桜高鉄道倶楽部れんらく帳

「桜高鉄道倶楽部-KIOSK-」にてグッズや同人誌を通販しています
https://htt123.booth.pm/

 公開を心待ちにしていた山田尚子監督の最新作「リズと青い鳥」ですが、公開初日に各所で舞台挨拶が行われました。

日時:2018年4月21日10:45上映後
会場:新宿ピカデリー シアター1
登壇者:種崎敦美、東山奈央、本田望結、山田尚子監督、松澤千晶(司会) 
※以下敬称略
liz_20180421pica01
 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですが舞台挨拶の様子を纏めてみました。微妙なニュアンスの違いや意味の捉え間違い、抜け等あるかと思いますが、雰囲気だけでも味わってもらえたら幸いです。

関連記事:
「リズと青い鳥」完成披露先行上映会 舞台挨拶レポート
http://htt123.blog.jp/archives/1070721785.html
「リズと青い鳥」山田尚子監督×牛尾憲輔 スタッフトーク付上映会レポート
http://htt123.blog.jp/archives/1071195904.html
「リズと青い鳥」大ヒット御礼舞台挨拶レポート(新宿ピカデリー1回目)
http://htt123.blog.jp/archives/1071215656.html
「リズと青い鳥」大ヒット御礼舞台挨拶レポート(MOVIXさいたま1回目)
http://htt123.blog.jp/archives/1071246816.html
「リズと青い鳥」大ヒット御礼舞台挨拶レポート(MOVIXさいたま2回目)
http://htt123.blog.jp/archives/1071295212.html

---
司会:「リズと青い鳥」公開初日を迎えるにあたっての気持ちを挨拶をお願いします。

種崎:鎧塚みぞれ役の種崎敦美です。初日を迎えられて率直に嬉しいです。
これまで話せなかったことも話せるようになって嬉しいです。
今日はよろしくお願いします。

東山:こんにちは。傘木希美役の東山奈央です。
凄い静かな映画ですが、上映後の舞台挨拶なので早くみなさんと語り合いたいです。
短い時間ですが、ワクワクでいっぱいです。よろしくお願いします。

本田:みなさん、こんにちは。リズと青い鳥の声をしている本田望結です。
この作品の公開をすごく楽しみにしていたので嬉しいですが、反面、声優でない私の声を受け入れられるか不安でもありました。今日はよろしくお願いします。

山田:こんにちは。監督の山田尚子です。
(客席を見て)人がいっぱいだなと思い改めてありがとうございます。
今日はよろしくお願いします。

司会:ご自身が演じられたキャラクターや作品の印象についてお話ください。

種崎:ありすぎてどこから……。

司会:最後からいっちゃいます?

種崎:観終わった後ですもんね。どこから。

東山:台詞のままではなく、その裏側に込めた思いが伝わればと思います。

種崎:上映後には分かって頂けたかな。
私も何度も観ているのですが、顕微鏡を見てる時に(思わず)息をしないというか、そんな作品だというのが伝わったかなと思いました。

東山:良い例えですね。

山田:最高です。

司会:ふと目を離したすきに見逃してしまいそうなシーン、描かれていない部分にもストーリーがありますよね。

東山:小さなシーンの積み重ね、雪のように深々と積み重なって大きくなっていくような感じです。
アフレコ時にも、ワンシーン、ワンシーン録っていって小さな積み重ねを積み上げていきました。
全体で観ていった時のゆるやかな動きがあります。

司会:リズと青い鳥がスパイスとして効いてくると思いますが、演じられてどうでしたか?

本田:台本読んだ時に、二役もとびっくりしました。
違いがあった方がいいと思ってたが監督に「深く色をつけないで欲しい」と言われて不安もあったが通して観たら、監督の言う通りだった。
声優が本業でない私の声で、何か途切れてしまわないか、邪魔にならなければいいなと思ってました。

種崎:希美とみぞれの言葉がはっきりしない分、リズと青い鳥が変わってくれました。
おしばいもストレートで良かったです。

東山:ウチ等すなおじゃないから(笑)
すごくありがとう。

種崎:大好きと言えないのを、リズと青い鳥が変わってくれました。

山田:希美とみぞれ、どちらがリズで青い鳥なのか、本来なら二人どちらかにおいていくんですが、またぐるんと入れ替わる瞬間もあるので明記していません。

東山:アフレコ前の話で、希美はリズでみぞれが青い鳥という結論に至るけど、音楽に関して羽ばたくのはみぞれ、愛のために羽ばたくのは希美というのが印象的でした。

司会:パンフレットの中でもボタンの掛け違いということが書いてありますね。

山田:今、みなさんの話を聴いててグッとなってしまって……。
良い映画だったなと……。

司会:ご覧になった後で、尊いモードで言葉に固めたくないですよね。
女子高生らしく、ハッピーアイスクリームについてはどうでしょう?

