桜高鉄道倶楽部れんらく帳

2017年06月

 極上音響で名高い立川シネマシティにて、映画「聲の形」Blu-rayに収録された新規音声トラック“inner silence”の極音上映会開催が開催され、音楽を担当された牛尾憲輔さんの舞台挨拶がありました。

 前回に引き続き、“inner silence”上映後の舞台挨拶をレポート。今回は専門的な用語やアートに関する牛尾さんの考えの話もあり、いつにも増して難しめな内容でした。正直、捉え方が間違っている箇所などもあるかもしれませんので、違いがあればご指摘頂けると幸いです。

日時:2017年6月24日15:30回上映前/上映後
会場:立川シネマシティ
登壇者:牛尾憲輔
司会:ポニーキャニオン 中村
※敬称略
inner_silence03
前回記事:牛尾憲輔さんが語る「聲の形 inner silence」観賞への3つの心がけ
http://htt123.blog.jp/archives/1066601088.html
関連記事:幼少時の将也のイメージ「ハンバーグ」は牛尾さんが元ネタ!?映画「聲の形」スタッフトーク付上映会レポート(登壇者:山田尚子、牛尾憲輔)
---

中村:“inner silence”ご覧いただきありがとうございます。

牛尾:お客さん残ってた(笑)

中村:では、“inner silence”上映も終わったところで、作品についてじっくり語ってもらいたいと思います。繰り返しになるかもしれませんが、最終的な“inner silence”の成り立ちについて教えて頂けますか。

牛尾:「聲の形」をつくるにあたって、山田(尚子監督)さんと、コンセプトワークとして作品に合う絵画や彫刻などの抽象的な話がコアにあって、コンテや音楽になりました。作品の根底にあるものとして、コンセプトワークの初期では体内の音というイメージがあった。これは将也が耳を塞いでいても聞こえる、耳が聞こえない硝子でも聴くことのできる音で、世界がどうしても許してしまう音です。

耳を凝らすと入ってくる小さな音やノイズなどの世界を取り囲む音を作品の音楽の中に取り込みたいと思い、衣擦れやピアノのイスの音等々、作品に取り込みました。

「聲の形」は将也の成長譚で、彼の物語として生きるための練習、それは人とコミュニケーションを取るためにトレーニングで、(映画の)2時間9分の中で将也を取り巻く世界の美しさを知ります。

人生の練習として、さらにこの後に世界の美しさを知るような練習曲、指の運びの練習をするだけでなく曲の美しさを知るというコンセプトから、バッハの「Invention」が導き出されました。

体内の音として、ピアノの弦やハンマーの音も取り込んでいます。

この「Invention」を(映画の)2時間に引き伸ばすとどうなるんだろうと拡大したものが“inner silence”です。
エンタテイメントの形に押し込んだのが本編で使用されている楽曲です。

最初につくった“inner silence”の原型からBlu-ray収録用に今回の“inner silence”が出来上がりました。

中村:最初にこのコンセプトを思いついた時の感想はどうでしたか?

牛尾:素晴らしい発想だなと。
「聲の形」は7巻分の原作を2時間にしているので、(駆け足になりがちな)体感時間をゆっくりとしたものにしてくれ、その意味でも凄いと思いました。
すぐにつくって中村さんに送りました。

中村:大興奮でしたよね。

牛尾:鶴岡さんに怒られるかと思ったら、凄くノリノリだった。

中村:みんなノリノリでやっちゃいなよという感じでしたよね。
“inner silence”を形にしようということになった際、制作時にはどんなことを考えましたか?

牛尾:“inner silence”は本編が終わった後に制作をはじめました。「Invention」をアナリーゼ(解析)すると3分割できたのでそれぞれ本編に対応させた。“inner silence”の「ゴー」って音もピアノの音と元につくっています。

将也の練習は最後の文化祭での耳から手を離すシーンで終わりになりますので、「Invention」も文化祭で終わるので、その後はlit(var)を消化して盛り込みました。
ひとりよがりでなくて、コンセプトワークのルーツを大事にしようと心がけました。

中村:“inner silence”はよく聞くと時間軸によって肌触りが違ったりうねりがあったりしますが、何レイヤーくらい使っています?

