桜高鉄道倶楽部れんらく帳

「桜高鉄道倶楽部-KIOSK-」にてグッズや同人誌を通販しています
https://htt123.booth.pm/

 「リズと青い鳥」の大ヒットを記念しての舞台挨拶が新宿ピカデリーとMOVIXさいたまで開催されました。

日時:2018年5月12日16:25上映前
会場:MOVIXさいたま シアター10
登壇者:種崎敦美、東山奈央、藤村鼓乃美、山岡ゆり、山田尚子監督
司会:小西(ポニーキャニオン) 
※以下敬称略

 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですが舞台挨拶の様子を纏めてみました。微妙なニュアンスの違いや意味の捉え間違い、抜け等あるかと思いますが、雰囲気だけでも味わってもらえたら幸いです。
liz_saitama02_20180512
liz_saitama03_20180512
関連記事:
「リズと青い鳥」完成披露先行上映会 舞台挨拶レポート
「リズと青い鳥」山田尚子監督×牛尾憲輔 スタッフトーク付上映会レポート
「リズと青い鳥」大ヒット御礼舞台挨拶レポート(新宿ピカデリー1回目)
http://htt123.blog.jp/archives/1071215656.html
「リズと青い鳥」大ヒット御礼舞台挨拶レポート(MOVIXさいたま1回目)
http://htt123.blog.jp/archives/1071246816.html
---
司会:ではまず皆さんから一言ずつお願いします。

種崎:みなさん、こんにちは。鎧塚みぞれ役の種崎敦美です。
上映前の舞台挨拶ということで……、今回初めて観られる方いらっしゃいますか?
(会場からチラホラと手が挙がる)
初めての方もいらっしゃるということで発言には気をつけます。
ご来場ありがとうございます。

東山:みなさん、こんにちは。傘木希美役の東山奈央です。
約一ヶ月たっても劇場に足を運んでくれてありがとうございます。
リピーターの方もいらっしゃるようで、私もリピーターですが(笑)

藤村:みなさん、こんにちは。中川夏紀役の藤村鼓乃美です。
初めての方も結構いらっしゃったので、精一杯いいお話できたらと思います。

山岡:みなさん、こんにちは。吉川優子役の山岡ゆりです。
因みにユーフォシリーズも観たことなくて、今日が初めての方いらっしゃいますか?
(会場からチラホラと手が挙がる)
わー、その方の感想、すごく聞きたいです。感想はtwitterにでも書いてもらえると……。
楽しんでいって下さい。

山田:こんにちは、前回こちらで舞台挨拶させて頂いた時に北宇治カルテットの黒沢さん安済さんにポテトが美味しいと聞いていて、バーベキュー味が美味しかったです。
食べた方います?
あ、そういえば自己紹介しましたっけ?(笑)
京都アニメーションの山田尚子です。監督です。

司会:早いもので公開4週目を迎えましたが、映画の見所を教えてもらえますか?

山岡:とにかく、仕草、音、芝居が本当に繊細に描かれています。1分1秒を見逃さないようにしてください。
新キャラも個性的ですが、あまりピックアップされていないので、そういうところも観て頂けたらと思います。
やだ真面目?(笑)

司会:学校の日常の自然なワンシーンも観て頂けたら。

山田:今年の新1年生はすごい自由な子が多くて、今回出てくるオーボエの梨々花ちゃんをはじめ着崩し派が多いです。
急に自由になりまして校則どうなっているの?といった感じで個性豊かです。

司会:何でもない日常会話が多いですよね。

山岡:わざわざ自己紹介するシーンとかないので、気になる方は「響け!ユーフォニアム」シリーズを観てもらえたら。

東山:前作主人公の黄前ちゃんが自然に居て、前のメインの子たちも自然に溶け込んでいます。

藤村:キャラの目線、誰がどのタイミングでどこを観ているかに注目して貰えたら良いと思います。
出てくる女子がみんなかわいい。あそこの学校通いたい(笑)。

山田:私も通いたい(笑)。

司会:目線は意識されてますでしょうか。

山田:「リズと青い鳥」は目線の作品かなと思っています。
台詞以上にキャラの心情を語っていますので大切に描きました。

山岡:そんなに台詞ないですもんね。

東山:こんなにしゃべっていないシーンが続いて大丈夫なのかなと思いました。
静かだけど情報量が凄いです。

種崎:(アフレコ時に)立っている間も、(映像が)流れてる映像が勝手に入ってくるつくりになってました。
音楽担当の牛尾さんとHomecomingsさんのインタビューにもありましたが、奇跡のような作品だと思いました。
彼らと監督と作品のシンクロ率が奇跡のようだと思いました。

