桜高鉄道倶楽部れんらく帳

2016年02月

 2月28日に自分にとってはすっかり恒例となった京阪大津線の「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車の貸切オフ会に参加してきました。

参考:京阪大津線「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車貸切イベントに参加してきました
 今回はいきなり、本来はユーフォ電車が走らない京阪京津線の四宮駅に集合してのスタート。
四宮駅にユーフォ電車が入線するレアな光景。
eupho_off20160228_01
 四宮駅に停車するユーフラッピング電車。住民は大歓迎ですぞ!
eupho_off20160228_02
 一度、追分方面に引き返し1番ホームに改めて入線。
eupho_off20160228_03
 発車までの時間で、マイスター達による車内の飾り付けが行われます。
セカイ飾り付けのけいおん!コーナー。
eupho_off20160228_04
 ここにあずにゃんのクッションカバーを飾ったのは、麗奈ちゃんの隣に並べたかったからです。
eupho_off20160228_05
 澪ちゃんも来たぞー。
eupho_off20160228_06
 たまこコーナー。
eupho_off20160228_07
 サンフェスの麗奈ちゃんのデカ布ポスター良いね。
eupho_off20160228_08
 けいおん!優先座席。
eupho_off20160228_09
 西住殿。
eupho_off20160228_10
 たまゆらよりかおたん。
eupho_off20160228_11
 ローソンのクリアファイル、これだけ並ぶと壮観ですね。
eupho_off20160228_12
 ユーフォのヘッドマークその他。
eupho_off20160228_13
 京阪百貨店コーナー、八代亜紀の破壊力たるや。
eupho_off20160228_14
 貸切の証、「団体」幕。
eupho_off20160228_15
 今回の行程は、四宮→浜大津→石山寺→近江神宮前でした。
乗車時間がいつもの貸切より長めなので、久しぶりに車内飾り付けも力が入りいっぱい楽しめました。

 そして今回の終点、近江神宮前に到着。
一度、降車してから今度は錦織車庫での撮影会に。

 今回は鉄道むすめのラッピング車両も撮影用に準備して頂きました。これ元はけいおん!ラッピング電車だったんですよね。
eupho_off20160228_17
 友人自作のあすか先輩ヘッドマーク、ウチのあずにゃんヘッドマークと並べてみました。中の人的にムギちゃんヘッドマークと並べたい。
eupho_off20160228_18
 定番のゆいあず。
eupho_off20160228_29
 友人の京阪百貨店の松本零士の世界展ヘッドマークと。掲出期間が短く運用中は見られなかったので、実は車両に付けられた状態は初めてだったり。
eupho_off20160228_19
 大正義八代亜紀。
eupho_off20160228_20
 京阪百貨店の夢のコラボレーション。
eupho_off20160228_21
 かおたんといっしょ。
eupho_off20160228_22
 オフ会主催者新京阪まーけっとさんコレクション。
eupho_off20160228_23
 唯ちゃんの中の人が豊崎愛生さんなので「あき」つながりで。
eupho_off20160228_24
 まだ走っていない麗奈ちゃんと緑輝ちゃんの組み合わせ。
eupho_off20160228_25
 たまこヘッドマーク。
 
eupho_off20160228_27
eupho_off20160228_26
 終了間際に同志カチューシャのタオルを持ってきたいたのを思い出したので、急遽飾り付け。
eupho_off20160228_28
 という訳でいつも通りのカオスな貸切イベントでした。
大好きなアニメのラッピング車両を借りきって、好きなように車内を装飾し、普段では有り得ない路線を走るのって、なかなか出来ない貴重な体験ですよ。

 興味おありの方は、次回何かあった際はぜひ。
特にヘッドマークお持ちの方は、貸切イベントで取り付ける度に減価償却されていくのを感じられますよw

おまけ 車庫に停めてあった京阪車輌。
eupho_off20160228_16 

 自分にしては珍しく、ぽにきゃんの抽選に当選したので新宿ピカデリーでのトークショーに行ってきました。
eupho_bdevent01
 いつも通り自分の雑なメモからレポート起こしました。微妙なニュアンスの違いや意味の捉え間違い等もあるかと思います。もし明らかな誤記がございましたらご指摘頂けると助かります。
あと今回はざっくりと端折ってる箇所が多々あります。流石に全部追い切れなかった。