牛尾:レイヤー数は少ないですが、1回の演奏で色々な表現をつくっています。

中村:シンセサイザーならもっと簡単に色々な表現ができたかと思いますが、何故ピアノにこだわりましたか?

牛尾:ノイズをコントロールするために、例えば実家のピアノはズレがあるんですが、そういうったことを把握している必要がありました。

劇場がピアノの中にあるようなイメージです。鍵盤が叩かれると、ピアノ内部での動きや音があり最後に押された鍵盤が跳ね返る音までも響くような。

中村:ここで少し販促しても良いでしょうか。
きゃにめにて「聲の形」のパッケージを購入すると“inner silence”のOriginal Sound Trackが付いてきます。

映画『聲の形』Blu-ray 初回限定版

牛尾:本編のサントラのB盤のジャケットと合わせるとめっちゃかっこいい。

牛尾:話したいこと話していいですか。
ネットで「“inner silence”は硝子の視点なのかも」という意見を見まして、Blu-rayでは最初“inner silence”を選択したら自動で字幕がONになる設定にしようかという話もあったんですが、やはり文化祭のシーンでこれは将也の話だということになり、コンセプトワークの時からずっと将也の話だったんだなと思いました。

中村:Blu-rayではメニューの音も牛尾さんが新規で描き下ろしたんですよね。

牛尾:メニューをつけっぱなしにしたらプレイヤーがスリープしてしまってエンドレスで聴けないという。

中村:2016年年末に「聲の形」極音上映会用に監修した際に立川シネマシティの音響を想定して“inner silence”をつくられたとか。

牛尾:最高の環境で上映して頂いて感謝です。2回、3回と上映できたらいいなと思います。
ベンヤミンが『複製技術時代の芸術作品』で、写真などの複製技術時代の芸術作品ではアウラが凋落すると指摘しているが、特定の劇場のために調整した音響で1度だけ映画を上映することは、映画という複製作品にアウラをもたらすんでしょうか、誰か芸術哲学を専攻されている方とかいらっしゃったらコメントとか頂けると。
inner_silence05
24 JUNE 2017 ONE DAY ONLY

中村:最後に牛尾さんから一言。

牛尾:こんなハードコアな企画にお越しいただきありがとうございます。これも「聲の形」のもつ力だなと思いました。また通常版の極音上映とかもやりたいですよね。

中村:(スタッフに確認しながら)あ、あと15分くらいあるんですね。

牛尾:何か質問ある方とかいらっしゃいます。

質問1:過去の山田尚子監督、鶴岡音響監督がタッグを組んだ作品をどういう風に捉えていますか?

牛尾:「たまこラブストーリー」が好きです。特にみどりちゃんが好きです。
彼女があの年で抱えている悩みが自分には理解出来ないことが凄く理解できた。触感をすごく的確にとらえていると思いました。

自分に「聲の形」の話が来た時は死ぬかと思いました。
「聲の形」の話を頂いてからは、怖くて観られないです。ファンだった時代には全部観ていました。

質問2:「聲の形」上映当初、字幕について聴覚障害をテーマにしているのに字幕有りの回が少ないと問題になりましたが、今回の“inner silence”で字幕を付けなかったのは何故ですか?

牛尾:字幕を今回外したことについて、聴覚障害をテーマに扱っているが、それが主題ではないからです。
あくまでも将也の物語で、たまたま彼の側に聴覚障害者がいただけで、字幕をつける必要性を見出だせなかったからです。
inner_silence04
質問3:作品づくりにおいて偶然がハマることもあるかと思います。偶然と必然かについてどう思いますか。

牛尾:偶然生まれてきたものと、自分自身で考えて生まれてきたものがあり、そこに作家性が出るという考えもあります。
偶然生まれてきたものを許す、これを選択したのも僕の作家性です

中村:時間になりましたので最後に一言お願いします。

牛尾:本当に来て頂きありがとうございます。
理解ある方に恵まれ幸せです。
皆さんに支えられつくることができました。スタッフ一同にかわりお礼申し上げます。

 「仏ゾーン」連載時からずっと好きな武井宏之先生のサイン会に今回、初めて参加することが出来ました。
多感な時期に大好きだった先生のサイン会なんで、いつもにも増して緊張しっぱなしでした。