山田:どのインタビューですか?あとで教えてください。
実際にお会いしてお話した時は、作品のコアの部分、芯の部分の共有をしたやりとりをしたので……、あっとネタバレになる……、危ない。

司会:Homecomingsさんとお話したことはどんなことですか?作品が決まってからでしょうか。

山田:彼らが普段レコーディングをしているスタジオにお邪魔してでもとか聴かせて貰いました。
歌詞を書いた福富(優樹)さんが、ラストの1フレーズだったりAメロの始まりだったり……ハートキャッチされました。

山岡:劇中の演奏シーンもよくて、二人の演奏を聴くと鳥肌立って凄いと思いました。

山田:はい、言いたくなりますが言えない……(笑)

東山:オーボエとフルートの音がどれ一つとっても同じじゃない。サントラも思わず聞いて感じ入ってます。

山岡:映像と演奏で泣ける。

藤村:音の違いがちゃんと分かるってのが凄い。

山田:でっしゃろ(笑)
演奏された方にも演じ分けてくださり、音響の方も手を尽くしてくださって、あそこは面白いと思います。

司会:音楽で一つ見所を伝えるとしたらどこでしょうか?

山田:色んな見方、色んな目線、例えば学校の備品の目線とかもあるかなと思うんですが、それも音楽なんですよ。映画を観ているあなたも物音になれるんですよ。

司会;種崎さんは10回以上観られているようですが見所は何でしょうか?

種崎:先ほど話してた奇跡のようだの流れからなんですが、作品の中で偶然そうなった音楽、音も絵もなんですが、偶然でなく必然だったのでは。
アニメでこんな凄い作品ができたら、この後のアニメが大変だなと思いました。

東山:実写を絵にすると大変だなと思いますが、普段は気付かない実写の大切さ、絵や音に対して知覚過敏になってしまいます。それが「リズと青い鳥」症候群です。

山田:聞いていて、そんな凄いアニメ観てみたいと思いました(笑)

司会:最後に挨拶をお願いします。

山岡:「リズと青い鳥」は山田尚子監督の色んな世界がとても出ている芸術作品です。
色んな見方、感想があります。思いや感想を育んで楽しんで貰えたらと思います。

藤村:今みんながしゃべったことも伝わればいいなと思います。
この作品に関われて嬉しいです。
これからもいっぱい観て貰えると嬉しいです。よろしくお願いします。

東山:改めてありがとうございました。
フラットな目線を失ってしまうのではと思いネタバレしないように四苦八苦してます。言葉で魅力を伝えるのは難しいです。
スタッフやキャストさんのコメントさんの思いは公式TwitterでRTされている記事で読めます。
また行きたくなるような作品だと思います。
「リズと青い鳥」を宝物にして貰えたら嬉しいです。ありがとうございました。

種崎:世の中に沢山映画があるなかで「リズと青い鳥」を選んでくださりありがとうございます。
MOVIXさいたまに来た瞬間、おかえりなさいと言われたのが凄く嬉しかったです。
舞台挨拶ができるのは、皆さんが観てくれているからです。
映画は気付いたら終わっているので、観ていない方に教えて、伝えてあげて下さい。
今日で舞台挨拶最後ですよね?ありがとうございました。

東山:メチャクチャ大ヒットすればまた……。
(楽屋での)みんなとのふれあい、(東山さんの)奇跡のようなポニーテール(笑)、少女のような監督の笑顔とか瞬間冷凍したい、尊いかけがえのない作品です。
みなさんんお中に大切にしまっておきたいと思える作品になると嬉しいです。

山田:毎度最後に話すんですが、みなさん良い話をしてジーンと来たんで、(話すことを)考えられませんでした。
大切につくりましたの一言で、人と人とが向き合う瞬間を切り取りたいと思った作品です。
みなさんの大切な人にも届けて下さい。好きに観てもらえたらと思います。
ありがとうございました。