日時:2016年2月13日(土)18:00〜19:00
会場:新宿ピカデリー
出演:安済知佳(高坂 麗奈 役)/黒沢ともよ(黄前 久美子 役)/豊田萌絵(川島 緑輝 役)/朝井彩加(加藤 葉月 役)
※当日の左からの並び順です、以下敬称略。
eupho_bdevent02
●劇場版のアフレコを振り返って
安済「劇場版のアフレコが先日行われました。全編アフレコし直しました。」
「1年前のちょうど今頃、ユーフォの1話を録っていましたが、(その時の芝居が)若いなと思った。」
「1回リセットして、録り直すのが難しかった」

朝井「1回録ってあるので過去の自分へのプレッシャーを感じた」
「またフラレ直した」(笑)

黒沢「TVシリーズ全13話を凝縮したのでキャラクターとの距離感が難しかった。TVシリーズからの人も劇場版が初めての人にも違和感がないように気をつけた。」

安済「また楽器がやりたくなった」

朝井「私、特技をチューバにしてます。事務所のホームページも変えてもらいました」

参考:朝井彩加 | 青年座映画放送 オフィシャルサイト 
黒沢「まるまる2日間かけてアフレコしました。部員みんな集まって録音しました。丁寧に録り直して貰いました。」

安済「1日目のアフレコ後に4人でご飯食べに行ったけど、今までで1番酔いました(笑)」

黒沢「今までで1番飲んでるから(笑)」

●劇場版の主題歌について
黒沢「今回、劇場版の主題歌も新しく「DREAM SOLISTER Movie Ver.」となっています。これは昨年の洗足学園でのイベントでも披露された吹奏楽Ver.です。よりしっとりとしたものになっています。」

●「劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~」予告編公開を見て

黒沢「久美子は今までナレーションだった部分がモノローグになっていたり、逆にモノローグだった部分がナレーションになっていたりしています。」

●バレンタイン企画!『リバーシブルB2ポスター』を見て
eupho_bdp03
eupho_bdp01
eupho_bdp02
安済「麗奈のチョコが滝先生に、頑張ったね麗奈!」(その後えんえんと興奮のあまり叫び声が劇場にこだまする)

朝井「秀一はチョコ貰えてない」

●目指せ全国!!
出演者の今年の目標をそれぞれ叫んで貰いました。

朝井「自分に負けたくない」
「走ったりもしていますが、その足ですぐにお菓子買っちゃう。」

豊田「ちゃんと生活をする」
「私料理しないし、ラーメンばっかり食べてるし、そもそも炊飯器が手の届かないところに設置してあって、ご飯炊いたことをすっかり忘れて中を緑色にしたことが……」
安済「私も一度、緑色にしたことがあって、その炊飯器は捨てました。以降は土鍋でご飯炊いています」
豊田「ピンク色のウォッシュレットを買ったら、そもそもトイレが白だったのでカマボコみたいになった」

黒沢「家を出る時に鍵を忘れない」
「マンションの部屋の鍵とゴミ捨て場の門の鍵が共通で、家を出る際にゴミ捨て場にゴミを捨てに行き、そこを開けた後、鍵を挿しっぱなしで出かけて帰宅するまで鍵の事をすっかり忘れていたことが10回以上あります」
安済「家のドアに挿しっぱなしはあります」

安済「寝ながらゲームをしない」
「私、枕元に破魔矢が無いと寝られない人で、スマホを充電しながら寝転がってゲームするとコンセントの位置の都合上足元に破魔矢が来てしまって、そのまま寝ると金縛りにあいます」

●バレンタイン特別企画 秀一ワングランプリ
塚本秀一役の石谷春貴さんに関するクイズに回答して貰い、1番正解した人に石谷さんからバレンタインチョコが贈られます。

1.「石谷春貴さんが好きな「女性の仕草」は?」
安済「髪をかきあげる」→☓
黒沢「チャイナドレス」→☓

答え:「はにかんだような笑顔」

全員「つまらない」

2.「自分が落ち込んでいる時に女性にかけてほしい言葉は?」

答え:「自分を肯定してくれる言葉(がんばってると、とか)」

3.「おそらく北宇治カルテットのみんなに知られていないであろう秘め事は?」

答え:「クリスマスイブの夜、1人で某夢の国の城の前に行ったことがあります。何をしたかは秘密です」

4.「石谷さんの女性に作って欲しい料理は?」

答え:「煮付け(里芋やたけのこ)。優しい味付けが好きです」

5.「最近ハマっていることは?」

答え:「少女マンガを読むこと(最近とある少女マンガを大人買いしてしまいました)」

結果、朝井さん2問正解、黒沢さん、安済さん、豊田さん1問ずつ正解で朝井さんが優勝し、石谷さんからチョコを貰えることに。

スクリーンに石谷さんからのムービーが流れるが、髪をかきあげる仕草などに場内から爆笑が。
北宇治カルテットの4人からもこの映像をディスクで欲しいとの声がありました(笑)。
黒沢「NON STYLEの井上っぽい」

