たまこシリーズのベストアルバム「Everybody Loves Somebody ~ うさぎ山から愛をこめて」の発売日まであと4日に迫ったこのタイミングでギリギリの記事更新。

  先日、ベストアルバムの収録曲が発表されましたが、その中に非常に気になるタイトルの新曲がありました。たまこまーけっと、たまこラブストーリーをご覧の方にはタイトルだけはよく知られているであろう15曲目の「うさ湯音頭」がまさにそれです。

 さてさて、昨年10月10日のおもちの日、たまこラブストーリーパッケージ発売を記念してMOVIX京都での山田尚子監督の舞台挨拶がありました。

参考:MOVIX京都での「たまこラブストーリー」パッケージ発売記念の舞台挨拶の様子をまとめてみた

 上記レポート通り、毎月京都勢であるセカイは当然、このイベントに参加したわけですが18:30からの上映に備え、自分の中のたまこラブ力を高めるために、日中はガッツリと舞台探訪していました。
 上洛時はいつも訪れる出町桝形商店街と鴨川デルタ、通学路として描かれる藤森駅周辺は勿論の事、今回は初めてうさ湯のモデルにもある「錦湯」さんで身を清めてからMOVIX京都へ向かいました。
nishikiyu
 外観はご覧の通り劇中そっくりなのですが、内装もそのまんまでして、セカイは初めての純粋銭湯を楽しみました。何も知らずに浸かった電気風呂の痛みは衝撃でした。
 さて、たまこ劇中では下記の通りよく番台の前に「うさ湯音頭」と書かれた箱が置かれている場面が出てきます。
usayu_bandai
 わざわざ商店街の銭湯が自分のお店の宣伝ソングなんて作らないだろうし完全フィクションだと思っていたのですが、錦湯さんに行ってびっくり、何とこの「うさ湯音頭」にもモデルがあったのです。
nishikiyu_bandai
 流石に銭湯の名前をとった「錦湯音頭」ではないですが、「銭湯音頭」という曲の収録されたミニアルバムが置いてありました。(上記写真は許可を得て撮影しています)
 セカイは見つけるや否や、すぐにコレを購入しました。錦湯のご主人が「え?本当に買うの?えっと幾らだったけな……」と戸惑っていらっしゃったのが印象的でした。恐らく錦湯さんでは殆ど動いてないんでしょう。

 このCDは「月と蛙」さんというアーティストさんが出されている「るりはり」というアルバムになります。
収録曲は以下の通りです。
1.銭湯音頭
2.はなみち
3.大地の花
4.優凪
5.恋する季節
6.こっつんこ

詳細は下記をご参考下さい。 

清水彩月の世界へようこそ!
 さて、肝心の「銭湯音頭」ですが、男女による軽快でノリが良く、温泉に因んだ歌詞が面白く癖になる曲です。
 3月18日にリリースされる「Everybody Loves Somebody ~ うさぎ山から愛をこめて」に収録される「うさ湯音頭」は「銭湯音頭」にどこまで似ているのでしょうか、それとも全く別の曲に仕上がっているのでしょうか。私気になります!