちは。松実玄役の恒松祐里です。
こういうイベントやったことないのでよろしくお願いします。

渡邉:松実宥役の渡邉幸愛です。
年末に皆さんにお会い出来て嬉しいです。
よろしくお願いします。

司会:まずはドラマ撮影について聴いていきたいと思います。
今日のお客さんの中で、ドラマご覧になられてるかた手を挙げてもらえますか?
(会場から沢山の挙手)

本日の衣装は阿知賀にちなんでピンクが入っていますね。
撮影の中で印象に残ったことは何でしょうか?
渡邉:一緒に麻雀の練習をしたことです。
おかげで撮影前から仲良くなれ楽しかったです。

伊藤:初めての麻雀練習でアコシズの2人でダブロンを出したことです。

司会:年明けから映画公開ですが、どんな仕上がりでしょうか?

渡邉:実はまだ観られていないので、(会場の)皆さんと同じ気持ちで観ます。

司会:CGがすごいことになっていますね。

恒松:みんな可愛かったです。

伊藤:出演者のそれぞれのストーリーが沢山描かれてて、誰を応援したらいいか迷ってしまいました。

司会:皆さんOP、EDを歌唱されています。OPの「笑顔の花」がスタッフでとても評判が良いです。

伊藤:撮影の合間にもついつい歌っちゃいますね。

渡邉:いまこの曲を目覚ましにしています。前奏の「トゥルン」で起きられます。
歌が始まる前に目覚ましを止められます。

司会:桜田さんはしっかりした録音は初めてですよね。

桜田:人前で歌うのが初めてで本当に緊張しました。

司会:前回(「君にワルツ」)は浅川さん(浅川梨奈/原村和役)が引っ張ったという風に聞いていますが。

渡邉:あの子、引っ張れるんですか?(笑)

伊藤:(所属している)フェアリーズはかっこいい曲が多いんで、アイドルアイドルした曲は初めてでした。憧に寄り添って歌いました。

渡邉:(所属している)SUPER☆GiRLSとは違う曲ですが、普段と変わらず声が太く宥っぽくは歌えなかったです。

恒松:以前、合唱部の役(映画「くちびるに歌を」の仲村ナズナ)でレコーディングしたことはありますが、こうやってアーティスト活動してる方と一緒に歌う機会は今後ないかと思うので、凄い感動しました。

司会:C/Wの「春〜spring〜」は知っていましたか?

渡邉:今回初めて聞きましたが私達の声を乗るのがとても不思議な感じです。

司会:映画で「春〜spring〜」がかかってどうでしたか?

恒松:作品のイメージに合ってて余韻に浸れます。

司会:ミュージックビデオの撮影についてお聞きしたいと思います。
撮影はどんな感じでしたか?

伊藤:穏と憧はあのシーンだね、としか言えない。
1か所、ひよりちゃんにサプライズ的なことをしました。

恒松:ソロ撮ってる時にサプライズしたの?
私その時、お弁当食べてた。

渡邉:私も観て「何だこれは!」って思った。

司会:え、そのシーン気づかなかったんですけど……。
この後、ミュージックビデオをフルで上映しますんで、そのシーンを確認します。
楽曲のお気に入りのところとかありますか?

渡邉:楽曲で好きなのは、サビの歌詞が響くなと思いました。
Dメロの歌詞が好きです。「まるで触れた瞬間〜♪」が本当にぴったり、響くんじゃないかな。

恒松:「一人じゃないから〜♪」が阿知賀っぽくて好きです。
みんなのことを思って麻雀してるのが阿知賀っぽいなって。

伊藤:ドラマ観てた方には分かるかなと思いますが、「ここからはじまる 新しいー♪」って入るところが「あたらし」って呼ばれてる感じがします。

桜田:PVの歩いてクロスするところが、歩んできた道が違ってもみんなが揃って、そこがドラマや映画になっているんじゃないかなと。

司会:5人のユニゾンのところが好きですね。
それぞれ別のグループに属している子もいるのに、とても良いです。

(会場で「笑顔ノ花」ミュージックビデオを上映)

司会:最後に一言お願いします。

渡邉:今日は来てくれてありがとうございます。
こういうイベントは新鮮で楽しかったです。CDと映画もよろしくお願いします。

恒松:今日は(12月)29日なのに来てくれて本当にありがとう。
今年もお疲れ様でした。
来年は阿知賀編が28日(間違い指摘され、ニャーで猫だから28日が頭にありました)20日に公開になりますので、観に来てもらえたらと思います。皆さんが映画でも盛り上がってくれたら。
CDもよろしくお願いします。

伊藤:本日はお集まりいただきありがとうございます。
グループのメンバー以外とステージに立てて嬉しいです。ドラマと映画の応援よろしくお願いします。
CDもぜひ手にとって貰えたら。

