桜高鉄道倶楽部れんらく帳

 3月末から4月頭は関西→大垣に居るのでセカイは不参加ですが、冬コミで頒布した「咲-Saki-2017年カレンダー〜」を「ああ、あの牌? 」さんに委託しています。
日時:2017年4月2日(日) 11:00-15:00
会場:大田区産業プラザPiO 1F大、小展示ホール
スペース:咲22 ああ、あの牌? 

 あああさんの告知はこちらからご覧下さい。

 2017年も3ヶ月を過ぎようとしていますのでお値段もディスカウントして400円で頒布します。前回買い逃して興味ある方はぜひ。 
中身はこんな感じで長野中心です。
calendar2017_2
 イベントのために上京した方は、一緒に「咲-Saki-WALKER#W改訂版」も買って都内の探訪を楽しまれるのも良いのではないでしょうか(ダイレクトマーケティング)
 mile_oide2s

 3月26日は新道寺女子の大将、鶴田姫子ちゃんのお誕生日でした。ひめたんイェイ〜!
そんな姫子ちゃんのお誕生日を全世界が祝福するかのように、前日発売のビッグガンガンの咲日和では「新道寺の巻3」を掲載。木吉 紗先生はいつだって新道寺の味方。

 さてさて、セカイは咲-Saki-シリーズの白水哩さんをこよなく愛しておりまして、来世では姫子ちゃんに生まれ変わって哩さんにリザベーションされたいと強く思っております。

 そんな戯れ言はさておき、昨年は何も準備出来なかったですが今年こそはとblog更新。
そういえば、哩さんのグッズは当然として、姫子ちゃんの公式グッズもコンプリートしているんじゃね?ということで紹介していきたいと思います。(一部紹介文は環境に配慮し過去の文章を再利用しています。)

関連記事:
「哩たんイェイ~」ということで白水哩さんの公式グッズを整理してみた
「哩たんイェイ~」ということで白水哩さんの公式グッズを整理してみた〜2016年版〜
http://htt123.blog.jp/archives/1055808411.html 

1.五十嵐あぐり先生描き下ろしお風呂ポスター
 2013年04月25日に発売された「咲-Saki-阿知賀編」5巻のとらのあな購入特典です。萌え袖がほんとあざと可愛い。
阿知賀編5巻は、メロブの哩さんにとらの姫子と新道寺が優遇されてて今となっては考えられない。
himeko_goods02

2.五十嵐あぐり先生描き下ろし複製ミニ色紙(新道寺女子)
 2013年8月24日に発売された「咲-Saki-阿知賀編」6巻のアニメイト購入特典です。哩さんと姫子を中心に配置。ここでも哩さんの足が艶かしい。見切れてる羊先輩も良い味出してます。阿知賀編6巻は店舗特典全種類欲しくて5冊買ったのも良い思い出(今となっては特典コンプは日常ですが)。

mile_0002s

3.木吉 紗先生描き下ろし複製ミニ色紙(白水哩・鶴田姫子)
 2013年12月25日に発売された「咲日和」3巻のアニメイト購入特典です。今まで意外にも特典ではペアで描かれることのなかった二人が満を持しての登場ですよ。
 このイラストでは、哩さんの方が背が高く描かれていますが、木吉 紗先生によると遠近法によるものだそうですw 私も身長発表されるまでは哩さんのが高いと思ってました。


 
mile_0003s

4.6PWビジュアライズブロマイド
 2013年8月29日に発売された「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A Portable」のメディオ!店舗特典です。
 最初は自分は何も考えずソフマップで予約してたのですが、この特典を見てうろたえてたところ、メディオ!店員さんのtwitterアカウントに唆されて翌日には秋葉原のメディオ!さんに予約に走ってました。イラストだけならゲーム内で特定のチャレンジモードをクリアすれば見られますが、やはりこの大きさのブツを所有する喜びは何物にも代えがたい。

mile
 なお発売日はこんなに賑わってました。「咲-Saki-世界屈指のiPS力を誇るリザベーションコンビ!!」のキャッチコピーが秀逸。
咲-Saki- 阿知賀編 Portable発売 「メディオ!秋葉原でリザベーション!」-アキバBlog 