 トークコーナーもありましたので、レポートにまとめてみました。(一部オフレコっぽい発言ありましたので、その部分は念のために伏せてあります)

日時:2017年6月25日(日)12:30(開場)/13:00(開演)
会場:アニメイト新宿店

---
takei01
似顔絵と同じ被り物をして武井先生入場
(会場笑)

編集Y田:ではまず先生から軽く挨拶をお願い致します。

武井:雨の中、遠いところからありがとうございます。
以上です。
(会場笑)

編集Y田:猫ヶ原3巻の出来は如何でしょうか。

武井:気負わずやっているので逆に申し訳ない。早い時は3日で終わらせています。実は裏で色々とやっています。

編集Y田:(台本めくりながら)いきなり今日、削りましょうと言ってた質問が来ましたね。お話できる範疇で発表できるものはありますか?って言う……。
では早いですけど、来場者からの質問コーナーに移りたいと思います。

質問1:麻葉童子がかなり酷いとtwitterでありましたが、どのくらいなのでしょうか。twitterでもかなり引くと。
武井:言ったら引きますよ。
大人になった麻葉童子のシリーズです。二十歳くらいで、すごい甘えん坊。これ以上は本当に言えない。青年誌とかそういう話になりそう。もうちょい具体的な要望貰えれば詳しく話せますが例えば「僕の母さんになれよ」アレ、みんなに言ってます。みんな怒りません?そんな麻葉童子です。

質問2:仕事で恐山行かれたそうですが、今まで取材した中で1番印象的だったのはどこでしょうか?

武井:島根の電車のホームとかのんびりで良かった。これみよがしなハードなものより、空気感的なところが好きです。

質問3:ナタリーさんのインタビューで模型屋さんやりたいとありましたが、どのような模型屋さんでしょうか。いま作っているプラモとかありますか?

参考:少年マガジンエッジ創刊記念特集、武井宏之「猫ヶ原」インタビュー

武井:昔ながらのさびれた模型屋さんです。小さなお店で明日にも潰れそうな。模型屋さんの空気が好き。あまり上手ではないが一所懸命つくったプラモデルが飾られているといいですね。
プラモデルは一度つくりだすとやばい。
(仕事あまりしていないように見えるが)意外と外に出せない仕事をちょいちょいやっています。

質問4:twitterでよく昔のイラスト公開されていますが、アナログからデジタルに移行して変わったことはありますでしょうか。

武井:特にはないですが仕事は早くなりました。
以前は、コピックでのカラーは自分でやっていましたが、デジタル移行の初期はアシスタントに塗ってもらっていましたが、今は自分で出来るようになったので、デジタルに移行した初期よりは時間とられるようになりました。
ペンタブは怖くて出来ないんでマウスを使っています。愛用のマウスが既に品切れで困っています。
原画はアナログでやっています。

質問5:ノラ千代は何歳くらいですか?

武井:45ちゃいです。
ショー斗は17、8歳くらい、獅子若は28歳くらいです。今考えました。

質問6:武井先生がキャラクター描いていて楽しい部分はありますでしょうか?

武井:(悩みながら)最初は感情が入りやすい目から描くんで、目なんでしょうか。

質問7;林原めぐみさんのファーストライブにシャーマンキングの音声ドラマがありましたが、あれは先生も関わられたんでしょうか。

武井:事前に林原めぐみさんから台本来ましたんで見ましたが、破綻なく、キャラクターを理解してくれてた上に、未来に希望を持たせている話しですごい助かりました。

質問8:猫ヶ原はノラ千代はじめ色んな猫がいますが、猫の大きさとか顔つきとかどういうところから考えているのでしょうか。

武井:猫についてはビジュアルから割とアドリブで考えています、大きいのとか小さいのとか見ながら名前考えています。最初は猫の種類も色々考えていましたが、すっかり無くなりました。