 「リズと青い鳥」の大ヒットを記念しての舞台挨拶が新宿ピカデリーとMOVIXさいたまで開催されました。

日時:2018年5月12日13:35上映終了後
会場:MOVIXさいたま シアター10
登壇者:種崎敦美、東山奈央、藤村鼓乃美、山岡ゆり、山田尚子監督
司会:小西(ポニーキャニオン) 
※以下敬称略

 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですが舞台挨拶の様子を纏めてみました。微妙なニュアンスの違いや意味の捉え間違い、抜け等あるかと思いますが、雰囲気だけでも味わってもらえたら幸いです。
liz_saitama01_20180512
関連記事:
「リズと青い鳥」完成披露先行上映会 舞台挨拶レポート
「リズと青い鳥」山田尚子監督×牛尾憲輔 スタッフトーク付上映会レポート
http://htt123.blog.jp/archives/1071195904.html
「リズと青い鳥」大ヒット御礼舞台挨拶レポート(新宿ピカデリー1回目)
http://htt123.blog.jp/archives/1071215656.html

---
司会:まずは一言ずつ挨拶からお願いします。

種崎:みなさん、こんにちは。鎧塚みぞれ役の種崎敦美です。
(客席とステージが)近いですね。
今日初めて観られた方いらっしゃいますか?
(会場からチラホラと手が挙がる)
上映後ならではのお話ができたらと思います。

東山:みなさん、こんにちはー!
傘木希美役の東山奈央です。
リピーターの方から初めての方まで沢山の方に来てもらって……
(客席の初めて来た方に向けて)「今日は何で来ようと思ったんですか?」
(客席)「さいたまが近かったからです」

司会:いきなり会場に振りましたね(笑)

東山:今日はよろしくお願いします。

藤村:みなさん、こんにちは。中川夏紀役の藤村鼓乃美です。
ただでさえ客席に近いのに、(東山さん)自ら近づいて……。
新しいお客さんもいることですし、色んなお話いっぱいできたら。

山岡:みなさん、こんにちは。吉川優子役の山岡ゆりです。
私だけマイクでかくないですか?(笑)
楽しくやっていきたいです、よろしくお願いします。

山田:私もマイクでかいです。
おはようございます、こんにちは。
京都アニメーションの山田尚子です、監督です。
ちょっとの間ですが、よろしくお願いします。

司会:作品を観た時の感想や印象に残ってるシーンは何でしょうか?

山岡:この作品は二人の女子にピンスポットがあてた作品ですが、自分では学生だった当時の事を思い出せないんですが、監督はどうされたんですか?

山田:原作から?(笑)
大人になったら忘れてしまいそうな、心のほつれ、一つ一つの行動で心が動くことを考え直しました。初めての行動をとった時にどう思うのかも考え直しました。

山岡:みぞれが髪をなおす時に(手が)クロスするの好きです。

山田:私も好きです。
逆の手で触っているのには特に意味はないです。

藤村:観終わった後に、ああ青春だな、と思いました。
(みぞれや希美と)同年代だと気付かない、自分が大人になったなと思った。
今、学生の方がいらっしゃったら一瞬の輝きを大事にして下さい。

山田:学生の方って、映画観てどう思われました?

(客席の大学生から)
ああ、そういえば、こういうこともあったなと思いがした。心当たりがあったなと思った。

東山:映画では学校から出ないですが、だからこそ感じられる痛み、学生ならではですよね。

山田:限られた場所にいるからこそ感情が膨張します。
右見ても左見ても知ってる人しかいない環境って、今思えば凄いですよね。

種崎:卒業してから母校に行ったことあります?

山田:教育実習で行きました。

東山・山岡:えー、先生! (台詞が被ったのでほぼ同時に)ハッピーアイスクリーム。

山田:すごい、こういう風に使って下さい。
教育実習では美術の先生をしてました。

種崎:卒業してから学校に行くとちっちゃく狭く感じました。

山田:取材のたびに学校に行きますがちっちゃいですよね。

東山:トイレとか手洗い場とか低いですよね。

種崎:私のマイク、ちっちゃくないですか?
好きなシーンですか、梨々花ちゃんの「そうですか〜」とか、動きがかわいいです。

山田:コンテ描いてた時に勝手に動き出しました。

種崎:コンビニで売ってるゆでたまごは、何で味ついてるんですか?殻があるのに。

山田:浸透圧です、でいいんですよね?(笑)

