桜高鉄道倶楽部れんらく帳

「桜高鉄道倶楽部-KIOSK-」にてグッズや同人誌を通販しています
https://htt123.booth.pm/

 リアルで会ってる人やtwitterでは既にお馴染みかもしれませんが、実写版咲-Saki-ではかじゅ先輩が大好きです……。岡本夏美さん演じるかじゅ先輩がほんとイケメンすぎてため息しか出ない……。

 という訳で、実写版咲-Saki-の映画公開終了後もちょこちょこと岡本夏美さんが主演された映画(女流闘牌伝 aki-アキ-やハローグッバイ)を観に行ったり、出演されているバラエティ番組をチェックしたり、aki-アキ-のDVD発売イベントに行ったりとささやかながらファン活動を続けております。

閑話休題

 そんな時、岡本夏美さんのカレンダー発売を記念しての握手会が福家書店新宿サブナード店で開催されるとのことで、参加してきました。

日時:2017年11月4日(土)16:00~
会場:福家書店新宿サブナード店

 よくよく考えたら、こういう握手会って初めて行くのですが事前にカレンダー代金分の整理券を購入し、当日会場で引き換えということ。

整理券の種類はこんな感じ。
---
●[1部券] 税込2,700円
特典 1. 握手

●[2部セット券] 税込5,400円
特典 1. 握手
特典 2. オリジナル生写真1枚(全1種・サインなし)

●[3部セット券] 税込8,100円
特典 1. 握手
特典 2. オリジナル生写真1枚(全1種・サインなし)
特典 3. [会場参加特典]として、岡本夏美さんとお客様との2ショットチェキ1枚(サインなし・ポーズ指定不可)
※2ショット撮影時、お客様は椅子に座っていただきます。

●[5部セット券]
限定30枚 税込13,500円
特典 1. 握手
特典 2. オリジナル生写真1枚(全1種・サイン入り)
特典 3. [会場参加特典]として、岡本夏美さんとお客様との2ショットチェキ1枚(サインなし・ポーズ指定不可)
※2ショット撮影時、お客様は椅子に座っていただきます。
 特典 4. 生写真付き直筆サイン色紙1枚
※事前サイン済み色紙、生写真の絵柄はオリジナル生写真とは別バージョンになります。
---

 いやはやよくできたシステムだ。
悩んだ結果、セカイは3部セット購入。当日並んだ際の周りの人の様子を見た感じでも3部セット購入の人が多い印象。

 集合時間5分くらい前に行ったら巻き状態でして、結局30分弱くらい並んで、憧れの岡本夏美さんとのご対面。イベントの流れは2ショット撮影会→握手→終了という感じ、ほんとあっという間の夢のような出来事でした。

 セカイは咲クラとしての矜持で、2ショット撮影会の際にモモが表紙の「咲-Saki-」5巻を持ち込み。岡本夏美さんにも反応して頂けまして嬉しい嬉しい。
覚えている限りのざっくりとした会話はこんな感じ。

---
夏美:あー、咲-Saki-ですか?

セカイ:咲-Saki-のかじゅ先輩で岡本夏美さんのファンになりました。

夏美:わー嬉しいです。
加治木は演じるの難しかったんですよ。
大丈夫だったでしょうか?

セカイ:ばっちし、すっごいカッコ良かったです。
もともとかじゅ先輩好きだったんですが、岡本夏美さんが演じてくれたおかげで、ますます好きになりました。

夏美:嬉しいです、ありがとうございます。
---

因みにカレンダーや、特典で貰ったブロマイドはこんな感じ。
okamotonatsumi01
okamotonatsumi02
 という訳で夢のような一時はあっという間に終わり。
実写作品はハマると実際の役者さんに会えるというのが、とても良いですね。
mile_oide2s