5.「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A Portable」特典しおり
 2013年8月29日に発売された「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A Portable」を購入すると貰えたしおりです。事前に、各校1キャラずつ5枚の組合せという情報を仕入れてた自分は、メディオ!で店員さんの取り出したしおりセットの一番上に見えた美子を見て崩れてく自分を再認識しました。
 その後、紆余曲折を経て哩さんとともに姫子ちゃんのしおりも頂けました。感謝です。
himeko_goods01

6.木吉 紗先生描き下ろしブロマイド(白水哩・花田煌・しんどうくん)
 2015年7月25日に発売された咲日和4巻のゲーマーズ特典のブロマイドです。新道寺クラスタに優しい木吉紗先生に心から感謝。
mile_08s

7.咲-Saki-全国編クリアしおり
 2015年9月17日に発売されたPS VITA用ソフト「咲-Saki-全国編」初回限定版に学校ごとにランダムで封入されていたクリアしおり。自分が買った分には風越が入っており血の涙を流したのも良い思い出。その後、紆余曲折を経て哩さんは2枚、姫子に至っては3枚も手にすることが出来ました。トレードに応じて頂けた方々に感謝です。
 まだ受け取っていないのですが、友人がAnimeJapan2017のエンターグラムブースさんで配布されていた姫子のしおりを1枚確保してくれたので計4枚所有となりました。 
mile_09s

8.咲-Saki-16巻文教堂特典ポストカード
 意外というか当然というか、小林立先生による初めての姫子特典イラスト。
姫すばというチョイスがほんと素晴らしい。ありがとうございます。
himeko_goods03

 コンプリートしていると豪語していましたが、哩さんと比較しても『咲-Saki-』CUP-阿知賀通信対戦編 個人戦エントリー用カードと咲-Saki-阿知賀編 生原画は所有していませんでした。悔しくて死にそう……。ひめたんイェイ〜!

追伸 まだ受け取れていないのですが、かにたまさんからこんな素敵なグッズを頂いてしまいました。感謝です。

 映画「聲の形」が東京アニメアワードフェスティバル2017 アニメ オブ ザ イヤー作品賞 劇場映画部門グランプリを受賞したことを記念した舞台挨拶が新宿ピカデリーで行われました。

 2月1日の舞台挨拶から一ヶ月での舞台挨拶。今回は久し振りに山田尚子監督お一人でのお話しとなりました。

日時:2017年3月13日17:40回上映終了後
会場:新宿ピカデリー
登壇者:山田尚子(監督)
司会:松竹 向井
※敬称略
koe_20170313
 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですがトークショーの様子を纏めてみました。一部聴き逃しやメモ間違い微妙なニュアンスの違い等あるかもしれませんが雰囲気だけでも味わって貰えたら幸いです。

---
司会:まずは挨拶をお願い致します。

山田:こんにちは。平日のお時間にありがとうございます。監督の山田です。

司会:今回は監督お一人ですが、楽しんでお話しして貰えたら。
さて、「東京アニメアワードフェスティバル2017 アニメ オブ ザ イヤー作品賞 劇場映画部門グランプリ」受賞されて、先程登壇されましたが如何でしたか?

山田:作品賞なので、スタッフと応援してくれたお客さんのおかげで賞を頂くことができました。

司会:登壇された時はそうとう緊張されたみたいですが。

山田:地を這うような低い声で話してしまいました。先に会場には来られなかった新海(誠)さんのコメントが読み上げられたのですが、それが完璧すぎて、自分の挨拶は新海さんの劣化Ver.みたいになってしまいました。

司会:新海さんのは、事前に考えられたコメントですので。

山田:あれには勝てないなと。

司会:監督はこれで29回目の舞台挨拶ですが、今回初めて観に来られたお客さんはいますでしょうか。
(会場から挙手)
山田:結構いらっしゃいますね。毎回半分くらいいらっしゃりますよね、嬉しいです。何でお知りになったんでしょうか。

(客席から):twitterで知りました。

司会:やっぱりtwitterですよ。
皆さん、いっぱい拡散してください(笑)

山田:映画、いつまでやってるんですっけ?

司会:映画は今週末までですが、これからパッケージ化もされますし、そちらもぜひ。

山田:行けなかった地域の方にも観て貰えますね。結局、何館くらいで上映されたんでしょうか?