山岡:私、さらに塩つけて食べてました。
濃い味が好きです。流行って欲しいです。

東山:梨々花ちゃんで思い出した。
種崎さんが梨々花ちゃん役の杉浦しおりちゃんとのエピソードをパンフレットで話してくれててコメントに「ずっと種崎さんと話したかったけど緊張してどうすることも出来なかったら、種崎さんから超えをかけてもらって爆発しそうなくらい胸が高まりました」って両思いぶりを見て、希美としてジェラった(笑)

種崎:リアルでしたね。キャラとキャストがシンクロしすぎですよ。
他の舞台挨拶でも話したんですが、梨々花ちゃんが「わー」って来たんで「私なんかと話しても楽しくないよ」ってリアルに言ってしまいました(笑)

山岡:1〜3年キャラと声優似ていますよね。

山田:(キャスティングには)石原(監督)さんも背負っていますんで。

司会:キャラとキャストで共通するところお持ちですよね。

山田:山岡さん、リボン付けてたことないですっけ?

山岡:イベントではいつもは付けています。

藤村:今日は?

山岡:黄色(のリボンは合わせるのが)難しい。
心の清い人には見えます(笑)

司会:これから西屋さん、Homecomingsさんとのスタッフトークもありますが、聴いてみたいことはありますか?

山田:Homecomingsさんに質問すること……、どうじゃった?どんな気持ち?か聞いてみたいです。
ステキな曲で、ずっと口ずさんでます。
本当にステキな曲を描いてくれました。
歌詞は一人だけ男性の福富(優樹)さんが書いてくれたのですが、作品とのシンクロ率が高かった。その辺の気持ちを聞こうと思います。
答えを聞きたい方は京都まで良かったらお越し下さい。

司会:山田監督はエンドクレジットソングの歌詞を作詞されていますが?

山田:出出しの「ことり」が足音と思って、希美の足音を大事に閉じ込めていたいみぞれの気持ちになって、希美の全てを真空パックするつもりで。
だんだん目線が大きくなって彼女を見守ってきた学校・空間・容器の目線になっています。

司会:ぜひ2度、3度見てその辺もチェックして下さい。
そろそろお時間になってきましたので、最後に一言ずつ。

東山:えー、まだ話したい。
(MOVIXさいたま担当者から「あと少しだけ大丈夫です」の合図)
駄々こねてみるもんですね(笑)

山岡:MOVIXさいたまさん優しい。

東山:MOVIXさいたまさん、待合室のホワイトボードにイラストがあったり凄いんですよ。

司会:またMOVIXさいたまさんで舞台挨拶があればいいですね。
では、本当に最後の挨拶をお願いします。

山岡:吉川優子役の山岡ゆりです。
また舞台挨拶に来られるためにも、拡散が必要です。
宣伝よろしくお願いします。
ハッピーアイスクリームも日常で使って下さい。
みなさんのSNS力はこんなものじゃないはずです(笑)
今日はありがとうございました。

藤村:ハッピーアイスクリームを自ら出していく(笑)
ハッピーアイスクリームは、前何話してたかを忘れるくらいなので、ぜひ流行らせて下さい。
よければ何回もリズと青い鳥を見て下さい。
今日はありがとうございました。

東山:傘木希美役の東山奈央です。
エンドクレジットソングの最後に学校目線になるところや、OPのBGMは物音ミュージカルとして使われて二人を取り囲む環境が見守っているという目線になっているなど、色んな目線で観ることができます。
劇場で公開されているうちに、ぜひまた観てください。

種崎:今日はありがとうございます。
今日話した通り、キャラとキャストが本当にシンクロしてまして、私は学生の時にみぞれにとっての希美と同じくらい大切な子が居て、その子にこの映画の感想を聞くのが怖かったんですが、普通の感想で「あー、そういう子だった」と思いました。ただ「1番最初に会って話したい」とメールに書いてあって、遠くにいるからなかなか会えないのですが……。
なので、本当に色んな大事な人と観たり、一人で観たりでもいいけど、誰かと話しても色んな感想が生まれてくる話かなと……、ごめんなさい、話がまとまらない……、沢山観て下さい。
舞台挨拶史上メチャクチャです。