 11月2日〜5日にかけて開催された「第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」にて、アニメーション作品の劇中に流れる音に注目した「アニメーションの音を聴く」プログラムで、映画「聲の形」"inner silence"の作曲を担当した牛尾憲輔氏の演奏による劇伴ライブが行われました。
chitose03
日時:2017年11月3日18:30回上映前/上映後
会場:ソラシネマちとせ 1番スクリーン
登壇者:牛尾憲輔
司会:ポニーキャニオン 中村
※敬称略

 映画上映&ライブの前後に、牛尾さんからお話しがありましたので、その様子を軽く紹介。

 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですがトークの様子を纏めてみました。一部聴き逃しやメモ間違い微妙なニュアンスの違い等あるかもしれませんが雰囲気だけでも味わって貰えたら幸いです。

関連記事:幼少時の将也のイメージ「ハンバーグ」は牛尾さんが元ネタ!?映画「聲の形」スタッフトーク付上映会レポート(登壇者:山田尚子、牛尾憲輔)
関連記事:牛尾憲輔さんが語る「聲の形 inner silence」観賞への3つの心がけ
関連記事:牛尾憲輔さんが語る「聲の形 inner silence」ができるまで
---
chitose02
●上映終了前

中村:こんばんは。今回のお話しの聞き手を務めるポニーキャニオンの中村です。

牛尾:牛尾です、よろしくお願い致します。

中村:今回はハードコアな企画ですがお呼び頂けた感想ありますでしょうか?

牛尾:ハードコアで難解なので、終わった後に席に座っていてくだされば良いなと思っています。

中村:"inner silence"のコンセプトを簡単に説明していただけますでしょうか?

牛尾:「聲の形」ではコンセプトワークから参加して長い時間をかけてつくっていきました。その際にあるべき音楽としてバッハの「Invention」を使うことが決まりました。そのまま使うか、アレンジして使うか、2時間バッハの「Invention」だけを扱って、伸ばしたり引き伸ばしたりと、茫洋とした風に音楽をつくりました。2時間ノイズがのってるだけなので、商業に載せるのは難しいということになりましたが、Blu-ray発売にあたってコンセプトを直におした"inner silence"を表に出すべきだろうということになりました。

今回は、「聲の形」のあるべき姿をライブにしてお届けします。

中村:"inner silence"を楽しむにはどうすればよいでしょうか?

牛尾:"inner silence"ではコンセプトを大事にしていますので、音もセリフもない、初めてではストーリーを追うのも難しいと思います。

 見方としては3つあります。

 1つ目は、絵を楽しむことです。
刺激に溢れたアニメで、(音やBGMがないので、こんなにも)絵に集中できることはないです。
繊細なタッチを味わって下さい。

 2つ目は寝ちゃうことです。
今回は、5.1chで、音をつくったエンジニアと一緒にステージをつくっています。
夢を見るように茫洋と身を委ねるのも良いと思います。

 3つ目は、これからの2時間を思考する2時間にすることです。一体何をしたのか?映画を観るとは?時間美術とは?音楽とアートとは?思考芸術として観て下さい。

中村:ものすごく貴重な機会を与えてくれた映画祭のスタッフに感謝です。
楽しんで頂けたらと思います。

---
本編の演奏は、牛尾さんがB21〜B24/C21〜C24座席に機材を設置して2時間ぶっ通しで演奏されました。
chitose04

---
●上映終了後

中村:皆さん、ありがとうございます。
また牛尾さんの準備が整ったらお話ししてもらおうと思います。
皆さん、どのように感じられたでしょうか?
宣伝になっちゃいますが、「聲の形」のBlu-rayには副音声として"inner silence"が収録されています。
では、牛尾さんの登場です。

牛尾:沢山の方に(終了後も)残ってもらえて嬉しいです。

中村:演奏を終えてどうでしたか?