種崎:ハッピーアイスクリームも大好きのハグも女子高生らしくていいですよね。

司会:ハッピーアイスクリームは関西で多いらしいですよ。

山田:作品内ではアイスで言ってますが、具体的に高いアイスとかを言う場合もありますよ。
ぜひやって下さい。

司会:言った方が買ってくれるみたいなのもありまして……。

東山:私はやったことなくて……。
1ニョキ、2ニョキとかはありました、5ニョッキになった人が負けという。

司会:それはただのゲームじゃないかなと、希美みぞれでできそうですね(笑)。

種崎:九州もありませんでした。

司会:何でお互いを思い尊敬しているのに、ああすれ違うんだろうって印象的なシーンはありますでしょうか?

東山:「リズと青い鳥」で希美の印象が変わりました。
ユーフォでは、明るくてまっすぐで人から憧れるようなイメージでしたが、解像度が上がり、希美の人間味、みぞれに対しても、例えば県祭り行く時とプール行く時では、みぞれから誘いたい人が居るという差に希美も動揺し、みぞれが羽ばたき始めているのが意外に感じています。

種崎:ずっと一緒だと思っていたというのが、物理的にもこういう子だと思っていたのが、音楽面では一緒じゃなくなる。
希美のそういう言葉にもあると気付いた時の、物理的にも色んな部分がキャッチコピーの「ずっとずっと一緒だと思っていた。」だと思いました。
liz_20180421pica02
東山:あらすじの「あの子は青い鳥」は希美でもみぞれの声でも再生できます。

司会:本田さんは難しい偉業を成し遂げたなと思いました。

本田:台本と映像で観るのは違っていて、アフレコでは別録りだったので、無理して繋げなくてもいいのかな、リンクさせなくてもいいのかなと思ったけど、やはり不安になって……、出来上がりを観てファンの一人としてもすっきりしました。
みなさんが、私の声をどう思っちゃうのか不安ですが……。

司会:本日はマスコミ向けのフォトセッションがありまして、チューバ君が来てくれました。


(フォトセッション中のお知らせ)
お知らせですが、鑑賞後に感想投稿キャンペーンをやっていますのでプレゼントもありますので、ぜひご覧ください。
公式twitterでは、ドキュメント映像も紹介しています。
入場者プレゼントは1週目2週目をつなげて楽しんで下さい。

さらにパンフレットにも監督やキャストのトークなどいいことが沢山書いてあってかなりオススメです。
監督と私は世代的なものもあり、ハッピーアイスクリームも話で楽屋で盛り上がっていました。

司会:最後に思いの丈をお願いします。

本田:「リズと青い鳥」は大好きな作品です。最低でも10回以上観に行きます。
青春を描いた作品で、私の青春の1ページにもなりました。
一つの言葉であらわせないが、みなさんに沢山伝わって欲しいです。

東山:初日にお越しいただきありがとうございます。
アフレコ前から特別な作品になる思いで台本を開きました。
1本の映画として、特別な作品に出演したという気持ちです。
色々感じ取って、疑問点などを語り合ってもらえたらと思います。
またみなさんとお会い出来るといいなと思います。
沢山届けたいです。

種崎:初日にお越しいただきありがとうございます。
言葉にすると壊れてしまいそうな作品の魅力が伝わればいいなと思います。
観る度に違う面が見えてきて、いったん希美の気持ちで試してみたら最初から涙が止まらなくなりました。
温かいものが沢山つまった作品です。深いところまで感じてもらえたら嬉しいです。

山田:みなさん、今日はありがとうございます。
無事に初日を迎えられました。
どうでした?
(会場から拍手)
ありがとうございます。
なかなか、一見静かな映画ですが、少女の機微が本当におしゃべりな作品になっています。
感無量です、良かったです。
沢山観て頂けると嬉しいです。
映画館でしか聴けないようなマニアックな音響設定になっていますので、ぜひ映画館で観てもらえたらと思います。

 念願だったユーフォのオンリーイベントに初参加します。
しかもユーフォの舞台となった宇治市文化センターでの開催ということですっごく嬉しいです。

イベント名:ようこそフェスティバル内「おまつりマーケット」
日時:2018年6月2日(土) 11時〜17時
場所:宇治市文化センター小ホール
スペース:う-04「桜高鉄道倶楽部」