桜田:みなさん、本当にありがとうございます。
私もこういうイベント滅多にやる機会がないので、皆さんの顔が観られて嬉しいです。
特別編、映画と続くので応援して下さい。

---
トークショー終了後のお渡し会で貰えたクリアファイルはこちらになります。
sofmapevent20171229_02

 タイトル通り、実写版阿知賀編の特別編がMBSで最速で放送されるので、視聴のために関西に行ってきました。新道寺のオピニオンリーダーは動く哩さんを観るための労を惜しまない。

 細かな気づきや感想などを連連と。観賞した勢いの更新ですので見落としや勘違い等あるかもしれません。(録画して見直したりはしていません)
 あとネタバレもありますので嫌な方はここで読むのを止めて頂けたら。






























 特別編は阿知賀、千里山、新道寺、白糸台の4校のエピソードで構成。

 阿知賀のエピソードは、各県の2位と練習試合をするエピソード。予告通り、菊地麻衣ちゃん演じる天江衣と永尾まりやさん演じる龍門渕透華が登場。一、智紀、純君の3人は透華の「メンバー全員揃っている訳ではないが……」とのコメントより何らかの事情で阿知賀との練習試合には参加できなかった模様。透華が何回もハギヨシを呼ぼうとするので凄く期待してしまいましたが残念ながら画面には登場せず。映画でも、予告されているかじゅ先輩とモモ以外は厳しいんでしょうねぇ……。

 長野県予選のビデオを見ながら灼の一言「私、(和と)会ったことないけど戦っていいの?」

 他、三箇牧の荒川憩についての言及もあり。(ビジュアルは無し、残念……)

 千里山エピソードは、阿知賀女子とSAでの出会い+怜シフトの話。うなぎドッグではなくホットドッグに変更になっていました。バスはマイクロバスでした。(画面に映るのは1台だけですが、全部で4台あるとのこと)

 新道寺女子のエピソードは実写オリジナルのメンバー選出の話。監督と哩さんの相談から、哩さんが部長として選出メンバーを発表。エース(である哩さん)が白糸台に全く刃が立たないからの方針変更。劇中では会話で語られていたシーンが映像化されるっての良いですね。画面に映った限り新道寺の部員は24人くらい居そう。
 「なんもかんも政治が悪い」もあり。

 哩さん、ちょーイケメンで話し方もカッコイイ。スカートは原作通りに短め。リボンの色は紺色。自分が哩さんに感じる魅力って、イケメンでカッコイイのに可愛いリボン付けてたりスカートが短めだったり意外と女子してるところのギャップがたまらなく好きなんですが、その辺をうまく汲み取って再現してくれてると思います。感謝しかないです。

 白糸台は、本編の白糸台過去編のエピソードまで回収してて良いなと感じました。こういった本編のエピソードをうまく追加してくれるのも実写版の制作陣が咲-Saki-を好きでいてくれると感じられる部分で本当にありがたいです。
 
 そして遂に発表されましたが、照を演じるのは前作で咲ちゃんを演じた浜辺美波さん。ここまで徹底的に秘密にされてきたんで、もう浜辺美波さん以外有り得ないと思っていましたが、改めて発表された照さんは咲ちゃんの時とは大分イメージ違って、とても良い感じです。浜辺美波さん凄いと思いました。このキャスティングで唯一の不満が、今後実写版のさらなる続編がつくられて、2人が同じ画面に登場するようになったらどうなるんだろ?ってことですね。
 あとはEDでオフショット的な画像が幾つか流れたのですが、まいひめの相合傘に大興奮。ありがとうございます。あとは羊先輩と美子さんが同じジュースにストロー2本挿して飲んでいたのが気になりました。

ED終わったところで来週から始まる「賭ケグルイ」の告知映像が流れ、浜辺美波さんが宮永照から蛇喰 夢子に变化するのが最大のオチ。浜辺美波さんの変わり様に驚き驚き驚き(「きみの膵臓をたべたい」より山内咲良(浜辺美波)風に)。

 C93冬コミ、無事に終わりました。当日は桜高鉄道倶楽部にお越し頂きありがとうございました。
多少、出すグッズの種類を抑えましたが相変わらずウチのスペースは賑やかな感じでした。
c93_20171230
 前日告知にも拘わらず、新道寺探訪MAP2017ご指名の方もいらっしゃり嬉しい限りです。
あとウチのグッズ使ってる方もチラホラいらっしゃいましてほんと嬉しかったです。
 ようやく落ち着きましたので、冬コミの新作グッズ「2018カレンダー」「清水谷駅駅名票キーホルダー」とりんしゃんかいほー!15で好評だった「タコ子&キョタ美 マグネット」をBOOTHに追加しました。
2018cal_11
simizudani_key
tacoco_01
冬コミ来られなかった方のご利用をお待ちしております。

桜高鉄道倶楽部-KIOSK- - BOOTH-


このページのトップヘ