牛尾:大変疲れました。
聴く方も疲れたと思いますが、やる方も疲れました。

中村:演奏しての率直な感想をお願いします。

牛尾:キャラの動作をピアノの音があった時、新たな見方を提示できたのではと思います。
一つ一つの音符が、狙った場合もあれば、たまたまキャラの動作に重なった時もあり、新たな側面があり、自分も観ながら発見がありました。

牛尾:バッハの「Invention」を加工して生のピアノ演奏をしています。(タイミングを)コントロールしながら2時間分のライブとなりました。

中村:事前の準備はどうでしたか?

牛尾:もともとの"inner silence"の2時間にあわせて映画館のシステムの中に曲を入れさせてもらって音と映像がリンクするようにして貰っています。スタッフに感謝です。

中村:特に苦労したのは何でしょうか?

牛尾:(映画館は)普通のコンサート会場のスピーカーではないので、事前に音楽のエンジニアと破綻しないように調整しました。

中村:テクニカルな部分がクリアになってようやくできた訳ですね。

牛尾:ボヤ―とやっているように見えますが、厳密なタイムラインがあります。最初のコンセプトが破綻することなく出し切ることができました。

中村:新たな発見ありましたか?

牛尾:最初より発展していって発見ありました。
また次に繋がるといいなと思いました。
公開から1年経っても、取り上げてもらって嬉しいです。

中村:最後に一言お願いします。

牛尾:「新千歳空港国際アニメーション映画祭」で取り上げて貰ってありがとうございます。
もしまだ(通常の「聲の形」を)ご覧になっていない方がいらっしゃったら、観て頂けたらと思います。
大変な映画を観る形ですが、おつきあい頂きありがとうございました。

(翌11月4日、牛尾さんの色紙がソラシネマちとせの展示に追加されているのを確認しました。)
chitose05

 前回に引き続き「 私たちは、いま!!」内のイベントレポート。実はセカイが応募したのは、山田尚子監督の出演が事前にアナウンスされていたこの監督・演出トークステージとサイン会のみだったり。
ima3_01
■第3回京アニ&Doファン感謝イベント 私たちは、いま!!―2年ぶりのお祭りです― 届け!京アニ&Doのいろいろ編「監督・演出」トークステージ
日時:2017年10月28日12:10〜13:00
会場:京都市勧業館(みやこめっせ) 3F ステージイベント会場
出演:石原立也山田尚子小川太一山村卓也武本康弘(敬称略、当日の左からの並び順)
司会:白石稔
ima3_02
 いつも通り自分のメモ用にトークショーの様子を纏めてみました。メモからレポート起こしているので、微妙なニュアンスの違いや意味の捉え間違い、大幅な聞き漏らし等もあるかと思います。もし明らかな誤記がございましたらご指摘頂けると助かります。

 なお、スクリーンに映し出された作品一覧は、メモを取りきれなかったので後日、自分で調べなおしていますので、抜けや並び順の違い等あります。

参考:第3回京アニ&Doファン感謝イベントの山田尚子監督サイン会に参加してきました
http://htt123.blog.jp/archives/1068530063.html
参考:「第2回京アニ&Do ファン感謝イベント」京都アニメーション監督対談!レポート
---
石原:京都アニメーションで監督・演出をしている石原立也です。

山田:京都アニメーションで監督・演出をしている山田尚子です。

小川:京都アニメーションで監督・演出をしている小川太一です。

山村:アニメーションDoで演出をしている山村卓也です。

武本:京都アニメーションで監督・演出をしている武本康弘です。

司会:以上のメンバーでこのステージを進めていきます。
よろしくお願い致します。

改めてお話し伺っていきますが最初のコーナーはメンバー紹介です。
まずは石原さんから。

---スクリーンに石原立也監督の携わった作品一覧が表示される---
監督:AIR
涼宮ハルヒの憂鬱
Kanon
CLANNAD-クラナド-
CLANNAD〜AFTER STORY〜
涼宮ハルヒの消失
日常
中二病でも恋がしたい!
中二病でも恋がしたい!戀
響け!ユーフォニアム
響け!ユーフォニアム2
無彩限のファントム・ワールド など
------

石原:何か縦読みとかするところあるんですかね(笑)

司会:特にそんなアナグラムはないです(笑)

石原:最後に「など」ってありますが、ほぼ全部だと思います。

司会:初めて演出した時の事や大変だったこととか覚えていらっしゃいますか?

