桜高鉄道倶楽部れんらく帳

「桜高鉄道倶楽部-KIOSK-」にてグッズや同人誌を通販しています
https://htt123.booth.pm/

 引き続きグリーン車で更に引っ張るセカイです。
前回の記事にさんじゅうろくさんより下記コメントを頂きました。
>11巻のカバー内でふくすこが大阪へ向かう際にグリーン使ってたのもありましたね

参考:咲-Saki-の登場人物でグリーン車を利用したことのある人物を数えてみた

 そういえばと思って見直したら新大阪行きの新幹線(N700系)でグリーン車を利用していました。
流石、すこやんは藤田プロと違ってちゃんとしたグリーン席に座ってますね。
green02_2s

参考:鉄道の日なんで咲-Saki-の鉄道ネタも考察してみた

という訳で、前回挙げたグリーン車乗車が確認出来た下記の登場人物

瑞原はやり(8)、藤田プロ、三科 健太アナ、本内 成香、桧森 誓子、岩館 揺杏、獅子原 爽、真屋 由暉子、椿野 美幸、森垣 友香、依藤 澄子、古塚 梢、安福 莉子

に「小鍛治 健夜、福与 恒子」を加えた計15人ですね。

 そういえば先週末に昨年7月末以来の吉野山に行って来たのですが、世界で2番めに劔谷について考えた咲クラスタとして意識高くグリーン車(700系)で帰京してきました。
freen02_1s
 こだまや臨時ののぞみ運用が多い700系では劔谷は恐らく上京してないですけどね。
なお宇宙で1番劔谷を愛するマツつのさんも早速グリーン車に乗車した模様。
 ちなみに東海道新幹線のグリーン車に乗車するのに1番お安い方法は先日紹介した「こだま★楽旅IC早得」です。エクスプレス予約への入会が必要ですが、セカイは京都ー東京間のこだまをグリーン車利用で9,370円で乗車してきました。新神戸から東京コースは乗れませんが、劔谷気分を味わいたい方はぜひ。一応、N700系のこだまも走ってます。

こだま★楽旅IC早得

 次は姫松についても新幹線限定で語りたい。

 グリーン車だけで2回もblogを更新するセカイです。
前回に引き続き小林立せんせのWeb更新ネタ。

劔谷高校の交通費や遠征費用について考察してみた
 
 先日は劔谷高校について世界で2番めくらい真剣に考えてみましたが、よくよく考えると立せんせが劇中のキャラの移動手段について明言したのは初めてな気がします。しかも「グリーンで」と力強く。

dreamscape 15.01.13更新分
> 劔谷は大会登録のために便宜上麻雀部を名乗ってはいますが
> 12年前までは茶道部で今でも茶道部が麻雀をしているような状態です。
> 個人戦に出る選手もいますが東京のホテルに泊まらず自宅に戻っています。
> 全員お金持ちですがヘリを使ったりはせず新幹線のグリーンで戻ってます。

 という訳で、咲-Saki-劇中でグリーン車に乗った人物を思いつく限り挙げてみました。本編読みなおしたりアニメを観直したわけではないので漏れがあるかも……。

・瑞原はやり(8)
 以前、考察した通りシノハユ第10話「はやり3」にて特急やくものグリーン車に乗車しています。なお岡山駅で乗り換えた新幹線は普通車でした。
 shinohayu10_02s
シノハユ第10話「はやり3」鉄ヲタ的考察1

・藤田プロ&三科 健太アナ
 藤田プロの妄想の可能性も否定出来ないですがw、回想シーンの中でグリーン車に乗ったということになっています。そして「フットレストあっても私は足曲げるから疲れますけどね」とツッコミを入れた三科 健太アナもグリーン車に乗った経験があるとみて良いでしょう。
green02s
鉄道の日なんで咲-Saki-の鉄道ネタも考察してみた

・有珠山高校メンバー(本内 成香、桧森 誓子、岩館 揺杏、獅子原 爽、真屋 由暉子)
 咲-Saki-129局の扉絵で、恐らくインハイに向けて上京中と思われる真屋 由暉子ちゃんの様子が描かれています。他のキャラの描写はないですが恐らく全員、寝台特急カシオペアで上京したと見て良いでしょう。
green03s
  寝台特急カシオペアは全席オールA寝台ですので、座席で言うところのグリーン席です。

・劔谷高校メンバー(椿野 美幸、森垣 友香、依藤 澄子、古塚 梢、安福 莉子)
 劇中ではその様子が描かれませんでしたが、今回の立せんせの「新幹線のグリーンで戻ってます。」より劔谷のレギュラー選手全員はグリーン経験アリですね。

 他に、清澄も全国編第1話でスーパーあずさで上京するシーンが描かれましたが車内の様子は描かれず仕舞い。ホームのあの位置ってグリーン車の位置でしたっけ?>清澄について色々と特定したテックさん

という訳で、今のところ名前のちゃんとあるキャラでグリーン車乗車が確認出来るのは

瑞原はやり(8)、藤田プロ、三科 健太アナ、本内 成香、桧森 誓子、岩館 揺杏、獅子原 爽、真屋 由暉子、椿野 美幸、森垣 友香、依藤 澄子、古塚 梢、安福 莉子 