●抽選会
劇場告知ポスターに出演者のサインを入れて会場の席で抽選し5名にプレゼント。

●最後のあいさつ
安済「ありがとうございました。今年もまた、この北宇治高校の制服を着て皆さんのお目にかかることがあるかと思います。」

豊田「4/23に公開される映画では、緑輝として本編よりも強い子になっているので、そういう視点でも観てもらえたら」

朝井「TVシリーズよりもリアルを追求しました。気持ち新たに収録したので観る方にも楽しんで頂けたら」

黒沢「本日は予告をお届けできて嬉しいです。次はAnimeJapan 2016でもステージがあるので、またそこでもお会いできたら」

●物販
当日は、劇場で2/14から発売のバレンタイン企画「リバーシブルB2ポスター」付前売券の先行販売があり、3枚まとめて買うとポスター全種が揃いました。 
 eupho_bdp04

 特典の「Art Works set(冊子+描き下ろしカード)」が欲しくて京アニショップでせっせと「響け!ユーフォニアム」のBlu-rayを予約購入していたセカイです。

 昨年12月でBlu-rayリリースも一段落し、7巻まで買えば1回くらいは当選するかな〜と思ってた「直筆サイン抽選プレゼント企画」に関しては何ら音沙汰なく諦めてたところ、今月になって7巻の当選分の色紙が我が家にも着弾。
yamada_sign02
 サインは崇拝してやまない山田尚子監督(「響け!ユーフォニアム」ではシリーズ演出担当)でした。
嬉しくて死にそう。
 
 折角なので、以前のサイン会で頂いたものと比較してみました。
yamada_sign01
違い1:サイン会では宛名の敬称が「さま」と平仮名表記でしたが今回は「様」と漢字表記
違い2:名前の「こ」の字の最後がハートマークだったものがキャラクターに変更
違い3:今回は日付表記は無し
違い4:「ありがとうございます!!」のメッセージが追加
違い5:「尚」判子が無い→山田尚子監督が絵を描いたり監修したりしたわけじゃないからかな。 

 逆に前回と変わらない特徴としては宛名の「●●さま(様)へ。」と最後に句点を付すところでしょうか。
京アニショップで買い続けてて本当に良かったです、ありがとうございました!

追伸 なお本日は、来週の「「劇場版 響け!ユーフォニアム〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜」劇場公開記念スペシャルトークイベント」のチケットと「第2回京アニ&Do ファン感謝イベント」のグッズが同時に着弾、まさに京アニからのバミューダアタックでした。

 「「かっこいい」それは咲-Saki-にとって大切なことかな」(CV:能登麻美子)
154_06

 ガルパンネタが続くセカイです。エキシビジョンってガルパンでしか聞いたことないくらいには世間のことに疎いです。

 それはさておき第154局「奮起」にて全新道寺勢が泣いた大発表が行われました。
それは「5位決定戦」。
154_01
 洋榎ちゃんの語るところによるとセーラと戦うことになるので、準決勝戦敗退の4校「新道寺女子」「千里山女子」「姫松」「有珠山」の4校で行われるのでしょう。

 2013年3月の阿知賀編完結後、我々新道寺勢は年に一度、あるかないかの咲日和「新道寺の巻」にすがることで何とか生命をつないできました。
こんなに嬉しいことはない。

 さて、ただ喜んでばかりはいられないので、今回発表された「5位決定戦」ならびに「決勝戦」について考察を進めたいと思います。

 実はセカイは以前から決勝戦と決勝戦後に行われる個人戦の日程について気になるところがありましたので、改めて整理してみましょう。

 咲-Saki-本編102局(11巻111P)での、和のスマートフォンの表示より阿知賀女子・千里山・白糸台・新道寺女子の4校が争った左ブロック準決勝戦が8月11日であることが判明します。
154_02
 「咲-Saki- 世界で起こったことをひたすら時系列順に並べただけのまとめ」さんを元に拙著「遠征ハウマッチ!?」でも整理しましたが、インハイは下記の日程で進行しています。

