桜高鉄道倶楽部れんらく帳

 映画「聲の形」が東京アニメアワードフェスティバル2017 アニメ オブ ザ イヤー作品賞 劇場映画部門グランプリを受賞したことを記念した舞台挨拶が新宿ピカデリーで行われました。

 2月1日の舞台挨拶から一ヶ月での舞台挨拶。今回は久し振りに山田尚子監督お一人でのお話しとなりました。

日時:2017年3月13日17:40回上映終了後
会場:新宿ピカデリー
登壇者:山田尚子(監督)
司会:松竹 向井
※敬称略
koe_20170313
 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですがトークショーの様子を纏めてみました。一部聴き逃しやメモ間違い微妙なニュアンスの違い等あるかもしれませんが雰囲気だけでも味わって貰えたら幸いです。

---
司会:まずは挨拶をお願い致します。

山田:こんにちは。平日のお時間にありがとうございます。監督の山田です。

司会:今回は監督お一人ですが、楽しんでお話しして貰えたら。
さて、「東京アニメアワードフェスティバル2017 アニメ オブ ザ イヤー作品賞 劇場映画部門グランプリ」受賞されて、先程登壇されましたが如何でしたか?

山田:作品賞なので、スタッフと応援してくれたお客さんのおかげで賞を頂くことができました。

司会:登壇された時はそうとう緊張されたみたいですが。

山田:地を這うような低い声で話してしまいました。先に会場には来られなかった新海(誠)さんのコメントが読み上げられたのですが、それが完璧すぎて、自分の挨拶は新海さんの劣化Ver.みたいになってしまいました。

司会:新海さんのは、事前に考えられたコメントですので。

山田:あれには勝てないなと。

司会:監督はこれで29回目の舞台挨拶ですが、今回初めて観に来られたお客さんはいますでしょうか。
(会場から挙手)
山田:結構いらっしゃいますね。毎回半分くらいいらっしゃりますよね、嬉しいです。何でお知りになったんでしょうか。

(客席から):twitterで知りました。

司会:やっぱりtwitterですよ。
皆さん、いっぱい拡散してください(笑)

山田:映画、いつまでやってるんですっけ?

司会:映画は今週末までですが、これからパッケージ化もされますし、そちらもぜひ。

山田:行けなかった地域の方にも観て貰えますね。結局、何館くらいで上映されたんでしょうか?

司会:すぐには出てこないですが、一応全国で上映されたはずです。
さて監督はほぼ1年以上「映画 聲の形」に関わってこられていますが……。

山田:今日でちょうど公開から半年くらいですね。こんなに長く嬉しいです。

司会:今日も来る途中、(舞台挨拶の)思い出話してましたね。

山田:全部一緒にまわりましたね。

司会:大事なところで噛んではいけないので完成披露上映会だけプロを雇いましたが(笑)

山田:早見さんからのお手紙を読み上げている時に噛んだこともありましたよね。

司会:入野さんからの手紙も噛みました。

山田:そんな感じで仲良くやってましたね。

司会:ではここらで本日、初解禁の情報をお知らせしたいと思います。

Blu-ray&DVD | 映画『聲の形』公式サイト

司会:今回はなんと、新規描き下ろしアニメーションが付きます。これはどんなものでしょうか。

山田:aikoさんの「恋をしたのは」、牛尾さんの「speed of youth」にインスパイアされた映像となっています。
具体的には「恋をしたのは」は、硝子と将也の物語で、「speed of youth」は青春っぽく将也とその友達の物語です。

司会:ではほぼ全キャラ出てるんでしょうか?