質問9:ダッシュマシン以外で好きなミニ四駆は何でしょうか。

武井:世代なのでドラゴンシリーズ大好きです。サンダードラゴン好きです。

質問:先生同志の交流とか声優さんとの交流とかあれば教えてください。

武井:交流について、和月組って俗に言われるやつは続いていて年に2、3回みんなで集まってホームパーティをやっていますが、最近は家族会になってきました。

編集Y田:最後にメッセージをお願いします。

武井:今日は本当にありがとうございます。僕からは全部作品でメッセージを出していければと。

---
この後、武井先生の原画&私物をかけてのクイズ大会
賞品となった先生の原画はこちら。(クイズ大会の勝者の方のご厚意でサイン会中展示されました)
takei02
---
クイズ大会修了後の挨拶

武井:もし最後に質問とかあれば

質問:FLOWERSとユンボル、いつまでも待っています。

武井:ありがとうございます。FLOWERSもユンボルも全部拾うつもりです。年末辺りで良い発表ができれば。雑誌が無くなると作品を発表することも出来なくなりますので、マガジンエッジをこれからも応援して頂けたらと思います。

---
サイン会では、すっごい悩んだのですが聖少女アイアンメイデン・ジャンヌちゃんを描いてもらいました。「仏ゾーン」から好きでしたと先生に話しかけておきながらシャーマンキングのキャラクターをリクエストするという……。
takei07
なお今回はお土産として、クイズ大会の賞品となった原画の複製4枚がプレゼントされました。立派な紙に綺麗に印刷されていて凄く良いです。
takei03
takei04
takei05
takei06

 極上音響で名高い立川シネマシティにて、映画「聲の形」Blu-rayに収録された新規音声トラック“inner silence”の極音上映会開催が開催され、音楽を担当された牛尾憲輔さんの舞台挨拶がありました。

 上映前と上映後に舞台挨拶があったので、先ずは上映前の舞台挨拶から。牛尾さんから“inner silence”を観るにあたっての心がけについて説明がありました。
inner_silence01
inner_silence02
日時:2017年6月24日15:30回上映前/上映後
会場:立川シネマシティ
登壇者:牛尾憲輔
司会:ポニーキャニオン 中村
※敬称略

 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですがトークショーの様子を纏めてみました。一部聴き逃しやメモ間違い微妙なニュアンスの違い等あるかもしれませんが雰囲気だけでも味わって貰えたら幸いです。
---
中村:「聲の形」で音楽制作を担当したポニーキャニオンの中村です。本日はよろしくお願いします。

牛尾:「聲の形」音楽担当の牛尾です。“inner silence”の上映、本当にやっちゃいましたね。

中村:埋まるかどうか本当に不安でした。みなさん、どういう上映かわかってらっしゃいますよね?(笑)
今日は特殊な上映になります。

牛尾:控えめに言って特殊です。

中村:“inner silence”最初で最後の上映になるかもしれません。本日来られているお客さんは改めて“inner silence”の説明をしなくても大丈夫ですよね?

では、上映時の心がけを牛尾さんにお願いします。

牛尾:つくったものに対して製作者側から「こういう風に観て下さい」というのは心苦しいですが、内容が内容なので、比較的見やすい見方をお教えできたらと思います。

1.作画に集中。
京都アニメーションさんによる世界最高峰の気合が入った作画です。
このクオリティが何故、定時帰りでつくれるんでしょう。
通常上映だと、喋った話者を観たり、効果音の元を辿ったりするかと思いますが、“inner silence”ではそういった音がないので純粋に作画を楽しめます。
自分も改めて、話していない時の植野のダラっとした顔がかわいいとか、水門市の風景が綺麗だとか再発見できました。

2.寝る
(会場から笑い)
寝るためにどれだけ音響調整を駆使したことか……。
ライブも含めて、こんなに気持ち良いステージは人生に一度あるかどうか、陶酔してみてください。

3.前のめりに前傾姿勢で観る
通常の映画は、受動的に情報を受けているかと思いますが、この“inner silence”ではぜひ能動的に、例えばこの場所にはどんな風邪が吹くのか、匂いはどうなのか等考えながら観て下さい。

“inner silence”は立川シネマシティに合わせて音響調整してつくりました。
とてもハードコアな内容になりますが、これからの2時間楽しんで頂けたらと思います。