石原:最初に演出した時は難しかったですよ。
演出って自分が思う目標と実際が、キャッチボールで言うところの、思ったところにボールがいかないような、自分が投げるときのコントロールが難しいところがありまして、例えば尺やカット数がオーバーしたりします。
最近はようやくコントロールがきいてうまく収まるようになりました。

司会:入社当初の思い出はありますか?

石原:大変でした。
最初は他社さんの仕事でセルの色塗りや動画もやりました。
最初の動画は、ブランコの止めのシーンでした。

小川:声優以外全部やったって聞きましたが?

山田:撮影も?

司会:背景も?

石原:すみません、そこまでやっていません。
入社してから年でいうと30年くらい、あっという間でした。

司会:「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」「響け!ユーフォニアム(2年生になった久美子たち)」の映画の状況はいかがでしょうか?

石原:「ユーフォ」はシナリオの打ち合わせをやっています。
「中二病」は来年1月公開なんで、かなり出来上がっています。

司会:「中二病」はキービジュアルが先日公開されました。

山田:「じゅっか(小鳥遊十花)さん」めちゃくちゃ怖い。

司会:「とおか(十花)」です。

山田:あ……、(ちゃんと読めるか)試したんですよ(笑)

司会:劇場作品を2作も抱えていますが、そんな監督はそうそういないのでは?

石原:よくぞ言ってくれました。
正直、忙しくて「届けたいメロディ」の時はほとんど覚えていないです。

司会:では続いて山田さんを。

---スクリーンに山田尚子監督の携わった作品一覧が表示される---
けいおん!
けいおん!!
映画けいおん!
たまこまーけっと
たまこラブストーリー
映画 聲の形 など
------

山田:今回、漢字の作品が増えたんですよ(笑)

石原:しかも難しい字(笑)

山田:前回はひらがなばかりだったのに。

司会:映画「聲の形」上映から1年経ちましたが如何でしょうか?

山田:まだ半年くらいしか経っていない気持ちです。
今回のステージは、聲の形の演出メンバー(小川さん山村さん)が揃っているんですよ。
もう1年前なんですよね、時が経つのが早くて怖いです。

司会:反響は如何だったでしょうか?

山田:「聲の形」は人それぞれの受け取り方が違う作品だと思いますので、作品を出した時点で私の役割は終わったなと思っています。

小川:山田さんの力の入れようが凄くて山村さんが凹んでいました。

山村:自分の中で落とし込みが足りないかなと凹みました。

司会:次作の「リズと青い鳥」はどういった話でしょうか?

山田:「響け!ユーフォニアム」のスピンオフ作品で、オーボエとフルートの子の話になります。
原作読まれた方いらっしゃいます?

(会場から挙手がチラホラと)

山田:なかなかハードコアですよね。
「聲の形」と違ったハードコアさがあるんで、気合を入れていかないとと思っています。

司会:続いて小川太一さん。

---スクリーンに小川太一さんの携わった作品一覧が表示される---
演出:氷菓
たまこまーけっと
Free!
境界の彼方
たまこラブストーリー
甘城ブリリアントパーク
無彩限のファントム・ワールド など
監督:響け!ユーフォニアム〜届けたいメロディ〜
------

司会:「響け!ユーフォニアム〜届けたいメロディ〜」での初監督は如何でした?

小川:演出だけでは経験できないこと、音楽の打ち合わせ等がとても刺激になりました。
監督はゼロからつくらないといけないので大変だなと思いました。

司会:石原さんからみて、小川さんの監督ぶりはどうでした?

