桜高鉄道倶楽部れんらく帳

「桜高鉄道倶楽部-KIOSK-」にてグッズや同人誌を通販しています
https://htt123.booth.pm/

 新道寺のオピニオン・リーダーのセカイです。
ヤングガンガンでの咲-Saki-の連載再開を祝して今年1月以来の新道寺に行ってきました。
哩さんが本誌に登場している最中に新道寺を訪問する喜び。

 さてさて、新道寺に降り立った際に感じた違和感。
kinoko01
 何と、今までは田んぼが広がっていた場所にきのこファームが出来ています。
kinoko02
 このきのこファームですが、阿知賀編5巻収録の第17局[大将]扉絵を撮影するにはギリギリかからない絶妙な場所に配置されています。コミックスと合わせず直感で撮影しましたが、こんな感じ。
kinoko03
 カメラを少し左に向けるとしっかり映り込みます。
kinoko04
 咲-Saki-の舞台の中では変化が少ない新道寺にも近代化の波が押し寄せているのだなと改めて。
mile_oide2s

 映画「聲の形」リバイバル上映の履歴を残しておきたいなと思い立ち上げました。
2017年5月17日のBlu-ray発売以降の上映について、自分が把握している限り記録していきます。

■パッケージ発売記念リバイバル上映
日時:2017年5月21日20:30回
会場:丸の内ピカデリー2
備考:パッケージ発売記念のリバイバル上映、キャストによる舞台挨拶有り
参考:映画『聲の形』パッケージ発売記念リバイバル上映&舞台挨拶レポート
http://htt123.blog.jp/archives/1066111016.html

■inner silence 極上音響上映
日時:2017年6月24日15:30
会場:立川シネマシティ
備考:inner silenceでの上映、牛尾憲輔さんの舞台挨拶有り
参考:牛尾憲輔さんが語る「聲の形 inner silence」観賞への3つの心がけ
参考:牛尾憲輔さんが語る「聲の形 inner silence」ができるまで

■第20回文化庁メディア芸術祭『映画「聲の形」』トーク付上映
日時:2017年9月18日
会場:TOHOシネマズ 新宿 スクリーン11
備考:山田 尚子監督と高橋 良輔氏のトーク付

■第20回文化庁メディア芸術祭『映画「聲の形」』弁士付上映会
日時:2017年9月23日11:15〜
会場:社会福祉法人トット基金 トット文化館
備考:『映画「聲の形」』を手話で伝えながら鑑賞する上映会。

■京都映画センター主催「聲の形」上映会
日時:2017年9月23日10:30〜/14:00〜
会場:宇治市文化センター
備考:14:00からの2回目は字幕上映

■清流シネマDayアニメ映画「君の名は。」「聲の形」上映会~あの感動をもう一度~
日時:2017年9月24日14:00〜
会場:ぎふ清流文化プラザ 長良川ホール
備考:11:00からは「君の名は。」を上映

■新千歳空港国際アニメーション映画祭 映画『聲の形』-inner silence-~牛尾憲輔氏 劇伴ライブ上映~
日時:2017年11月3日18:30〜
会場:ソラシネマちとせ  シアター1
備考:牛尾憲輔氏による劇伴ライブ上映

 劇場版「響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」の公開まで一ヶ月を切りました。本当は情報解禁された時点で公開される3本の映画についてまとめたかったんですが、ようやく……。当たるにせよ、思いっきりハズしちゃうにしろ、公開前だからこそ色々と予測できて楽しいですよね。
todoke01
 さて、既報の通り「響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」「みぞれと希美の物語」「2年生になった久美子たち」が2017年から2018年にかけて公開されると発表がありました。

『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』9月30日公開決定!&完全新作映画2作品公開決定!


 本論では特に前者の2本「響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」「みぞれと希美の物語」について考えてみたいと思います。

 「届けたいメロディ」では、『「久美子とあすか」を軸に再構築。』されるということになっていますが、ではTVシリーズではどのペアが中心に描かれたか振り返ってみましょう。
 
 TVシリーズ1期では、特に久美子と麗奈の2人の関係がストーリーの中心の一つであったと言って過言はないでしょう。

 ではTVシリーズ2期ではどうでしょうか。2期では前半は主にみぞれと希美の2人の物語でした。そして後半は、久美子とあすか、久美子と麻美子の関係に焦点が当たっています。

 「届けたいメロディ」のWebサイトを見てみると、CAST&STAFF欄にみぞれと希美の名前が抜けていることからも、みぞれと希美の部分はごっそりとカットするのが濃厚でしょう。代わりに、この2人の関係を独立させて一本の映画「みぞれと希美の物語」として描くのでしょう。

 「みぞれと希美の物語」でメガホンを取る山田尚子監督は以前、みぞれについて『響け!ユーフォニアム2 コンプリートブック』で「原作を読んだ時から、みぞれのキャラクター描写には惚れ込んでしまいました(以下略)」と語ってますので、とても楽しみです。
todoke02
 前作劇場版である「劇場版 響け!ユーフォニアム〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜」では、TVシリーズにあった希美の登場シーンがカットされており、これを受けての「届けたいメロディ」と考えると、みぞれと希美が描かれないことも納得がいくというものです。前作では、TVシリーズに先駆けてみぞれのシーンが大幅追加されているのでこの説は少し厳しいところもありますが……。

 「届けたいメロディ」は、TVシリーズ2期をまとめたものでありつつも、ただの総集編というよりは「北宇治高校吹奏楽部へようこそ」を受けつつ、久美子とあすかをストーリーの中心に据えて描かれるという予測です。だからTVシリーズを満遍なく描くのではなく、みぞれと希美のシーンをはじめ大胆にカットされている部分も多々あると思います。小笠原晴香部長のシーンは色々とカットされそう……(悲鳴)。

 前作「北宇治高校吹奏楽部へようこそ」を受けてとなると、もう1点気になる点がありまして、それは久美子のお姉ちゃんである黄前麻美子の存在です。実はTVシリーズにあった登場シーンが悉くカットされ、前作では全く登場していないんですよね。今回はCAST&STAFF欄にもしっかり名前がありますので、描かれることは確実です。ひょっとしたらTVシリーズ1期からも回想シーンなどでお姉ちゃんが描かれるかもしれません。

 と、あまり予測でもないことを書き連ねてきましたが、9月30日の公開がとても楽しみです。

このページのトップヘ