の計13人ですね。

 ちなみに劔谷と同様、インハイのために新幹線で上京した姫松高校ですが、改めてその場面を観直してみると普通車でした。
himematsu
これが格差社会か。

グリーン車の大きな座席に包まれるちっちゃな安福莉子ちゃんかわいい。  

 新幹線乗る時は3回に1回くらいはグリーン車に乗ってるセカイです(挨拶)
「こだま★楽旅IC早得」は安価にグリーン車乗れてちょー快適。

こだま★楽旅IC早得

 2015年初の更新はまさかの劔谷ネタです。
いや、色々と他にも書きたいことはあったんですがタイムリーなネタには突っ込まずにはいられないな。

 さてさて、先ほどからTLが賑わってますが小林立せんせのWebサイトが更新されました。
今回は残念ながら新道寺女子の新情報は無し……。
遂に新道寺勢はテキスト情報さえも無い苦難の時代を生き抜かなければならないのか……。

 新道寺の新情報ない中、1点興味深い情報が。

dreamscape 15.01.13更新分
> 劔谷は大会登録のために便宜上麻雀部を名乗ってはいますが
> 12年前までは茶道部で今でも茶道部が麻雀をしているような状態です。
> 個人戦に出る選手もいますが東京のホテルに泊まらず自宅に戻っています。
> 全員お金持ちですがヘリを使ったりはせず新幹線のグリーンで戻ってます。

 今回、劔谷は扱わなかったですがまさにウチの冬コミ新刊『遠征ハウマッチ!?〜咲阿知賀編の全国大会遠征費用を見積もってみた〜』ネタじゃないですか〜。

【イベント情報】コミックマーケット87にサークル参加します(2)

 一応、新神戸ー東京の特急料金(グリーン料金含む)だけ参考までに置いておきますね。

・東京ー新神戸(589.5km)
乗車券:9,290円×0.8(学割)=7,430円(10円未満切り捨て)
新幹線特急券:5,810円-520円+5,300円(グリーン料金:600キロまで)=10,590円
乗車券(東京ー新神戸)7,430円+特急券(東京ー新神戸グリーン料金含む)10,590円=18,020円

東海道・山陽新幹線-料金早見表

※新神戸までだと片道601kmをギリギリ超えないので往復割引は付かないです。

 劔谷の最寄り駅を御影駅とした場合の新神戸までの道のりは下記の通りですね。

・御影(兵庫県・阪急線)
↓阪急神戸本線(9分・190円)
・神戸三宮
徒歩移動
・三宮
↓神戸市営地下鉄西神・山手線(2分・210円)
・新神戸

 乗車時間10分強、料金にして400円の行程です。

参考:劔谷高校再登場(咲-Sak-阿知賀編第9話舞台探訪):咲-Saki-の舞台が特定されたら、行くしかないでしょ

先ほどの新幹線の料金と合わせた金額は以下の通り。

18,020円(新幹線)+400円(阪急・神戸市営地下鉄)=18,420円

往復するとこの2倍となります。(先述の通り乗車券に往復割引は付きません)

18,420円×2=36,840円

さてさて、劔谷は団体戦敗退後は一度、芦屋に帰っているということも言及されました。

dreamscape 15.01.13b更新分
> 劔谷は普通に東京のホテルに連泊します。
> 団体戦敗退から個人戦開始までの間は
> 一時的に芦屋に帰ってるだけです。

 一見すると、36,840円もかけて芦屋ー東京間を往復して劔谷は何てリッチと思われがちですが、果たして本当にそうでしょうか。

 阿知賀の帝国ホテルにしろ千里山のペニンシュラにしろ、インハイ出場校は立せんせの趣味なのかやたらと高級宿に宿泊している傾向があります。

 劔谷も立せんせ曰く「全員お金持ちです」とのことなのでお高い宿に泊まってると推測できます。
 ここで宿泊地の条件について改めてまとめてみましょう。(自著『遠征ハウマッチ!?〜』の新道寺女子考察部分で言及した条件とほぼ同じです)

(1) インターハイ会場は東京国際フォーラム(最寄り駅:JR有楽町駅他)
(2) 劔谷高校再は上京の際、東海道・山陽新幹線で移動(東京駅/品川駅のどちらか着)
(3) 阿知賀女子、千里山は東京国際フォーラム近くの帝国ホテル東京・ザ・ペニンシュラ東京に宿泊
(4) (3)から見える立先生の高級ホテル志向

 以上の条件に当てはまるホテルとしてセカイは「東京ステーションホテル」に劔谷高校は宿泊したのではないかと推測します。

 東京駅の中にあるホテル、新幹線中央乗換口より徒歩約1分、そして国際フォーラムへも徒歩移動できる便利さ、インハイに参加するにあたって、ここほど便利なホテルはそうそうないでしょう。

東京ステーションホテル

 客室はグループなのでメゾネットと推測。Webサイトより料金を見てみますと朝食ブッフェ付のプランで2名様120,000円程度のようですね。

 勿論、東京ステーションホテルのメゾネット利用というのはあくまでもセカイの推測ですが、劔谷高校クラスになると当然、1泊数万円クラスのホテルには泊まるでしょう。
 団体戦敗退後、個人戦までそのまま連泊したら新幹線のグリーン車往復よりも遙かに費用がかかってしまうわけです。

 なのでむしろ劔谷高校は涙ぐましい節約に徹してる後援会に優しい学校なのです。 
安福莉子ちゃんかわいい。 

このページのトップヘ