石原:「響け!ユーフォニアム」に監督として携わっていた身からして、僕だと時系列を入れ替えるとかはしないから、そういった僕にはない新しい発想がいいなと、よくやっているなと思いました。

司会:では続いて山村さん。

---スクリーンに山村一さんの携わった作品一覧が表示される---
演出:中二病でも恋がしたい!戀
たまこラブストーリー
Free! -Eternal Summer-
甘城ブリリアントパーク
劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 未来篇
響け!ユーフォニアム
無彩限のファントム・ワールド
------

司会:直近の演出は「特別版 Free!-Take Your Marks-」ですか?

山村:1〜3話のコンテやっています。

司会:今は何をされていますか?

山村:「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」をやっています。

司会:どんな感じでしょうか?

山村:先行上映回での反響もよかったんで、お楽しみにとだけ。

司会:続いて武本さん。

---スクリーンに武本さんの携わった作品一覧が表示される---
監督:フルメタル・パニック?ふもっふ
フルメタル・パニック?The Second Raid
らき☆すた
涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの消失
氷菓
甘城ブリリアントパーク
映画ハイ☆スピード!-Free!Starting Days-
小林さんちのメイドラゴン など
------

山田:カタカナが多い。

武本:メンバー紹介だけで時間オーバーしてるってカンペが出てますが、巻かなくて良いんですか?

司会:そういったことはこちらでするんで気にしなくて大丈夫ですよ(笑)
メイドラゴンはコメディ色多い作品ですがどうでしたか?

武本:コメディよりも、ゆったりとした部分を楽しんで貰えたら。
ゆるっとした感じ。

司会:「メイドラゴン」の監督やってどうでしたか?

武本:楽しかったです。

山田:「メイドラゴン」楽しかったです。家族大事だなと。

司会:他の方の何か気になるところはありますか?

小川:中二病の戀やっているのに、先程の作品一覧に入ってなかった。

司会:スタッフから「など」に入っていますとカンペがありました。
以上、自己紹介のコーナーでした。

続いてはプレゼントコーナーです。
(抽選で5名に登壇者のサイン入りポスターがプレゼントされました。)

司会:続いて質問コーナーです。
質問1:監督の仕事ってどんなことをされるのですか?

石原:友達にも聞かれますが、(実写の)映画監督の撮影風景とかは見たことあるかと思いますが、やっていることは変わらないです。(実写の)映画監督は、役者のお芝居に対してOK/NGを出しますが、アニメはキャラクターのお芝居をアニメーターが描くので、それがOKならOKを出し、お芝居が駄目だったら描き直しを依頼します。

あとはシナリオの打ち合わせや音楽を決めたりです。
ハリウッドの監督は編集権が無いと聞きますが僕達は最初から最後まで、Blu-rayのパッケージ等にも関わります。

武本:僕はパッケージについて聞かれたことないですよ(笑)

小川:監督と演出の違いは?

石原:監督は、作品全体をひっくるめての舵取りをしています。

小川:僕がもっと監督のことについて聞きたいのでありがとうございました。

質問2:クリエイターと違う考えのキャラクターを描く時はどうしますか?

山田:私が心がけるのは、偏った見方をしないことです。
このキャラがこういった行動をとった理由を見て、私の価値観を入れないようにします。
キャラが想像つかないことを言ったとしても、尊重して理解に努めます。

司会:小川さんはどうでしょう?

小川:山田さんがすごく良いことを言ったんであまり言うことはないですが、個人的には「キャラクター」と言いたくないです。アニメーションって「いかす」という意味なので生きていると考え、心がけています。

司会:山村さんはいかがでしょう?

山村:皆さんと大体同じです。キャラクターが生きてきた上での行動なので。

司会:武本さんはいかがでしょう?

武本:みなさんと同じです。
あえて言うなら、自分でわからない時は人と打ち合わせたり、他の人に頼ったりもします。

司会:石原さんはどうでしょう?