山田:どうかな?それは観てのお楽しみということで。
おそるおそる、こんなのやってみたいと思っていたけど、出来て嬉しいです。

Blu-ray 初回限定版のジャケットですが、これは白い箱に、透明のケースを差し込む二重構造になっていて、セルが重なった感じでカッコイイです。

将也と波紋は(キャラクターデザインの)西屋さんの描きおろしです。波紋も西屋さんが描いています。水色の色をつけてくれたのは美術監督の篠原さんです。

取材地実景映像「将也の見た景色」は、大垣の映像が収録されていまして、本編とロケ映像をすり合わせてつくりました。

新規音声トラック “inner silence”ですが、Invention no.1とlit(var)を解体再構築して本編全編に収録しています。
バッハのInvention no.1は練習曲でして将也が生きていく練習と重ねています。
当初は、牛尾さんが全編2時間分を弾いてましたが、それを今回、本編に貼り付けました。
(音響監督の)鶴岡さんが、ずっと観てみたいと言ってました。

今回は本編まるまる声と効果音を抜いて “inner silence”を入れています。内側の音、身体の中側の音を再現しています。2時間あるけど、見飽きないです。

司会:今回はDTS Headphone:Xもありますんで音を楽しんで貰えたら。

山田:普通のヘッドホンで大丈夫なんですよね?

司会:オーディオコメンタリーはどうでしょうか?
註:オーディオコメンタリーは下記3種
[山田尚子(監督)×西屋太志(キャラクターデザイン)×石田奈央美(色彩設計)×髙尾一也(撮影監督)]
[早見沙織(西宮硝子 役)×悠木碧(西宮結絃 役)×山田尚子(監督)]
[山田尚子(監督)×牛尾憲輔(音楽)×鶴岡陽太(音響監督)×名倉靖(録音)]

山田:どのセクションの話も面白かったです。
京アニスタッフとも、普段はしない話を出来て楽しかったです。西屋さんや高尾さんはあまり表に出てこないのでお二人の話は貴重ですよ。

早見さんと悠木さんの西宮姉妹のコメンタリーは、お二人本当に仲が良いんだなと思いました。

司会:早見さん、悠木さんのお二人は結局舞台挨拶では一度しか一緒になりませんでしたよね。

山田:収録当日は悠木さんが結絃の髪型で、早見さんが硝子の髪型でした。悠木さんが哲学について語り始めて大変でした(笑)。国交の話とかされて面白かったです。

牛尾さん、鶴岡さん、名倉さんとの音楽の話も面白かったですよ。 鶴岡さんが“inner silence”にめっちゃ惚れてました。
「聲の形」でこんなことさせてくれるポニーキャニオンさん狂ってる(笑)

司会:そんなBlu-rayですが、5/17に発売されます。店舗特典も本日解禁されます。

山田:今日なんですね。

司会:そろそろお時間なんですが、思い残したことはありますか?

山田:音の話なんですが、DTS Headphone:Xの試し音源を牛尾さんが新たにつくってくれました。またメニュー画面用にも牛尾さんの新規音源が追加されています。ポニーキャニオンさんすごい。

司会:あっという間に時間が来てしまいましたが、監督から一言お願いします。

山田:皆さんの応援があったからこそここまで来ることができました。今日、初めて観られた方もパッケージ化した際にはお友達と一緒にまた観て頂けたら嬉しいです。

 劇場で映画「聲の形」を66回(+1回)観ているセカイです。
それはさておき、2月8日に養老鉄道さんから映画「聲の形」×養老鉄道コラボグッズ発売のお知らせがありました。

映画「聲の形」×養老鉄道コラボグッズを発売します!
映画「聲の形」×養老鉄道コラボグッズを発売します! 
http://cug.ginet.or.jp/yororailway/oshirase/annex/421_Field05.pdf

「映画『聲の形』記念きっぷ」と「映画『聲の形』記念入場券」の発売日は2月12日。ちょうど京阪大津線での「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車の貸切イベント後に寄れたので、発売日に購入してきました。(売り切れは無いかなとは思ってたんですが、ガチ勢としてそれなりに必死なんで……)

 プレスリリースをさっくりとしか読んでいなかったので記念きっぷ・記念入場券ともに2種類ずつあることを把握しておらず、会計時に思わぬ出費に戸惑いましたw
yourou_t01
 記念きっぷは大垣と養老の往復乗車券になっています。
yourou_t02
 有効期間は、平成30年3月31日までの往路使用日から2日間とのこと。
yourou_t03
 記念入場券は大垣駅と養老駅の入場券に。
yourou_t04
 記念きっぷにも記念入場券にも券面に発行日が押印されましたので、発売日に購入したという証明になって、わざわざ発売日に来た甲斐があったというもの。