響け!ユーフォニアム ファンイベント ようこそフェスティバル
http://youkosofes.com/

 既刊の「かけだすトラム」シリーズや、以前頒布した麗奈・久美子・喜多村先輩のヘッドマーク風キーホルダーも持っていく予定ですが今回は新作グッズの紹介から。

 咲-Saki-やけいおん!、たまこでも作ってきた駅名標のキーホルダーですが、ユーフォでもつくってみました。(実はネタだけは数年前から考えてました)
kousaka-s_key
 本当は「たかさか」駅ですが……。
因みに裏面は入場券になっています。

他にもいつも通り、色々とグッズ頒布予定です。また出来次第紹介できたらと思います。

 「リズと青い鳥」の大ヒットを記念しての舞台挨拶が新宿ピカデリーとMOVIXさいたまで開催されました。

日時:2018年5月12日16:25上映前
会場:MOVIXさいたま シアター10
登壇者:種崎敦美、東山奈央、藤村鼓乃美、山岡ゆり、山田尚子監督
司会:小西(ポニーキャニオン) 
※以下敬称略

 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですが舞台挨拶の様子を纏めてみました。微妙なニュアンスの違いや意味の捉え間違い、抜け等あるかと思いますが、雰囲気だけでも味わってもらえたら幸いです。
liz_saitama02_20180512
liz_saitama03_20180512
関連記事:
「リズと青い鳥」完成披露先行上映会 舞台挨拶レポート
「リズと青い鳥」山田尚子監督×牛尾憲輔 スタッフトーク付上映会レポート
「リズと青い鳥」大ヒット御礼舞台挨拶レポート(新宿ピカデリー1回目)
http://htt123.blog.jp/archives/1071215656.html
「リズと青い鳥」大ヒット御礼舞台挨拶レポート(MOVIXさいたま1回目)
http://htt123.blog.jp/archives/1071246816.html
---
司会:ではまず皆さんから一言ずつお願いします。

種崎:みなさん、こんにちは。鎧塚みぞれ役の種崎敦美です。
上映前の舞台挨拶ということで……、今回初めて観られる方いらっしゃいますか?
(会場からチラホラと手が挙がる)
初めての方もいらっしゃるということで発言には気をつけます。
ご来場ありがとうございます。

東山:みなさん、こんにちは。傘木希美役の東山奈央です。
約一ヶ月たっても劇場に足を運んでくれてありがとうございます。
リピーターの方もいらっしゃるようで、私もリピーターですが(笑)

藤村:みなさん、こんにちは。中川夏紀役の藤村鼓乃美です。
初めての方も結構いらっしゃったので、精一杯いいお話できたらと思います。

山岡:みなさん、こんにちは。吉川優子役の山岡ゆりです。
因みにユーフォシリーズも観たことなくて、今日が初めての方いらっしゃいますか?
(会場からチラホラと手が挙がる)
わー、その方の感想、すごく聞きたいです。感想はtwitterにでも書いてもらえると……。
楽しんでいって下さい。

山田:こんにちは、前回こちらで舞台挨拶させて頂いた時に北宇治カルテットの黒沢さん安済さんにポテトが美味しいと聞いていて、バーベキュー味が美味しかったです。
食べた方います?
あ、そういえば自己紹介しましたっけ?(笑)
京都アニメーションの山田尚子です。監督です。

司会:早いもので公開4週目を迎えましたが、映画の見所を教えてもらえますか?

山岡:とにかく、仕草、音、芝居が本当に繊細に描かれています。1分1秒を見逃さないようにしてください。
新キャラも個性的ですが、あまりピックアップされていないので、そういうところも観て頂けたらと思います。
やだ真面目?(笑)

司会:学校の日常の自然なワンシーンも観て頂けたら。

山田:今年の新1年生はすごい自由な子が多くて、今回出てくるオーボエの梨々花ちゃんをはじめ着崩し派が多いです。
急に自由になりまして校則どうなっているの?といった感じで個性豊かです。