咲-Saki- 世界で起こったことをひたすら時系列順に並べただけのまとめ

8月 4日:抽選会・開会式(午前9時~)
8月 5日:インターハイ1日目「左上ブロック1回戦」新道寺女子初戦
8月 6日:インターハイ2日目「左下ブロック1回戦」阿知賀女子初戦
8月 7日:インターハイ3日目「右上ブロック1回戦」宮守女子・清澄・姫松高校初戦
8月 8日:インターハイ4日目「右下ブロック1回戦」有珠山初戦
8月 9日:インターハイ5日目「左上ブロック・左下ブロック2回戦」(阿知賀女子/千里山女子/劔谷/越谷女子)
8月10日:インターハイ6日目「右上ブロック・右下ブロック2回戦」(清澄/姫松/永水女子/宮守女子)
8月11日:インターハイ7日目「左ブロック準決勝」(阿知賀女子/千里山女子/白糸台/新道寺女子)
8月12日:インターハイ8日目「右ブロック準決勝」(清澄/姫松/有珠山/臨海女子)

 今回明らかになった新情報「5位決定戦」「明日はお姉ちゃんの学校と戦えるんだーー」を加えると以下の通りとなります。
154_04
8月13日:インターハイ9日目「決勝戦開始」(阿知賀女子/白糸台/清澄/臨海女子)、「5位決定戦」(姫松/有珠山/千里山女子/新道寺女子)

 ではもう1点、個人戦の日程についても考えてみましょう。
個人戦についてはインターハイ6日目(8/10)の姫様のセリフ「4日間の休日……」より、少なくとも姫様とはっちゃんが参加するのは8/15からであることが分かります(何日間行われるかは不明)。
154_03
 すると、こんなことになります。

8月12日:インターハイ8日目「右ブロック準決勝」(清澄/姫松/有珠山/臨海女子)
8月13日:インターハイ9日目「決勝戦開始」(阿知賀女子/白糸台/清澄/臨海女子)、「5位決定戦」(姫松/有珠山/千里山女子/新道寺女子)
8月14日:インターハイ10日目「?」
8月15日:インターハイ11日目「個人戦」(永水女子の神代小蒔、薄墨初美参加)

 ご覧の通り、8/14がすっぽりと空いてしまいます。
この「空白の1日」(読売巨人軍的に意味深)について、セカイは以前「決勝戦と個人戦1日目の間に休憩日がある説」、「個人戦1日目が行われるも姫様とはっちゃんは出ない説」のどちらかかなと思っていましたが、今回の新情報より新たな可能性として「決勝戦は8/13〜8/14の2日間にわたって行われる説」が浮かび上がってきました。

 この説を考える上で、そもそも5位決定戦がどのように行われるかもざっくりと予測しておきます。
154_05
真瀬由子「朝早いからつらいのよー、試合は短いけど」
154_06
赤阪郁乃監督「決勝の前座のエキシビジョンみたいなもんやけどー学校のランキングに影響あるから」

 上記2点のセリフより、幾つかの情報が読み取れます。
1.朝早い→インハイの今までの試合よりも開始時間が早い
2.試合は短い→今までの(半荘2回×5人)よりは短い
3.学校のランキングに影響ある→1人1局のみといった極端に短縮した形式にはしないのでは?

 更に小林立先生のWebサイトより
> 哩さんのことを呼ぶ時は部長呼びです。でも去年までは苗字呼び捨てでした。
> 哩さんが言っていた「先生」は新道寺の監督なのですが
> ややこしいことに教師ではないのです。いずれ書く機会があれば。

> 友清さんはいずれ描くかもしれないので…勘弁してください。

 と意外にも立せんせ、新道寺を描く気まんまんです(新道寺に眼が眩んだ拡大解釈)。
よってセカイは半荘1回×5人、開始時刻は通常の9時から少し早めて8時開始ではないかと予測します。

 これだと従来の試合よりは当然終了時間も早くなりますが、それでもかなりの時間を要することになってしまいます。その後、通常の試合形式の決勝戦をしても今までよりも終了時間がかなり後ろ倒しになるでしょう。肝心の決勝戦が、エキシビジョンに邪魔されるとなっては本末転倒です。