 小沼監督やキャスト陣を招いて、映画「咲-Saki-」Blu-rayの発売を記念したトークショーを開催します。実写版 咲-Saki-製作委員会様にもご協力頂く公式イベントとなります。

 漫画の実写化につきまとうネガティブなイメージを払拭し、見事に2.5次元世界を構築した実写版「咲-Saki-」ですが、小沼監督やスタッフ・キャスト陣がどのようにフィルムを創っていったのかを、今までは舞台挨拶やインタビュー記事などでしか知ることができませんでした。
 
 しかし、映画の舞台挨拶ではどうしても限られた時間となってしまい、多くの方がもっと話を聴きたいと思ったことでしょう。そんな思いに応えるべく、たっぷりと時間を取ったトークショーを企画させて頂きました。

 当日は、小沼監督が如何に実写版「咲-Saki-」を創り上げていったか、じっくりと語っていただきたいと思います。

 また、実写版「咲-Saki-」を彩ったキャスト陣もご出演頂けるよう現在 最終調整中です。決まりましたら、また改めて告知させて頂きます。
 
 本イベントを通して、もっと実写版「咲-Saki-」の魅力に気付いて貰えたら幸いです。

イベント概要はこちら。
-----
イベント名:映画「咲-Saki-」Blu-ray発売記念 トークショー
日時:7/23(日) 18:00(OPEN)/18:30(Start)
チケット料:2,500円(前売り)/3,000円(当日)
※未就学児の方は入場無料、小学生以上は要チケット
前売はe+にて6/18(日)12:00発売!
※e+販売ページはこちら
※6/18現在は完売状態となっていますが入金待ち状態のものもございますので、こちらが成立しなかった場合には再販売もございます。その際はまたアナウンスさせて頂きます。
※6/22(木)朝10:00〜若干数ですがキャンセル分を販売します。
※6/24(土)チケット完売しました。ありがとうございます。当日券の販売はございません。
出演:小沼雄一(監督)、小篠恵奈(井上 純 役)、山地まり(津山 睦月 役)、いのけん(司会)、セカイ(司会) ※7/5 出演者情報更新しました

 2016年夏に衝撃を与えた本格美少女麻雀物語「咲-Saki-」実写化のニュースですが、小沼監督はじめスタッフの丁寧なつくりこみとキャストの好演によって、漫画の実写化につきまとうネガティブなイメージを払拭し、多くのファンに好意的に迎え入れられました。

 今回は、この実写版「咲-Saki-」の劇場版Blu-rayの発売を記念して、TVドラマ・映画でメガホンをとった小沼監督を招いてのトークショーを開催。小沼監督・スタッフ・キャストが、実現が困難とされる2.5次元世界の構築に如何に挑んだか、制作にあたっての秘話やエピソード、こだわり等を語ります。
-----

※7/5 追記
当日、井上 純 役の小篠恵奈さんと、津山 睦月 役の山地まりさんのお二人にご出演頂けることになりました。


お二人への質問等も含めてハッシュタグ「#咲実写イベント」またはblogのコメント欄にてご意見お待ちしております。

また、当日はバップさんの物販(会場限定特典付き)もあります。

 既に新歓からは一ヶ月以上経ってしまいましたが「桜高新入生歓迎会!!7じかんめ」及び「うさぎ山大バザール2」にお越しいただきありがとうございました。

 お陰様で、どちらのイベントでも新刊&グッズご好評いただき嬉しいです。
「桜高新入生歓迎会!!7じかんめ」設営の様子。今回も品数多すぎてイベント開始ギリギリでした。
shinkan7_01
 途中、せっちゃんが音楽室の黒板に描いた唯ちゃんとかも。
shinkan7_02
 「うさぎ山大バザール2」は新京阪まーけっと君と一緒にサークル参加でした。
今回は割とうまく設営できた。
usagiyama2_01
 この2つのイベントですが、どちらも作品の舞台となった場所での開催ということで、通常の即売会では得られない充実感。ほんと楽しかったです。

グッズの一部や新刊についてはBOOTHで通販もしていますので、興味ある方はぜひ。

桜高鉄道倶楽部-KIOSK-

このページのトップヘ