 ところで何でポストカードとクリアファイルは1週間遅れて発売なんですかね……。大垣駅でも発売されるからJR東海さんが潤うだけだと思うんですが……。

 大垣到着時間が遅くて、流石に外を巡る気にはなれなかったんで、駅構内のみを軽く探訪。

 映画「聲の形」のポスターが2種類掲示されています。映画準拠の探訪マップもあり良い感じです。大垣駅内を周る際に早速、使えそう……。
ohgaki_map01
ohgaki_map02
ohgaki_map03
 映画内では健在だったJR東海ツアーズさんですが、昨年10月に行った際は閉店しており、今回遂にBellmart KIOSKに生まれ変わっていました。
ohgaki_s01
 大胆にも県庁所在地駅である岐阜駅を太陽女子高前に変更してしまうセンス。
ohgaki_s02
永塚君に3万円借りたい……。
ohgaki_s03
結絃くんが硝子さんを連れてくるのをお待ちしています。
ohgaki_s04
次回はもっとゆっくりと周りたいですね。

 映画「聲の形」が第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞したことを記念した舞台挨拶が新宿ピカデリーで行われました。

 昨年9月17日に上映開始して以来、数々の舞台挨拶がありましたが、新宿ピカデリーでは、昨年10月13日の山田尚子監督と音楽担当の牛尾憲輔さんのスタッフトーク以来の久し振りのイベント、自分は意外にもヒロイン役の早見沙織さんと山田尚子監督のお二人が登壇された舞台挨拶は未経験でしたので新鮮でした。
koe20170201_1
koe20170201_2
日時:2017年2月1日19:10回上映前
会場:新宿ピカデリー
登壇者:山田尚子(監督)、早見沙織
司会:松竹 向井
※敬称略
 今までどおり、ほぼ自分のメモ用にですがトークショーの様子を纏めてみました。一部聴き逃しやメモ間違い微妙なニュアンスの違い等あるかもしれませんが雰囲気だけでも味わって貰えたら幸いです。

---

司会:ではまず挨拶をお願い致します。

早見:みなさん、こんばんは。硝子役の早見沙織です。昨年9月公開の映画にも拘らず、またこうして年をまたいで2017年になっても挨拶が出来て嬉しいです。

山田:みなさん、こんばんは。監督を務めた山田尚子と申します。本日ご一緒の早見さんとは若干久し振りです。よろしくお願い致します。

司会:第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞したということですが……。

早見:おめでとうございます。

山田:おめでとうございます。
(お互い向き合って、「おめでとうございます」を言い合ってました)

早見:実は賞を頂いたという実感があまりなくて……。

山田:賞、頂いているんですよね?

早見:おめでとうございます。

山田:おめでとうございます。
(作品に賞を頂いているということなので観に来ている)みなさんもおめでとうございます。

司会:本日、初めて観に来られた方いらっしゃいますか?
(会場からチラホラと挙手あり)

早見:1番大事なこと聞きましたね。

山田:またもう一回くらい舞台挨拶できたらなって話もあったんで、今回実現して良かったです。

司会:受賞を聞いた瞬間はどんな感じでしたでしょうか?

山田:松竹さんからのメールを会社で読んでもらったのですが、最後まで何が受賞したのか作品名が出てこず、京アニはもう一つ、(早見さんが演じられている小笠原晴香)部長が出てる作品(「響け!ユーフォニアム」)もあって、喜びそびれました。

早見;ひょっとしたらメールのタイトルにあったんじゃないでしょうか。

山田:なんかふわっとした、そんな瞬間でした。

司会:映画「聲の形」の舞台挨拶ですが、今まで28回ありまして、その内早見さんは14回登壇されています。

早見:こんなにも舞台挨拶をした作品はないですねー。京都でも舞台挨拶させて頂いたんですよね。

山田:入野さんも京都に来ていただいて。

早見:大垣でも舞台挨拶されたんですよね。私の祖父が大垣出身なんですよ。大垣の舞台挨拶は行けなかったので、代わりに手紙を読んでもらったのですが司会の向井さんが噛んだという風に聞いています(笑)