東山:大学になってみぞれの演奏を聴いた希美がそんな感想いいそう。エモかった。

山田:今日はお越しいただきありがとうございます。
本当に会って話をしたいと思った凄さ、そういう思いを感じる映画でありたいと思います。
言葉を描く、コミュニケーションを描く、会って話したいという思いが伝わる、心をじんわり温めて頂いて、(今の種崎さんの話が)刺さってしまって……、そういう作品でありたいです。
これからもよろしくお願いします。

 「リズと青い鳥」の大ヒットを記念しての舞台挨拶が新宿ピカデリーとMOVIXさいたまで開催されました。

日時:2018年5月12日10:30上映終了後
会場:新宿ピカデリー シアター1
登壇者:種崎敦美、東山奈央、藤村鼓乃美、山岡ゆり、山田尚子監督
司会:小西(ポニーキャニオン) 
※以下敬称略
liz_pica20180512
 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですが舞台挨拶の様子を纏めてみました。微妙なニュアンスの違いや意味の捉え間違い、抜け等あるかと思いますが、雰囲気だけでも味わってもらえたら幸いです。

関連記事:
「リズと青い鳥」完成披露先行上映会 舞台挨拶レポート
http://htt123.blog.jp/archives/1070721785.html
「リズと青い鳥」山田尚子監督×牛尾憲輔 スタッフトーク付上映会レポート
http://htt123.blog.jp/archives/1071195904.html


---
司会:まずは挨拶を一言ずつお願いします。

種崎:みなさん、こんにちは。鎧塚みぞれ役の種崎敦美です。ここに来ると初日の舞台挨拶を思い出します。
舞台挨拶史上最大の人数だと思いますが、時間なくなるまでよろしくお願いします。

東山:みなさん、こんにちは。傘木希美役の東山奈央です。初日以来のピカデリーですが今回もみなさん、上映後の舞台挨拶ということで色々お話しできたらと思います。よろしくお願いします。

藤村:みなさん、こんにちは。「リズと青い鳥」では初めての舞台挨拶で楽しみです。
あ、中川夏紀役の藤村鼓乃美です。

山岡:みなさん、こんにちは。吉川優子役の山岡ゆりです。上映後ですが、みなさん元気ですね。
和やかにお話ししていけたらと思います。

山田:みなさん、おはようございます。
昨日もここで牛尾さんとお話ししてました。
あ、京都アニメーションの山田尚子です。監督やっています。
昨日と違って華やかな感じですが、よろしくお願いします。

山岡:昨日はどんなお話しされたんですか?

山田:のぞみぞゲームの話しとかしてました。
(「のぞ」「みぞ」「ナハ」とゲームの説明をする)

東山:公式TwitterからRTされたインタビュー記事にあった、最後のシーンで希美の99と101のテンポの話を読んだのですが、電車の中で鳥肌立ちました。

山田:牛尾さんの話が難しくて、途中で聴くのを止めました(笑)
作品はできちゃったし……。

司会:公開4週目を迎えての反響や感想は如何でしょうか。

東山:GWに家族で観に行ってきました。
父母は初めて観るんですが、父はみぞれ視点で、母は希美視点でお互い初見なのに視点が違ってて楽しかったです。
司会:割と回数観られてますよね。

東山:劇場では3回観ています。

種崎:私も劇場では3回……。

司会:種崎さんの目標は20回でしたよね?(笑)

種崎:白箱あわせたら14、15回なので目標には達していないですが近い所には……。
友人にチケット渡して観て貰った感想が「駄目な芝居してたら怒るよ」って言われてたんですが「良かったよ、人間が、みぞれがそこに居たよ」って言われました。あと「この子は一人になっちゃう子だってのが分かった」って言われて嬉しかったです。

山田:占い師みたいなお友達ですね(笑)

司会:監督は如何でしょうか。

山田:3週間たってますが、熱が熱くいるのを感じています。
どんどん広がれ「リズの輪」って感じで、観てくださってる方の熱もわかりますし、社内でも西屋さんとニヤニヤしながら良い評判だねって話してます。

司会:監督は舞台挨拶皆勤賞ですね。

山田:はい、そうですね。
ところでみなさん、ハッピーアイスクリーム広めてくださってる感じですかね。
みなさん宣伝隊長となってまずは5人、そして更に5人とどんどん広めていってくれたら。

山岡:それねずみ講じゃ(笑)

司会:山岡さんは?