司会:すぐには出てこないですが、一応全国で上映されたはずです。
さて監督はほぼ1年以上「映画 聲の形」に関わってこられていますが……。

山田:今日でちょうど公開から半年くらいですね。こんなに長く嬉しいです。

司会:今日も来る途中、(舞台挨拶の)思い出話してましたね。

山田:全部一緒にまわりましたね。

司会:大事なところで噛んではいけないので完成披露上映会だけプロを雇いましたが(笑)

山田:早見さんからのお手紙を読み上げている時に噛んだこともありましたよね。

司会:入野さんからの手紙も噛みました。

山田:そんな感じで仲良くやってましたね。

司会:ではここらで本日、初解禁の情報をお知らせしたいと思います。

Blu-ray&DVD | 映画『聲の形』公式サイト

司会:今回はなんと、新規描き下ろしアニメーションが付きます。これはどんなものでしょうか。

山田:aikoさんの「恋をしたのは」、牛尾さんの「speed of youth」にインスパイアされた映像となっています。
具体的には「恋をしたのは」は、硝子と将也の物語で、「speed of youth」は青春っぽく将也とその友達の物語です。

司会:ではほぼ全キャラ出てるんでしょうか?

山田:どうかな?それは観てのお楽しみということで。
おそるおそる、こんなのやってみたいと思っていたけど、出来て嬉しいです。

Blu-ray 初回限定版のジャケットですが、これは白い箱に、透明のケースを差し込む二重構造になっていて、セルが重なった感じでカッコイイです。

将也と波紋は(キャラクターデザインの)西屋さんの描きおろしです。波紋も西屋さんが描いています。水色の色をつけてくれたのは美術監督の篠原さんです。

取材地実景映像「将也の見た景色」は、大垣の映像が収録されていまして、本編とロケ映像をすり合わせてつくりました。

新規音声トラック “inner silence”ですが、Invention no.1とlit(var)を解体再構築して本編全編に収録しています。
バッハのInvention no.1は練習曲でして将也が生きていく練習と重ねています。
当初は、牛尾さんが全編2時間分を弾いてましたが、それを今回、本編に貼り付けました。
(音響監督の)鶴岡さんが、ずっと観てみたいと言ってました。

今回は本編まるまる声と効果音を抜いて “inner silence”を入れています。内側の音、身体の中側の音を再現しています。2時間あるけど、見飽きないです。

司会:今回はDTS Headphone:Xもありますんで音を楽しんで貰えたら。

山田:普通のヘッドホンで大丈夫なんですよね?

司会:オーディオコメンタリーはどうでしょうか?
註:オーディオコメンタリーは下記3種
[山田尚子(監督)×西屋太志(キャラクターデザイン)×石田奈央美(色彩設計)×髙尾一也(撮影監督)]
[早見沙織(西宮硝子 役)×悠木碧(西宮結絃 役)×山田尚子(監督)]
[山田尚子(監督)×牛尾憲輔(音楽)×鶴岡陽太(音響監督)×名倉靖(録音)]

山田:どのセクションの話も面白かったです。
京アニスタッフとも、普段はしない話を出来て楽しかったです。西屋さんや高尾さんはあまり表に出てこないのでお二人の話は貴重ですよ。

早見さんと悠木さんの西宮姉妹のコメンタリーは、お二人本当に仲が良いんだなと思いました。

司会:早見さん、悠木さんのお二人は結局舞台挨拶では一度しか一緒になりませんでしたよね。

山田:収録当日は悠木さんが結絃の髪型で、早見さんが硝子の髪型でした。悠木さんが哲学について語り始めて大変でした(笑)。国交の話とかされて面白かったです。

牛尾さん、鶴岡さん、名倉さんとの音楽の話も面白かったですよ。 鶴岡さんが“inner silence”にめっちゃ惚れてました。
「聲の形」でこんなことさせてくれるポニーキャニオンさん狂ってる(笑)

司会:そんなBlu-rayですが、5/17に発売されます。店舗特典も本日解禁されます。

山田:今日なんですね。

司会:そろそろお時間なんですが、思い残したことはありますか?

山田:音の話なんですが、DTS Headphone:Xの試し音源を牛尾さんが新たにつくってくれました。またメニュー画面用にも牛尾さんの新規音源が追加されています。ポニーキャニオンさんすごい。

司会:あっという間に時間が来てしまいましたが、監督から一言お願いします。

山田:皆さんの応援があったからこそここまで来ることができました。今日、初めて観られた方もパッケージ化した際にはお友達と一緒にまた観て頂けたら嬉しいです。

このページのトップヘ