司会:監督は28回登壇頂いたのですが……。

山田:北海道からその日の内に九州へ移動したり、手話付きで舞台挨拶させて貰ったりと、いろんなことがありました。

司会:本日、来られなかった入野さんから手紙を預かっています。
「会場にお越しの皆さんありがとうございます、入野です。今回は舞台挨拶に行けずすみません。第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞おめでとうございます。これが本作品を知るきっかけとなれば嬉しいです。」(途中、噛む場所の指定もあり)

山田:大垣は昨年の10月以来ですね。それ以来、入野さんともお会い出来てないんですよ。お元気なんですよね?

早見:元気ですよ。

司会:あらためて「聲の形」の現場を振り返ってみて如何だったでしょうか?

早見:(劇場版なのでTVシリーズとは違って1回だったのですが)1回で録った現場じゃないと思います。収録は1日半から2日あったはずで、その間、まるまる関わった訳じゃないのですが、とても結びつきが強いように感じました。

山田:私もブースに入ったのですが、凄くまとまっている、一致団結して録っているという印象でした。

司会:監督も初めて一緒にお仕事する方が多かったのですよね。

山田:入野さん含めて殆ど初めての方でした。ご一緒したことあるのは、早見さんや植野役の金子さん、ゆきのさつきさんくらいでした。なので皆さんに対してすごくフラットに接することが出来て、皆さんからもフラットに来てくれた。

早見:作品も心にスッとフラットに入ってくる感じですよね、染み入る感じ。

山田:入野さんも行ってましたが、みんなが同じ方向に向いてやったという感じですね。

早見:上映開始から時間経っても、いろんな人に「観たよ」や「これから観る」と変わらずの反応を頂けます。

司会:お二人にとって映画「聲の形」はどんな作品でしょうか?

早見:………(10秒以上の沈黙)これって放送事故でしょうか。
一言で表すのは難しいですが、インタビュー時は、「聲の形」というのは(「こえ」という)目に見えない形を取り扱っている、形にならない形や見てくださる方の形と様々な形がある、それぞれの形が違うのが面白いというお話しをしました。

山田:とても素晴らしい原作でした。人生をかけて製作にあたった、気持ちも乗っているし、製作スタッフとの出会いも素晴らしかった。人生かけた大切な作品です。

司会:ここで初公開情報があります。
(スクリーンにうまく画像が表示されず)
映画「聲の形」のBlu-rayの発売が5月17日に決定しました。公開記念特番のロングVer.や舞台挨拶の映像も収録されています。

早見:オーディオコメンタリーもあるのですね、楽しみです。

司会:このDTS Headphone:Xというのが凄いんですよ。

〜〜〜
ここからマスコミによるフォトセッション。
司会:みなさんどのくらい観られていますか?
10回以上の方……20回以上の方……30回以上の方……40回以上の方、50回以上の方
(セカイ挙手)
司会:ひょっとして100回とか観られてます?
セカイ:66回です。
山田:今日含めてですか……?
セカイ:あ、はい今日含めて66回です
(この辺、山田監督に話しかけられて頭真っ白になって、あんまりやりとり覚えてないです)
〜〜〜

司会:さて、大変残念ですが、そろそろ終わりの時間になってしまいました。

山田:もうちょっとしゃべりたい……。ここで観ながらオーディオコメンタリーをしましょうか(笑)

司会:ラストシーンは鳴き声しか聴こえない(笑)。

早見:初めて観る人にどれだけ迷惑な……(笑)

司会:では最後に挨拶をお願い致します。

早見:冒頭でも話した通り9月に公開開始した映画が2月になってもみんなと共有できているのがすごく嬉しいです。初めての方も何十回目の方も楽しんで下さい。

山田:映画を観た人の希望の光になればと、スタッフ一同、愛を、人生を込めてつくった作品です。大事なものはまだ冷めていません。初めてご覧になる方にも希望の光を灯せればと思います。幸せな時間を過ごして頂けたら幸いです。

このページのトップヘ