By always thinking unto them.(いつも生立ケ里のことばかり考えていた)
9月のビッグガンガンが発売されてはや10日が経ちましたが、暇さえあれば咲日和〜佐賀の巻(1)〜(略して佐賀日和)を噛みしめるように繰り返し読んでいるセカイです。

 量にして全8ページ、計15本の4コママンガですが、今まで秘密のベールに包まれていた生立ケ里情報が満載。まるで生立ケ里のバーゲンセール。天から賜った貴重な情報ですので、大切に一つ一つ余すこと無く整理していきたいと思います。

 では先ず1コマ目から、哩さんと姫子は新道寺から佐賀までバスを利用して帰省していることが分かります。
sagabiyori01
 車内でイチャイチャしていると、たどり着いたバス停はココ。「ただいま佐賀ー」
sagabiyori02
 なおBG発売日にバス停の特定はされています。(自分が最初に特定したかった。悔しくて死にそう。)
 生立ケ里については阿知賀編をはじめ劇中での描写が全くないので推測になりますが、立せんせの今までの実績から実在の地名に作品の舞台があると見てよいでしょう。

 さてその生立ケ里ですが、佐賀県小城市牛津町にその地名があります。JRの駅では長崎本線の久保田駅から2km弱離れた箇所に生立ケ里公民館をはじめとする生立ケ里エリアがあります。
sagabiyori03
 ここでは分かりやすく、このランドマークである生立ケ里公民館を基準に話を進めていきたいと思います。
sagabiyori04
  この生立ケ里公民館から北に直線で3km強離れた場所を長崎自動車道が横断しています。劇中でも哩さんと姫子がバスから下車してサービスエリアで迎えの車を待つ描写がありますので、SA内のバス停を利用したことが分かります。

 長崎自動車道のSAでバス停があり、且つ生立ケ里に近いのは「金立サービスエリア」(バス停表記としては高速金立)となります。

 では続いて、哩さんと姫子の乗車したバスについて特定していきましょう。
Wikipediaの「金立サービスエリア」の項目を見てみると、ここに停車するバスの情報も載っています。

金立サービスエリア - Wikipedia

 それによると高速金立に停車するのは福岡市と佐賀市を結ぶ高速バス「わかくす号」と長崎市・佐世保市と大阪府大阪市とを結ぶ夜行便「ユタカライナー」の2本であることが分かります。ユタカライナーは夜行バスなので消去法的にわかくす号に2人が乗っていたことが確定します。

福岡 〜 佐賀 (わかくす号)
http://www.nishitetsu.jp/bus/highwaybus/rosen/wakakusu.html 

 わかくす号の西鉄天神高速バスターミナルと高速金立までの移動時間は50分〜1時間弱、運賃は片道1,030円です。

 さてこのわかくす号、先述の通り小倉駅や博多駅からではなく西鉄天神高速バスターミナルからの乗車となります。

西鉄天神高速バスターミナル - バスで(あっとバスで)

 ということは、2人は一度、わかくす号に乗車するために新道寺から天神まで出てくる必要があります。ではそのルートを追ってみましょう。

 新道寺エリアには、新道寺小学校停留所がありますが、ここから直接天神まで出るバスはありません。よって一度、小倉駅まで出てそこから天神まで移動したと考えられます。
sagabiyori06
 小倉駅までは先述の新道寺小学校停留所からもバスが出ていますが、電車よりも時間がかかる上に料金が高いので、素直に新道寺最寄りの石原町駅からJR日田彦山線を利用したと考えるのがベターでしょう。石原町駅を出る電車は1時間に1本(時間帯によっては2本)、30分弱で小倉まで着きます。なおこの区間の料金は370円です。

 小倉から天神までは、JR経由で博多駅まで出てバスか地下鉄で天神に向かうルートか、小倉駅からバスで天神まで向かうルートが考えられます。

 JR・地下鉄経由だと新幹線・特急を利用しない場合で61分(JR)+6分(地下鉄)で乗り換え時間も含めて大体80分程度で料金は1,290円(JR)+200円(地下鉄)=1,490円、バス利用だと片道1,130円で1時間26分。移動時間が殆ど変わらないのに料金が安く、オマケに乗り換えが発生しないなら2人はバスで天神まで移動したと考えられます。

福岡 ~ 北九州 - 西鉄(にしてつ)

 ここまで述べた、佐賀日和では描かれていない新道寺から佐賀までの道のりを(セカイが勝手に)補足すると以下の通り。

(1)バス利用ルート
・石原町駅
↓JR日田彦山線(30分弱/370円)
・小倉駅
↓(86分/1,130円)
・西鉄天神高速バスターミナル
↓わかくす号(60分弱/1,030円)
・高速金立

 運賃合計は以下の通りです。

JR370円+天神行きバス1,130円+わかくす号1,030円=2,530円
※バス料金は正規料金で計算していますので往復きっぷ等の購入でもう少し安くなります。

 上記の通り乗車時間は3時間弱ですが、乗り換え時間等考慮して合計は3時間半程でしょうか。
(小倉ー天神、天神ー高速金立のバスは本数多いので待ち時間短めにしています)

 因みに新道寺から生立ケ里最寄りの久保田駅まで鉄道を利用して帰省した場合の経路と時間、料金は以下の通りです。

(2)JR利用ルート(新幹線利用)
・石原町駅
↓JR日田彦山線(26分)
・小倉駅
↓JR新幹線さくら(33分/特急券1,820円(自由席))
・新鳥栖
↓JR長崎本線(28分)
・久保田駅

 乗車券は2,420円ですが学割利用で1,930円になります。
新幹線利用の場合の合計金額は以下の通りです。

乗車券1,930円+特急券1,820円=3,750円

 乗車時間は約1時間半ですが乗り換え時間や待ち時間などがかなりありますので1時間ほどプラスした約2時間半は見といたほうが良いでしょう。

(3)JR利用(特急利用無し)
・石原町
↓JR日田彦山線(24分)
・西小倉
↓JR鹿児島本線快速(93分)
・鳥栖
↓JR長崎本線(32分)
・久保田

 こちらは新幹線利用した場合よりも距離が少しだけ長くなるため乗車券は2,810円に。
学割利用で2,240円になります。

 乗車時間は約2時間半ですが、乗り換え時間や待ち時間も考慮して1時間ほどプラスして約3時間半ほど。

 こうして(1)〜(3)までバスルートとJRルートを比較してみると、大体(1)と(3)が料金と移動時間が同じということが分かります。

 では何故、哩さんと姫子は生立ケ里までバスを利用して帰省したのでしょうか。
理由の一つとしてバスの乗換えが天神であるということが考えられます。
九州の女子高生にとって、帰省がてら九州一の繁華街である天神でデートしたいというのは大いに考えられるでしょう。

 また、次エントリ以降で検討していきたいと思いますが、哩さんと姫子の家と駅・金立SAの位置関係も理由の一つでしょう。(駅よりも金立SAの方が家から近い)

 そして極めつけの理由が次のコマに。
sagabiyori07
 哩さんと姫子がバスに乗って金立SAで下車したのは☆佐賀女子☆である木吉紗先生が「福岡土産ばっかやん」という自虐ネタをやりたかったというメタ的な理由に違いない(迫真)。
(生立ケ里最寄りである久保田駅は無人駅のためお土産売り場自体が無いのでこのネタが出来ない)

 因みにこのネタがどれだけ自虐的かというと、実際には金立SAは佐賀のお土産が沢山あるとのだーはらさんの報告からも明らかです。(自分が最初に行きたかった。悔しくて死にそう。)