映画「聲の形」公開ということで関東・関西でキャストと監督による舞台挨拶が行われました。

 セカイは2014年5月30日の「たまこラブストーリー」スタッフ舞台挨拶以降は、山田尚子監督が公の場で何かお話しされる際は欠かさず参加しレポートを残しているんですが、流石に舞台挨拶の数が多すぎて残念ながらコンプリートが不可能となりました。

映画「聲の形」舞台挨拶レポート(新宿ピカデリー14:40回/登壇者:入野自由、早見沙織、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行、松岡茉優、山田尚子監督)

参考:過去のレポート一覧
http://htt123.blog.jp/archives/cat_1163745.html

日時:2016年9月17日18:10回上映前
会場:新宿ピカデリー
登壇者:山田尚子監督、入野自由、早見沙織、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行、松岡茉優
司会:星野卓也
※敬称略
koe_20160917_03
koe_20160917_01
 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですが舞台挨拶の様子を纏めてみました。一部聴き逃しやメモ間違い微妙なニュアンスの違い等あるかもしれませんが雰囲気だけでも味わって貰えたら幸いです。

---

司会:一言挨拶をお願いします。

入野:将也役の入野です。上映前で話せることも少ないかと思いますがよろしくお願い致します。

早見:初日に皆さんにお会いできて嬉しいです。舞台挨拶でのこぼれ話を聞いて、これからスクリーンで観てもらえればと思います。

松岡:楽しいトークにしましょう。

金子:今日は沢山のお客さんに来てもらい嬉しいです。楽しんでいって下さい。

石川:本日はお越しいただきありがとうございます。もともと原作から好きな作品でキャストとして舞台挨拶に参加できて嬉しいです。

潘:朝から早速、友達から「聲の形」観たよと連絡が来ました。この時間を皆さんと共有できたらと思います。

豊永:舞台挨拶に登壇できて光栄です。皆さんなりの「聲の形」を感じてもらえたら。

山田:初日を無事に迎えることができてありがとうございます。
皆さん、ご覧になられる前ということで緊張しています。
あ、監督の山田尚子です。よろしくお願い致します。

司会:キャラクターを演じる上で意識した点、感じたこと、アフレコ時のエピソード等あればお願い致します。

入野:アフレコ前に監督と、この作品を観てどう思ったか、いじめや聴覚障害、また母が手話をしていた等話しました。センセーショナルなことがテーマですが、核となるのは、人に伝えたいけど伝えられない、繋がりたいけどつながれないディスコミュニケーションですので、将也を演じるにあたって、迷ったらそこに立ち戻りました。

監督から、将也は「大きな小動物が怯えている」と例えてもらいまして、これを想像し続けながら演じました。

山田:将也はでっかいハムスターみたいな感じですね。
私はキャラクターの例えを出して考えてもらっています。具体的に伝えてしまってイメージを固定化させてしまいたくないので。

松岡:私にも「『ハンバーグ』というイメージでお願いします」と言われ、ブースで延々と「ハンバーグ」と叫んでいました。

入野:監督のそういうディレクションがカッコイイとかではなく、役者の想像力を活用してくれているのが嬉しいです。

早見:私も監督と、音響監督の鶴岡さんとアフレコ前にお話しして、一人の人間として、もがいて生きていく女性として西宮硝子の一生がスタートし、心と心のぶつかり合い、人間としてのさらけあいを演じました。

山田:硝子の生の部分、生きている本能を掘り下げることに気をつけました。
硝子は本能と理性が共存しているところが魅力的です。

松岡:(小学生の)将也はイジメっ子ですが、見方を変えると、面白いものを見つけた心の動きがあるということを監督が教えてくれました。監督は「私にとってはヒーロー」とも教えてくれて、私も小学生の将也を愛そうと決めました。将也への見方が映画の重要なポイントだと思います。

司会:松岡さんについては監督がオファーしたとか。

山田:そうなんです。

松岡:俳優が一人だけなんで、「熱烈に」と言って下さい。

山田:熱烈にオファーしました。
私が小学生の将也の声について考えていた時に、松岡さんが出演されてるドラマを観て、少年役をどう演じるか興味を持ちました。
あとで、松岡さんもそのドラマで演じた子のことが好きだということを知り、松岡さんなら絶対将也をやってくれると確信しました。

入野:(声優さんに混じってのアフレコの様子が)もがいてる、伝えたいというのが松岡さん自身にバッチリはまってると思いました。

早見:幼少期の硝子と将也がぶつかるシーンは、全然噛み合ってないのにハーモニーが生まれました。

金子:私は、このキャラにとって何が幸せなのかを考えてから演じるんですが、植野にとっては何か大事か、それを心に持って演じました。
植野が1番にしているものを心に持って演じましたので、そこを感じ得てもらえたら嬉しいです。
色んなキャラの色んな心に興味を持ってもらえたらと思います。

石川:佐原は、他のキャラに比べるとクセがないスッとしたキャラですので自然体で演じられるように気をつけました。
佐原は強い子で、何かあった時も、人のせいにはしないで自分を改めていくような子です。
自分にとっての憧れです。

潘:川井とどうやって向き合うか悩んでた部分がありましたが、山田監督から「聖母のような存在」と教えてもらい私なりに聖母とはと考えてみました。
川井は思っていることをポロッと言う、その純度120%でかけてる言葉が(例え)相手を傷つけるとしても信じているものは揺るがないです。
「聲の形」には、書き言葉、声に出す言葉、色々詰まっているので注目して貰えたら。

豊永:真柴は一見イケメンですがそうではないという難しい役でした。
他の方のお芝居のベクトルが凄く、ここにどういう風に乗っかるかを考えました。
真柴は色んな物を抱えているキャラの中の一人で、心からつくっていかないと演じるのは無理だなと思いました。
真柴自身は短い台詞が多いが、どうやって真柴を乗せるか考えました。
本当の言葉の意味以外にも、(色々な意味があり)色んなことを考えさせられた。

司会:制作の際にこだわった部分は何でしょうか。

山田:キャラは皆さんが悩みながらもつくって貰いました。
悩みが沢山あるが、将也たちを包む世界は優しく、将也達の済んでる水門市の美しさを描くように気をつけました。
あと、音を大事にしています。聞こえだけでなく体感する音も感じてもらえたら。

司会:AIKOさんにお会いしたそうですが。

山田:ライブで「恋をしたのは」の初お披露目があり招待して頂きました。
AIKOさん自身が原作が好きで溢れてました。

(ここでマスコミによるフォトセッション)

司会:最後に代表して、早見さん、入野さん、山田監督から挨拶をお願いします。

早見:これから「聲の形」をご覧頂くということで、(自分の中の)開けたくなかった引き出しから色んなモノを開けるシーンがあります。ありのままの自分とスクリーンに向き合って貰えたら。
楽しんでいって下さい。

入野:全7巻を2時間に収めているので不安に感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、アフレコを終えて安心感が生まれ、完成したものを観て素敵な映画になったと確信しました。作品の根底にある繋がりたい、伝えたいという部分はバッチリフイルムに収まっています。
まっすぐ、そこにあるものを感じてもらえたら。
映画は完成して、皆さんの手にわたりましたので広めてもらえたら嬉しいです。

山田:松岡さん任せた。

松岡:この映画を観た時に許された気がします。周りに苦しそうな人がいたら薦めてあげて下さい。

山田:みんなの気持ちをギュウギュウに、むき出しの心を詰め込んだ作品です。楽しんで下さい。