先週、「たまこラブストーリー」のキャストコメンタリーをようやく観ていた際、自分では気づけない興味深い発言があったので自分用にメモ。いや花の名前とか絶対忘れそうなんで……。

 中庭でかんなちゃんが「磁石入りグローブを作るのです…」と、まるでたまこともち蔵に置き換えられるようなS極とN極の話をするシーン、この背景に黄色い花が咲いています。セカイは、たびたび登場するタンポポやひな子さんにお供えされている花といい黄色い花がよく出てくるな〜くらいに思っていました。
mecardonias01
 ところがキャストコメンタリー観賞時「このシーンは台本にちゃんとメカルドニアって花の名前が指定してあるんですよねー、花言葉もちゃんと意味があるんですよ」と言及されてました。

 早速、調べたところ「知性」「思い続ける」がメカルドニアの花言葉だそうです。

GKZ植物事典・メカルドニア・イエロー・クロサイト

 たまこラブストーリーはまさにこの花言葉通り「思い続ける」物語ですね。
たまこは母親であるひなこさんをずっと思い続け、もち蔵は幼いころからずっとたまこを思い続け、そしてこのシーンでの表情の変化が非常に印象的なみどりちゃんもたまこをずっと思い続けている訳です。

 ついでにタンポポの花言葉も改めて確認してたところ「真心の愛」、「思わせぶり」だそうです。「真心の愛」もまた、たまこラブストーリーにぴったりな言葉ですね。

タンポポ - Wikipedia