石原:僕の場合は、訳がわからないキャラクター、例えばフルメタのガウルンとかはどういった人生を歩んできたかが難しいが、ユーフォや中二病といった普通の人間が多い作品では悩んだことがない。
(質問受けた際に)最初に浮かんだのは「エミュレーション」かなと。

小川君が「キャラクター」という言葉について触れていたけど、「キャラクター」という言葉には、個性や性格といった意味もあるので、そんなものかなと。

質問3:自分が観たいものとお客さんが観たいものは違うことがあると思いますが、どう調整していますか?

武本:主観と客観で永遠に悩み続けるのが監督かなと思っています。
出してみて良かったと言われたり、つまんないと言われたり。

司会:山村さんはバランスどうされています?

山村:ちゃんと伝わるかどうかかなと思います。
それを基準に絵コンテをやっています。

質問4:キャラクターの性格をつかむのに、何を参考にされていますか?ビジュアルでしょうか。

石原:ビジュアルはないと思います。
原作があるものについては、キャラクターの行動から性格をつかんでいます。

山田:家族とかまわりの兄弟とか、そういったところから導き出しています。
あとは部屋の配置とか、服もどんな色のものを着るとかからもキャラクターの性格が見えてきます。

司会:ここでパワポを見てみましょう。

---画面に以下の作品タイトルが表示される---
劇場版 Free!-Timeless Medley-絆
劇場版 Free!-Timeless Medley-約束
劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~(Todoketai Melody)
特別版 Free!-Take Your Marks-
映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-
---

質問5:京アニ映画イヤー、作品の副題にTMが出てきますが偶然ですか?

石原:結論から言うと偶然です。他の作品のことを考える余裕はないです。

司会:たまこまーけっともそう(TM)ですね。

質問6:アイデアやイメージが湧いてくるのはどんな時ですか?

小川:歩いている時やトイレに入ってる時です。
細かいことでもどんどん連想していって、「あっ、これ面白いな」と考えていきます。

逆に、集中してそのことだけを考えて絞り出す時もあります。
そういうのが良い時もあります。

司会:山村さんは?

山村:コンテとかガーって描いてて「あっ」て思いつく時はあります。

山田:山村さんは絵コンテ描くのがめっちゃ早いですよね。
聲の形の絵コンテも、山村さんが手をかざしただけでできてる(笑)

石原:山田さんは考える時間が長いけど、描くと早いよね。じゃないと間に合わない。
考える時はスフィンクスになってる(笑)

山村:聲の形の絵コンテ描いてる時、めっちゃ集中してて質問に行けなかったです。

小川:山田さんは下書きをしないし独特ですよね。
普通は、流れを描いて清書してって感じなんですが、山田さんはいきなりコンテ用紙にサッと描き始めて。

山田:(下書きと清書で)2回描き直すのが……。

質問7:次にどんな作品が予定されていますか?

司会:先日、発表になった「ツルネ」についてお話を……、スタッフがまだ発表されていないですが、これについて喋って頂きたいと……。

山田:ツルネ(末尾が上がる)、ツルネ(末尾が下がる)どちらですか?

司会:どなたにお聞きすれば良いんでしょうか、では目線が集まっている山村さんに。

山村:「ツルネ」は弓道を中心としたお話しです。

司会:以上、質問コーナーでした。
では最後に挨拶をお願いします。

武本:ちょっと生憎の天気ですが沢山の方に集まってもらえて嬉しいです。
展示も見どころありますんで楽しんで貰えたら。

山村:雨の中ありがとうございます。
沢山作品つくっていくんでお楽しみ頂けたら。

小川:(BGMで流れている「ねぐせ」(たまこまーけっとED)に反応して)
この曲を聴くと原画時代を思い出します。
いまステージに立っているのが感慨深いです。

山田:「ねぐせ」がかかってテンションがあがりました。
小川さんに原画やってもらいました。
京都以外からお越しの方もいらっしゃるので、京都の紅葉なども楽しんで下さい。

石原:現在、映画館で上映中のFree!、ユーフォに続いて「リズと青い鳥」「中二病」「ツルネ」と色々つくっていきたいです。
楽しんで下さい。

このページのトップヘ