映画「聲の形」上映開始1週間にして早くもスタッフトーク付上映会が開催されました。平日開催のMOVIX京都の上映会には残念ながら参加できませんが、新宿ピカデリー分については行ってきました。

日時:2016年9月24日13:10回上映終了後(字幕付上映)
会場:新宿ピカデリー
登壇者:山田尚子(監督)
司会:松竹 向井
手話:蓮子都
※敬称略
koe_talk20160924_1
koe_talk20160924_2
 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですがトークショーの様子を纏めてみました。一部聴き逃しやメモ間違い微妙なニュアンスの違い等あるかもしれませんが雰囲気だけでも味わって貰えたら幸いです。

山田尚子監督の本日の衣装はこちらをご参考下さい。 

---

司会:ではまず挨拶をお願い致します。

山田:(手話にて)
私の名前は山田尚子です。
よろしくお願いいたします。

「聲の形」制作にあたってちょっと手話教室に通っていたことがありまして、楽屋で挨拶の部分を蓮子さんにチェックして貰ってたら「関西弁ですね」と言われました。
手話にも地域差があって面白いですね。

司会:では本日の手話担当の蓮子さんもお願いします。

蓮子:私もですか?
手話あいらんどの蓮子です。
映画「聲の形」にも携わらせて頂きました。よろしくお願い致します。

司会:監督は手話教室に通ったとのことですが、具体的にはどんなことを勉強されましたでしょうか。

山田:「オリンピックですね」とか「来週行われる相撲大会に私は行こうと思います」とか、そんな例題文を手話でしていました。
聴覚障害のある方に教えて貰いました。
手話にも関西弁があって、こちらが標準語ですよ、とかも教えて貰いました。
劇中の「来週から夏休みだろ〜」の手話は関東風です。

司会:アニメ制作時に気をつけたことはありますでしょうか。

山田:手話部分は、まず絵コンテを元に劇団員さんに演技して貰い、皆さんに解説して貰いつつ、それを見ながら京アニスタッフが描き、最後に蓮子さん、南(瑠霞)さん、中嶋(元美)さんの3人に映像をチェックして貰いました。
チェックして貰ってて面白かったのが「来週から夏休みだろ、どっか遊びに……」という真面目なシーンの間に急に「こんにちは」が入ってたり等、手話の部分が全く違う意味になってたりもしました。
手話が正しくても、出すタイミングによって意味が違ったりもして……。
出来る限り修正を重ねました。

司会:山田さんはパンフレットにも「手は花」と書いてありますがキャラクターによって表現を変えたりしましたか?

山田:将也は男性らしい手の表現に気をつけました。
硝子にとっては、手話はまさに言語の全てですので、力を入れたものにしました。
結絃は、小学生男子がヨーヨーをカッコよく扱うように、ヤンチャでかっこいい感じにしています。スラング使う機会があれば使いたかったです。結絃にとって手話は普段から当たり前の表現です。

司会:佐原さんの手話は優しい感じがしますね。

山田:佐原は手話の習得度合いが低いので、単語じゃなくて指文字で会話をするよう取り入れられたらなあと思いました。

おばあちゃんは結局無しですね。

植野は最後に指文字を使っています。
指文字は指で「あいうえお〜」を表したもので、単語が分からない時に使います。
最後のシーン、本当は植野のは「ハカ」なのですが、横にずらすことによって「バカ」になります。そこを硝子が直している内に硝子が植野にバカと言ってしまう、かわいいシーンです。

司会:美術面はどうでしょうか?
前回の舞台挨拶でもありましたが小学生の時と高校の時で空の描き方が違いますよね。

山田:小学生時は生き生きとビビッドな感じにしています。
将也のTシャツの黒の色も濃いです。

高校時代はTシャツの色も気づかない程度に薄く、洗濯によっての劣化が何種類かあります。色指定の方のこだわりです。赤い服と一緒に洗濯して色移りしたというものもあり、遊園地に行った時はこの赤みがかかったものを着ています。

司会:雲は要らないとおっしゃってましたが。

山田:要らないというか極力無くすという方向で進めました。
普段は雲は好きなのですが……。
将也は心が閉じてる状態なので、空まで雲で蓋をされてしまったら、世界まで将也を悩ませたようになってしまいます。
将也が目を覚ました時に、キレイな世界があったと気づけるようにしています。

司会:将也が自転車に乗っているシーンもだんだん上をむいて前向きになっているように感じましたが。

山田:では、そういうことにしておきます(笑)
今回は、登場人物を前向きに観てもらえるように引きのシーンは少なめにしています。

司会:大垣にも行かれたそうですが。

山田:大垣行きました。
湧き水が豊富でキレイなところです。水草が沢山あって、子犬くらいにおおきな鯉も居て。
コンテに行き詰まったら1周間くらい滞在して年末年始は(向井さんとも?)ニアミスしました。

司会:最後に挨拶をお願いします。

山田:無事に「聲の形」完成しました。
今日から字幕上映も始まり、より多くの方に届けられるようになって嬉しいです。
南さん、越智さん、蓮子さんにも手話監修して貰い、心をこめて真心を描いた作品です。楽しんで下さい。