司会:何でもない日常会話が多いですよね。

山岡:わざわざ自己紹介するシーンとかないので、気になる方は「響け!ユーフォニアム」シリーズを観てもらえたら。

東山:前作主人公の黄前ちゃんが自然に居て、前のメインの子たちも自然に溶け込んでいます。

藤村:キャラの目線、誰がどのタイミングでどこを観ているかに注目して貰えたら良いと思います。
出てくる女子がみんなかわいい。あそこの学校通いたい(笑)。

山田:私も通いたい(笑)。

司会:目線は意識されてますでしょうか。

山田:「リズと青い鳥」は目線の作品かなと思っています。
台詞以上にキャラの心情を語っていますので大切に描きました。

山岡:そんなに台詞ないですもんね。

東山:こんなにしゃべっていないシーンが続いて大丈夫なのかなと思いました。
静かだけど情報量が凄いです。

種崎:(アフレコ時に)立っている間も、(映像が)流れてる映像が勝手に入ってくるつくりになってました。
音楽担当の牛尾さんとHomecomingsさんのインタビューにもありましたが、奇跡のような作品だと思いました。
彼らと監督と作品のシンクロ率が奇跡のようだと思いました。

山田:どのインタビューですか?あとで教えてください。
実際にお会いしてお話した時は、作品のコアの部分、芯の部分の共有をしたやりとりをしたので……、あっとネタバレになる……、危ない。

司会:Homecomingsさんとお話したことはどんなことですか?作品が決まってからでしょうか。

山田:彼らが普段レコーディングをしているスタジオにお邪魔してでもとか聴かせて貰いました。
歌詞を書いた福富(優樹)さんが、ラストの1フレーズだったりAメロの始まりだったり……ハートキャッチされました。

山岡:劇中の演奏シーンもよくて、二人の演奏を聴くと鳥肌立って凄いと思いました。

山田:はい、言いたくなりますが言えない……(笑)

東山:オーボエとフルートの音がどれ一つとっても同じじゃない。サントラも思わず聞いて感じ入ってます。

山岡:映像と演奏で泣ける。

藤村:音の違いがちゃんと分かるってのが凄い。

山田:でっしゃろ(笑)
演奏された方にも演じ分けてくださり、音響の方も手を尽くしてくださって、あそこは面白いと思います。

司会:音楽で一つ見所を伝えるとしたらどこでしょうか?

山田:色んな見方、色んな目線、例えば学校の備品の目線とかもあるかなと思うんですが、それも音楽なんですよ。映画を観ているあなたも物音になれるんですよ。

司会;種崎さんは10回以上観られているようですが見所は何でしょうか?

種崎:先ほど話してた奇跡のようだの流れからなんですが、作品の中で偶然そうなった音楽、音も絵もなんですが、偶然でなく必然だったのでは。
アニメでこんな凄い作品ができたら、この後のアニメが大変だなと思いました。

東山:実写を絵にすると大変だなと思いますが、普段は気付かない実写の大切さ、絵や音に対して知覚過敏になってしまいます。それが「リズと青い鳥」症候群です。

山田:聞いていて、そんな凄いアニメ観てみたいと思いました(笑)

司会:最後に挨拶をお願いします。

山岡:「リズと青い鳥」は山田尚子監督の色んな世界がとても出ている芸術作品です。
色んな見方、感想があります。思いや感想を育んで楽しんで貰えたらと思います。

藤村:今みんながしゃべったことも伝わればいいなと思います。
この作品に関われて嬉しいです。
これからもいっぱい観て貰えると嬉しいです。よろしくお願いします。

東山:改めてありがとうございました。
フラットな目線を失ってしまうのではと思いネタバレしないように四苦八苦してます。言葉で魅力を伝えるのは難しいです。
スタッフやキャストさんのコメントさんの思いは公式TwitterでRTされている記事で読めます。
また行きたくなるような作品だと思います。
「リズと青い鳥」を宝物にして貰えたら嬉しいです。ありがとうございました。

種崎:世の中に沢山映画があるなかで「リズと青い鳥」を選んでくださりありがとうございます。
MOVIXさいたまに来た瞬間、おかえりなさいと言われたのが凄く嬉しかったです。
舞台挨拶ができるのは、皆さんが観てくれているからです。
映画は気付いたら終わっているので、観ていない方に教えて、伝えてあげて下さい。
今日で舞台挨拶最後ですよね?ありがとうございました。

東山:メチャクチャ大ヒットすればまた……。
(楽屋での)みんなとのふれあい、(東山さんの)奇跡のようなポニーテール(笑)、少女のような監督の笑顔とか瞬間冷凍したい、尊いかけがえのない作品です。
みなさんんお中に大切にしまっておきたいと思える作品になると嬉しいです。

山田:毎度最後に話すんですが、みなさん良い話をしてジーンと来たんで、(話すことを)考えられませんでした。
大切につくりましたの一言で、人と人とが向き合う瞬間を切り取りたいと思った作品です。
みなさんの大切な人にも届けて下さい。好きに観てもらえたらと思います。
ありがとうございました。

このページのトップヘ