山岡:純粋すぎますよね。
(台本やアフレコではない)音と色がついた状態だと、知覚過敏になって、すごい周りの環境音が気になるようになりました。あれは何ですか?

山田:「リズと青い鳥症候群」という病名です(笑)

山岡:人が何を考えているのが気になりましたし、観る人によっても感想が違う、こんな重大な映画に出ちゃったんだなと思いました。
優子の成長を見守りつつも、希美とみぞれの二人が実写のドラマのような空気感を感じました。

司会:優子は成長した感ありましたよね。

山岡:リボンもちっちゃい感じで、アニメは誇張しがちですが、より現実っぽくなるようなお芝居を心がけました。

山田:3年になった優子は人の話をちゃんと聞く、部長の目標として、そこを尊重したいなと思いました。

藤村:部長になることに専念しすぎて、パンクしてしまうんじゃないかなと思いました。

山岡:夏紀と優子の二人はいい関係ですよね。喧嘩するほど……。

藤村:ああやって言い合える関係良いですよね。(山岡さんに向かって)ありがとう。

山岡:(藤村さんに向かって)ありがとう。

司会:藤村さん、夏紀とみぞれの関係とかどうですか?

藤村:初めてみぞれとちゃんと関わることが出来て良かった。
体育のシーンの夏紀(みぞれの代わりにバスケするところ)とかカッコイイですよね。
乙女ゲームでみんながみぞれを攻略しようとしている感じですが、夏紀が超カッコ良かった。

映画だなって作品と言える、小さい映画館とかで長い間上映されて欲しい。
ステキな作品に出られてありがとうございます。

司会:自分のキャラ、または違うキャラですが共感するシーンや考えさせられるシーンがあれば教えてください。

山岡:最後の、みぞれの演奏を聴いて希美が吹けなくなるシーンでは泣いちゃいました。

山田:洗足の方にも、このようになりますってお話ししたんですが、フルートの方が、目の前に超えられない壁(みぞれ)が現れた時に吹けないけど吹く希美になって吹いてくれました。

オーボエとフルートは別室で同時に録ったんですが、色んな息が抜けてく音がたまらない。

芸能人の話しになりますが、引退される安室奈美恵さんの紅白のシーン思い出しました、あ、言わなくて良かったですね、忘れてください(笑)

東山:自分のキャラというよりは「リズと青い鳥 第3楽章」のメロディを沢山聴いたので、パンフレット読んだ時に第四楽章まであることを知りサントラ発売されたので「リズと青い鳥 第四楽章 遠き空へ」を聴いたら、青い鳥が飛び立った後の音楽ですが、この後にはこんな話があったのかと改めて思いました。

山田:飛び立った後からの音楽ですが、その後のお話になっています。
きっと久美子2年生編で意味があるかもしれない、と(監督でもないのに)勝手な事を言っていますが、とんでもないお土産をしていきます。
第四楽章いいですよね、勇気が出ます。

司会:時間も迫ってきましたので最後の挨拶をお願いします。

東山:私挨拶いいので、もっと話したいです(笑)

山岡:朝からありがとうございました。
皆さんによって感想が違うと思いますんで、みんなで観てどういう感想をもったかディベートして貰えたら。
これからも「リズと青い鳥」を楽しんで下さい。

藤村:私も何回か劇場で観ていますが、フルートが震えているところをみると……。
みなさん、もっと深めてもらったら。これからもよろしくお願いします。

東山:映画観終わった後も色んな感想話して楽しめます。
劇場で映画やってるのは僅かな期間なので、ぜひその間に観賞して「リズと青い鳥症候群」も楽しんで貰えたら。

種崎:映画観て感想貰った友人は、普段アニメ観ない、ユーフォも知らない人なんですが、どんな人が観ても何か伝わる作品だと思います。
「リズと青い鳥」を伝えて貰えたら。
これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。

山田:公開から時間経つのに、こんなに沢山の人に集まってもらい胸がつまります。
すごくみんなで心を込めてつくった、一つ一つの心の機微を大切にした作品です。
観てくださった方が、末永く深く愛してくれるとうれしいです。ありがとうございました。

このページのトップヘ