 なのでセカイは8月14日の「空白の1日」を埋める解答として「決勝戦は8/13〜8/14の2日間にわたって行われる説」を提唱します。
まとめるとこんな感じ。

8月12日:インターハイ8日目「右ブロック準決勝」(清澄/姫松/有珠山/臨海女子)
8月13日:インターハイ9日目「決勝戦開始」(阿知賀女子/白糸台/清澄/臨海女子)、「5位決定戦」(姫松/有珠山/千里山女子/新道寺女子)
8月14日:インターハイ10日目「決勝戦2日目」
8月15日:インターハイ11日目「個人戦」(永水女子の神代小蒔、薄墨初美参加)

 セカイは2年くらいは5位決定戦をやって欲しい派なんで、この解答がいつになるかは分かりませんが、いつまでも待ち続けたいと思います。

閑話休題 立せんせのコメントで咲-Saki-10周年について触れられていますね、嬉しい。
154_07

 「咲-Saki-」連載10周年を記念して、近代麻雀漫画生活のいのけんさん、マンガサロン『トリガー』店長の兎来さん、そして自分の3人で「祝!咲-Saki-連載10周年 その歴史を振り返る」を1月30日に開催致しました。

「咲-Saki-」連載10周年記念イベントを開催します

「祝!咲-Saki-連載10周年 その歴史を振り返る」 - TwiPla

 当日は、おかげさまで多くのお客様にお越し頂きました。ご参加頂いた皆様、残念ながら来られないも差し入れを頂いた方々、本当にありがとうございました。

 当日の大雑把な流れは以下の通りでした。

 13時過ぎから、いのけんさん作成の咲-Saki-年表を元にひとまず1期アニメ終了まで振り返り。雑誌掲載時とコミックス収録の違いやコミックスでの印刷ミス、舞台探訪からコミケ内でのお渡し会に至るまで詳細に動向を追っていきました。咲らじの話をしていたら、客席から該当の音源データがすぐに出てくるこの会場の雰囲気、大好きです。

 途中、休憩を挟み、最新号のシノハユの新キャラクターまで抑えた兎来さん準備の咲キャラビンゴ大会を開催。これは3×3のマス目に数字の代わりに好きな咲キャラを用いたもの。お客様のおかげで豪華な賞品が沢山集まりました。セカイもしののぬさん作成の照のネックレスを頂きました。
 ビンゴの真ん中のキャラ集計は兎来さんが一晩でやってくれました。いつもと違い清澄が多いのが新鮮。10周年を記念して古くからのファンが集まったんですね。
 ビンゴを挟んでの後半戦では、1期アニメ終了後から阿知賀編等挟んで2014年まで振り返り。17時終了予定のところ大幅に超過し17:30過ぎくらいにようやく終了。
 
 2次会では、兎来さんが準備した咲-Saki-にまつわる食べ物や、咲-Saki-の名前を冠したドリンクでワイワイと。メニューはこんな感じでした。
 更に白築慕ちゃん(1/31)と志崎綾ちゃん(1/30)のお誕生日もお祝いしました。
saki10_01
saki10_02
saki10_03
 今回は、残念ながら来られなかったひでさんから、いぬもにさんと婚約したとのお知らせが。咲-Saki-をきっかけに結婚というすばらっな出来事に、自分の事以上に嬉しい気持ちでいっぱいです。

 ざっくりと当日の様子をまとめて貰ってますので把握できている範囲ですが以下に紹介。

祝!咲-Saki-連載10周年 その歴史を振り返る - Togetterまとめ

「祝!咲-Saki-連載10周年 その歴史を振り返る」を執り行いました

咲-Saki-連載祝10周年トークイベントに行ってきました

ファン主催の咲-Saki-10周年トークイベントに行ってきました。

 拙いところもあったかと思いますが、何らかの形で咲-Saki-の10周年をお祝いすることが出来て良かったです。
 因みに今回、いのけんさんが作成した咲-Saki-10周年年表は3月のSHTで頒布されるらしいですよ。 

閑話休題 ところで、咲-Saki-と関わり深いiPS細胞も誕生から10年だそうです。

「夢の細胞」iPS 誕生10年 医療実用化へ前進 (読売新聞(ヨミドクター))
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-00010000-yomidr-sctch
ニュース記事はそのうち消えそうなので、念のためにスクショも。
ips10
 咲-Saki-の歩んできたこの10年とは、まさにiPS細胞の発展と共にあったと言っても過言ではない訳です。咲-Saki-が大団円を迎えるときには同性同士でも子どもが出来る技術が確立されているに違いない(迫真)。

このページのトップヘ